ヤバイ発見(大山vs升田) - 将棋のブログ

将棋のブログ ホーム » 好評余談26選 » ヤバイ発見(大山vs升田)

ヤバイ発見(大山vs升田)


話題作「大山康晴名局集」を私も買いました。将棋世界に時々自戦記が掲載されますが、ああいう感じのが100局分も収録されており、まだたったの2局分しか読んでいないのですが、早くも買って良かったと実感している次第です。

棋譜並べが好きな人で大山名人に興味がある人向けの本で、当然の如くバンバン読み進められるような本ではありません。何ヶ月も何年もの間、じっくり楽しみながら読む本です。手順の解説はもちろん、対局中の心境なども語られているので棋譜と共に大山名人の言葉がよみがえってくる、そういう傑作なのです。

ところで、第2局目の升田先生との角落ち戦を並べていたら、こんなところに書いてよいのかさえも恐ろしく躊躇してしまった局面が現れました。

下の局面です。(画面上側があなたなら、次の一手をどう指しますか?)

大山vs升田
大山名人が升田先生の△7六飛の王手を避けたところです。

その解説にこの局面で升田先生に勝ちがなくなった旨が書かれていました。

本当にそうでしょうか?

対局当時の昭和14年、大山名人は二段で升田先生は六段でした。

対局当時は角落ち戦であることもあり、升田先生が大山名人の力を試している旨が書かれてありました。

しかしそれにしても・・。

升田先生の次の一手は△4五金!

当たったと喜んでしまった方、残念ながら不正解です(>_<)

実は△7七飛成~△7六金の7手詰めが正解です。

若かりし頃とはいえ、二人して気付かなかったようで・・。

最初は並べ間違えたのではないかと思いました。しかし、そうではないようです。

大山名人はその解説を昭和61年に書いているので、大山名人が気付いてなかったのは間違いないです。

升田先生が気付いていなかったのかどうかは不明。

しかし△4五金の後23手詰めは奇麗に詰まし上げているのだからさすがです。

名人になるような人たちでも7手詰めを逃すのだから、私が9手詰めを逃すのは恥ずかしいことでもなんでもないんだと思ってしまった次第。

しかし、この棋譜と棋譜解説は「将棋世界」昭和61年12月号に掲載されたらしいのですが、誰も気づかなかったのですかね^^;

まあ、この7手詰めを発見したのは私ではなく、激指11なんですけどね^^;

激指11の盤上で並べている時にいとも簡単に教えてくれました^^
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://shogikisho.blog54.fc2.com/tb.php/2080-0e49ede5

将棋ニュース

新刊案内(amazon)


08月28日 天才棋士降臨・藤井聡太 炎の七番勝負と連勝記録の衝撃
08月28日 これだけで勝てる 相振り飛車のコツ (マイナビ将棋BOOKS)
08月23日 将棋めし 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
08月18日 矢倉の基本 ~駒組みと考え方~ (マイナビ将棋BOOKS)
08月18日 使える詰み筋が身につく! 詰将棋トレーニング210 (マイナビ将棋文庫)
07月29日 愛蔵版第75期将棋名人戦七番勝負
07月27日 大山VS米長全局集
07月27日 対振りの秘策 完全版 飯島流引き角戦法 (マイナビ将棋文庫)
07月18日 完全版 森下の対振り飛車熱戦譜 (プレミアムブックス版)
07月15日 NHK将棋講座 2017年8月号 [雑誌] (NHKテキスト)
07月14日 りゅうおうのおしごと! 6 (GA文庫)
07月14日 横歩取りで勝つ 攻めの最強手筋ガイド (マイナビ将棋BOOKS)
07月14日 角換わりの新常識 ▲4八金・2九飛型徹底ガイド (マイナビ将棋BOOKS)
07月07日 将棋DVD 攻めて強くなる戸辺流中飛車
07月03日 将棋世界 2017年8月号
06月29日 9マス将棋の本
06月24日 オレたち将棋ん族〈エピソード3〉
06月23日 将棋戦型別名局集6 横歩取り名局集
06月23日 サクサク解ける 詰将棋練習帳 風の巻 (マイナビ将棋文庫)
06月21日 Disney/Pixar どこでもマグネットブック カーズしょうぎ (ディズニー幼児絵本(書籍))
06月16日 NHK将棋講座 2017年7月号 [雑誌] (NHKテキスト)
06月14日 堅陣で圧勝! 対振り銀冠穴熊
06月14日 将棋・序盤完全ガイド 相振り飛車編 (マイナビ将棋BOOKS)

応援してくださる将棋サイト

将棋のブログの人気記事


ブログパーツ