第87期棋聖戦五番勝負第5局の感想 - 将棋のブログ

将棋のブログ ホーム » プロ将棋 » 第87期棋聖戦五番勝負第5局の感想

第87期棋聖戦五番勝負第5局の感想

8月1日に行われた第87期棋聖戦五番勝負第5局(羽生善治棋聖vs永瀬拓矢六段)は、112手で羽生善治棋聖が勝ちました。

勝った羽生棋聖は棋聖戦9連覇(通算15期)、通算タイトル獲得数は95期。

棋譜と詳しい解説は下記の公式サイトでご覧下さい。

棋聖戦中継サイト(日本将棋連盟)


<感想>
本局でも永瀬六段は安定の冷えピタ定跡。

序盤は永瀬六段先手の一手損角換わりでしたが、角交換の前に9筋で端歩の突き合いを入れておいたのが羽生棋聖の工夫。

三浦九段によると、その変化は後手も特になる順があるとのことで、細かい序盤の駆け引きがあったのかもしれません。

68手△8四角くらいからは羽生棋聖ペースだったと思うのですが、羽生棋聖の76手△6八金はすごかったです。

ニコ生視聴者でそれを予想していた人が居て、それを観た瞬間に私もすごい手だと思ったのですが、同時に強い人も観ているのだと実感しました。(※少なくとも激指14の最善手・次善手ではない)

プロ棋士は「勝負手」と表現されていましたが、その果敢な攻めが、永瀬六段の強靭な受けに迷いを生じさせたかの如く、最後はみるみるうちに先手玉が寄りました。

羽生棋聖が最終112手△5七角を指す時、その手は震えていました。ものすごい集中力で闘っていたのだろうと思います。


五番勝負が始まってからは、永瀬六段がタイトルを奪取しそうな雰囲気もありましたが、最後は羽生棋聖が防衛しました。

対局中に冷えピタを貼るユーモアな棋士がタイトルホルダーになるところも見てみたかったのですが、一方で、羽生棋聖にはずっとタイトルホルダーで居て欲しいという思いもありました。

そういう複雑な心境で観ていた五番勝負でした。

フルセットまでもつれた、素晴らしい五番勝負だったと思います。


<対局者の談話>

終局直後(棋聖戦中継plus)


<コンピュータの形勢判断>
第87期棋聖戦第5局 形勢評価グラフ
※青色は激指14七段+、赤色はGPS将棋
※コンピュータの判断が正しいわけではありません。


<みんなの勝敗予想>

第87期棋聖戦の勝敗予想(人気ブログランキング)



関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://shogikisho.blog54.fc2.com/tb.php/4413-31b0a2ee

将棋ニュース

新刊案内(amazon)


08月28日 天才棋士降臨・藤井聡太 炎の七番勝負と連勝記録の衝撃
08月28日 これだけで勝てる 相振り飛車のコツ (マイナビ将棋BOOKS)
08月18日 矢倉の基本 ~駒組みと考え方~ (マイナビ将棋BOOKS)
08月18日 使える詰み筋が身につく! 詰将棋トレーニング210 (マイナビ将棋文庫)
07月27日 大山VS米長全局集
07月27日 対振りの秘策 完全版 飯島流引き角戦法 (マイナビ将棋文庫)
07月18日 完全版 森下の対振り飛車熱戦譜 (プレミアムブックス版)
07月14日 りゅうおうのおしごと! 6 (GA文庫)
07月14日 横歩取りで勝つ 攻めの最強手筋ガイド (マイナビ将棋BOOKS)
07月14日 角換わりの新常識 ▲4八金・2九飛型徹底ガイド (マイナビ将棋BOOKS)
07月07日 将棋DVD 攻めて強くなる戸辺流中飛車
07月03日 将棋世界 2017年8月号
06月29日 9マス将棋の本
06月24日 オレたち将棋ん族〈エピソード3〉
06月23日 将棋戦型別名局集6 横歩取り名局集
06月23日 サクサク解ける 詰将棋練習帳 風の巻 (マイナビ将棋文庫)
06月21日 Disney/Pixar どこでもマグネットブック カーズしょうぎ (ディズニー幼児絵本(書籍))
06月16日 NHK将棋講座 2017年7月号 [雑誌] (NHKテキスト)
06月14日 堅陣で圧勝! 対振り銀冠穴熊
06月14日 将棋・序盤完全ガイド 相振り飛車編 (マイナビ将棋BOOKS)

応援してくださる将棋サイト

将棋のブログの人気記事


ブログパーツ