われ敗れたり(書評) - 将棋のブログ

将棋のブログ ホーム » 読み物 » われ敗れたり(書評)

われ敗れたり(書評)


阪田大吉の満足度:80%


「第1回将棋電王戦 米長邦雄永世棋聖 VS 将棋ソフトボンクラーズ」について米長邦雄永世棋聖の自叙伝を中心に書かれた本。

第5章が公開対局直後の記者会見全文、第8章がプロ棋士と将棋ソフト関係者による客観的な見解、それ以外が米長永世棋聖の対ボンクラーズ戦における自叙伝という構成。

随所随所に米長節が炸裂しており、ニヤッとさせられる部分が多かったです。

本の中で最も熱く語られていたのは後手番初手△6二玉で、その手に命を削っていたことは重々承知しました。

第2回将棋電王戦でその手を継承する棋士が居るのかどうか、そのあたりは注目したいところです。

個人的には第7章「自戦解説」と第8章「棋士、そして将棋ソフト開発者の感想」が満足度100%で、そこは「プロ棋士VS将棋ソフト」という企画に興味がある方ならば満足する確率が高いでしょう。

ただ、ボンクラーズの開発者である伊藤さんの見解と、電王戦3週間前に急遽行われたプレマッチの謎については全く触れられておらず私の中では減点ポイントです。後者は勝負の世界のことなので全てをオープンにできない事情があるとしても、前者がないのは公平性を欠いてる感じが否めません。

それでも「第1回将棋電王戦」を見た人やその話に興味がある人にはおすすめの一冊であることはまちがいないです。

プロ棋士を束ねる日本将棋連盟の会長が何を考えて将棋ソフトの挑戦を受け、そして元名人がどのようにしてその強敵に勝とうとしたのか、そう考えながら読むと実に味わい深い一冊でした。


<各章の感想>

われ敗れたり(第1章)の感想

われ敗れたり(第2章)の感想

われ敗れたり(第3章)の感想

われ敗れたり(第4章)の感想

われ敗れたり(第5章)の感想

われ敗れたり(第6章)の感想

われ敗れたり(第7章)の感想

われ敗れたり(第8章)の感想




<目 次>
第1章 人間を凌駕しようとするコンピュータ将棋ソフト
第2章 △6二玉への道
第3章 決戦に向けて
第4章 1月14日、千駄ヶ谷の戦い
第5章 記者会見全文
第6章 コンピュータ対人間、新しい時代の幕開け
第7章 自戦解説
第8章 棋士、そして将棋ソフト開発者の感想
関連記事

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://shogikisho.blog54.fc2.com/tb.php/1712-93d8604d

将棋ニュース

新刊案内(amazon)


03月22日 詰将棋パラダイス 3手詰傑作選 (マイナビ将棋文庫)
03月22日 「次の一手」で覚える 三間飛車定跡コレクション414 (マイナビ将棋文庫)
03月22日 振り飛車の新機軸! 初手▲7八飛戦法 (マイナビ将棋BOOKS)
03月13日 教養としての将棋 (講談社現代新書)
03月13日 勝ちやすさNo1! 対振りなんでも居飛車穴熊 (マイナビ将棋BOOKS)
03月13日 矢倉の新常識 (マイナビ将棋BOOKS)
03月01日 将棋世界2019年4月号
02月26日 将棋400年史 (マイナビ新書)
02月21日 「次の一手」で覚える 将棋 序・中盤の手筋436 レベルアップ編 (マイナビ将棋文庫)
02月21日 藤森式青野流 絶対退かない横歩取り (マイナビ将棋BOOKS)
02月16日 NHK将棋講座 2019年 03 月号 [雑誌]
02月14日 7手9手詰パラダイス 詰みと読みの力をつける210題 (マイナビ将棋文庫)
02月14日 将棋 平成新手白書 居飛車編 (マイナビ将棋BOOKS)
02月01日 将棋世界 2019年3月号
02月01日 初心者が初段になるための将棋学習法
01月31日 駒音高く
01月31日 詰将棋入門
01月30日 マンガでよくわかる将棋入門 (012ジュニア実用)
01月28日 必勝 三間飛車破り (マイナビ将棋BOOKS)
01月28日 絶品! 4×4マスの詰将棋 (マイナビ将棋文庫)
01月28日 戸辺流! こだわりのゴキゲン中飛車 (マイナビ将棋BOOKS)
01月28日 下町流三間飛車 (プレミアムブックス版)
01月28日 羽生善治×AI
01月23日 ひふみの言葉
01月16日 将棋・勝利の方程式 必至の極意 (マイナビ将棋BOOKS)
01月16日 「次の一手」で覚える 駒落ち定跡コレクション404 (マイナビ将棋文庫)
01月16日 盤上に散る (講談社文庫)
01月11日 羽生善治 (学習まんがスペシャル 小学館版)

応援してくださる将棋サイト

将棋のブログの人気記事


ブログパーツ