三間オンリーで三段になる過程 第26譜(相振り飛車苦戦の理由) - 将棋のブログ

将棋のブログ ホーム » 三間オンリー » 三間オンリーで三段になる過程 第26譜(相振り飛車苦戦の理由)

三間オンリーで三段になる過程 第26譜(相振り飛車苦戦の理由)

昨年の9月から三間オンリーで三段を目指しています。

主な練習相手は激指です。激指14がメインですが、他の激指も使っています。

下は激指レーティング戦第1932局。



※棋譜を見るにはFlashを動かせる環境が必要です。

■相振り飛車の上達が遅れている理由

何故に相振り飛車の上達が遅れているのか。

言い訳ですが、明確な理由が判明しました。

石田流、ノーマル三間飛車というのは、定跡書の手順の多くが激指14にも定跡として入っているのですが、相振り三間の定跡書の手順は激指14があまり認知していません。

入っていることは入っているのですが、例えば上の棋譜の10手目、玉が62に居る時に、72銀と上がると、その変化はどう分岐しても初手から13手くらいで激指定跡が終了します。

相三間飛車になると50手くらいで先手が優勢になる定跡手順もあるのですが、激指が後手の時はその変化をほとんど選びません。こちらが後手番のときにその変化を選んでも負けるので、どこかで定跡外の手を指す必要があります。

つまり、激指を相手に相振り三間をやると、早々と定跡外になるのです。

そして激指は定跡外になると、一見無理攻めに見える速攻をやってきたり、速攻をやってこない時にはこちらだけが準備が整っていく手待ちをやったり、それなのに激指陣に隙はなく、こちらの攻めは正確無比に受けられて切らされるというのが、ありがちなパターン。


<激指のものすごい速攻>
激指のものすごい速攻
↑まだ29手目


人と対局する場合は、お互いが名前のある囲い(美濃や金無双など)を築いてから、攻撃を始めるのが普通なのですが、激指とやる相振り飛車は早々と開戦したりして異次元なのです。

毎回毎回が力戦形で、すごい集中力を要します。(隙があると、あっという間に対局終了に追い込まれる)

では、何故勝てるのかと言いますと、激指との相振り飛車は大抵、こちらが先に不利に陥ります。するとどういうわけか、激指が悪手を放つようになり、時々勝てるチャンスが回ってくる、そんな感じなのです。

こちらが不利にならないように頑張ると、激指は50手くらいまで自らが不利になる手順をなかなか選ばないので、それで勝つのはかなり上手い人か、有利になる手順を知っている人でないと難しいかもしれません。


<激指のものすごい速攻 その2>
激指のものすごい速攻その2
↑そんなところに角を打つ?


まとめると、

○激指14は相振り三間の定跡が少ない。
○激指14の相振り三間に対する序盤は異常に強い。
○激指14の相振り三間の序盤は対人の時とは全く違う異次元の形になる。

このような感じなのです。


それで、上手く指せたと思う棋譜はたやすく覚えることができるのですが、不利になって相手の悪手によって逆転した棋譜というのは、対局終了後にはすでに忘れてしまいます。

そもそも、そういう棋譜を覚えたいとは思いませんし、それを覚えても仕方ありません。激指に勝つこと以外に何の意味もありません。

そういうわけで、激指を相手に相振り飛車で序盤から有利になるのは至難の業で、そういう棋譜が出てこないため得意形が出てくることはなく、そしてそれが磨かれることもない。たぶん、それが相振り飛車の上達が遅れている理由なのだろうと分析しています。

石田流急戦は、戸辺七段の「石田流を指しこなす本 急戦編」に激指が相手でも有利になれる変化が書かれてあったため、それを繰り返し練習することで、石田急戦が最も得意になりました。そのことから、上の分析でたぶん合っているのだろうと思います。


他の激指ユーザーは、激指の相振り飛車について、どのような感想を持っているのか気になるところです。

まあ、泣き言を言ってもしょうがないので、めげずにがんばります。


■三間飛車のほかの話

前回紹介した「トマホーク」を将棋クエストで使ってみたのですが炸裂しました!

相手も1900点くらいの方で、それなりに強いはずですが、あっという間に勝勢になり短手数で勝つことが出来ました!

トマホーク、居飛車穴熊対策にはかなり強力です。トマホークを知らずして、短時間でその受けを考えるのは相当に難しいのだろうと思います。

トマホークは激指14にも炸裂するので、激指14を相手に指すことは良い練習になると思います。


<激指レーティング戦1932局直後の成績表>
激指14レーティング戦1932局成績表
↑相振り飛車に大苦戦中。


※このカテゴリにつきましては、下の拍手ボタンを押された数が次回更新のやる気メーターになっています。(前回はなんと50拍手!)




マイナビ 将棋レボリューション 激指14
関連記事
コメント
非公開コメント

激指14を持ってます

戦形を指定した事がなくて、激指に限らず将棋ソフトは居飛車党だと割り切ってました。激指は14級で指しても終盤が物凄く強いと感じます。今の私の棋力では上達に繋がるか疑問に思い、今では解析用と指導対局に絞って使ってます。

トマホーク知らなかったので調べてみたら、いつも視ている動画がトマホークでした。石田流だと思いながら視ていたので調べるまでトマホークだと気付かなかったです。

ここ数日の事ですが、将棋クエストを指してて色々考えさせられる事がありました。内容は割愛しますが、このブログの影響が大きく、勉強になりました。ありがとうございました。

あと長文になり失礼しました。

2016-08-06 23:17 │ from しきな Edit

Re:激指14を持ってます

私も以前は激指を解析用として使っていました。

それにしても将棋クエストで起こった「考えさせられる事」というのが気になりますね。

2016-08-07 17:02 │ from 阪田

トラックバック

http://shogikisho.blog54.fc2.com/tb.php/4420-0b1e409f

将棋ニュース

新刊案内(amazon)


11月27日 よろこんでいきる まいにちひふみん
11月15日 相振り飛車で勝つための18の心得 (マイナビ将棋BOOKS)
11月15日 これだけで勝てる 角交換振り飛車のコツ (マイナビ将棋BOOKS)
11月11日 すぐに覚えられる特製将棋付 頭がよくなる詰将棋ドリル
10月27日 花まる学習会式 スタート将棋BOOK (バラエティ)
10月25日 菅井ノート 相振り編
10月25日 定跡無用の突進戦法 野獣流攻める矢倉&右四間飛車 (マイナビ将棋文庫)
10月20日 豊川孝弘の将棋オヤジギャグ大全集
10月17日 これが決定版! 相中飛車徹底ガイド (マイナビ将棋BOOKS)
10月17日 三間飛車新時代 (マイナビ将棋BOOKS)
10月16日 NHK将棋講座 2017年11月号 [雑誌] (NHKテキスト)
10月12日 棋力判定テスト (将棋パワーアップシリーズ)
10月11日 天彦流 中盤戦術―「局面の推移」と「形勢」で読みとく (NHK将棋シリーズ)
10月06日 藤井聡太 天才はいかに生まれたか (NHK出版新書 532)
10月03日 将棋ワンダーランド: ぴあムック
10月03日 将棋世界 2017年11月号
09月30日 はじめての こども将棋ドリル (6週間で基本をマスター!)
09月29日 3月のライオン 13 (ヤングアニマルコミックス)
09月29日 天才 藤井聡太
09月29日 [新装版]ひふみんの将棋入門
09月27日 中学生プロ棋士列伝
09月25日 大内延介名局集 (プレミアムブックス版)
09月25日 「次の一手」で覚える 将棋・終盤の手筋436 (マイナビ将棋文庫)
09月25日 中原VS米長全局集
09月21日 完全版 看寿賞作品集 ※Kindle版
09月15日 NHK将棋講座 2017年10月号 [雑誌] (NHKテキスト)
09月14日 1冊で全てわかる 角交換四間飛車 その狙いと対策 (マイナビ将棋BOOKS)
09月14日 規格外の新戦法 矢倉左美濃急戦 最新編 (マイナビ将棋BOOKS)
09月08日 中学生棋士 (角川新書)
09月01日 羽生善治の将棋「次の一手」150題
09月01日 将棋世界 2017年 10 月号 [雑誌]

応援してくださる将棋サイト

将棋のブログの人気記事


ブログパーツ