第2期叡王戦本戦組み合わせ抽選会 の感想 - 将棋のブログ

将棋のブログ ホーム » 電王戦 » 第2期叡王戦本戦組み合わせ抽選会 の感想

第2期叡王戦本戦組み合わせ抽選会 の感想

9月7日に「第2期叡王戦本戦組み合わせ抽選会」の模様がニコニコ生放送で中継されました。

また、同番組の中で「第4回将棋電王トーナメントの出場ソフトの公開」「第2期電王戦のルールの公開」「電王戦合議制マッチの開催の発表」が行われました。

詳細は下記の公式サイトでご確認下さい。

電王戦(niconico)


<感想>
組み合わせ抽選会だけかと思いきや、内容がてんこ盛りでした(笑)

ひとつひとつ、感想を書いてみます。

本戦トーナメント組み合わせ

棋士が一人ひとり登場してくじを引いていたのですが、将棋関係でこれほどおもしろいバラエティ番組?は久しぶりに観ました。

最初にくじを引いたのは山崎叡王。続いてくじを引いたのが羽生三冠。

まだ、二人しかくじを引いてないのですが、超偶然にも早々と初戦のカードが一つ決定。番組中一番の盛り上がりが到来していたと思います。

他にも出演出来なかった棋士とは電話でアポを取っていたのですが、電話が繋がるまでの間は西尾六段のティロティロが流れる凝った演出。

観ていて本当におもしろかったです。最後、せっかく羽生三冠が来ているのに、記者からの質問が一つしかなかったのはちょっと残念。

組み合わせは羽生三冠の居るブロックが厳しいと言われていましたが、久保九段が居るAブロック右も同じくらい厳しいと思います。

全局完全生中継で、これはかなりの楽しみ。


第4回将棋電王トーナメントの出場ソフト

ディフェンディングチャンピオンのPonanzaをはじめ、38チームが出場予定。

ツツカナ、Seleneの出場が個人的には明るい話題。

最近の成績で判断すると、優勝争いはPonanzaと技巧を中心に展開されることが予想されます。

Ponanzaの連覇か?それとも新星が現れるのか?


第2期電王戦のルールの公開

前回からの大きな変更点は持ち時間5時間の1日制になったこと。

2日制の方が棋士側に与える負担が大きいため1日制の方が良いという内容の説明でした。

まあ、楽しければ何でも良いです。


電王戦合議制マッチ

PONANZA、nozomi、大樹の枝のコンピュータ将棋軍vs森下九段率いる棋士軍の3対3の合議制マッチ。




森下九段の発案らしいですが、なかなかおもしろそうではあります。

電王戦タッグマッチと比べると、人間対COMの体裁を取っている分、こちらの方が10倍おもしろそうです。これで、勝てるのかどうか?


以上、長々と感想を書き連ねてみました。




マイナビ 将棋レボリューション 激指14
関連記事
コメント
非公開コメント

お久し振りです。

個人的に気になるのは合議制マッチですね。ソフト対棋士の構図は分かりやすいですし。
強さを「追求」するコンピューターと最善を「追究」する棋士、将棋へのアプローチは違えど熱意は変わらないし、共に真摯でなければこれ程の将棋ファンの注目を集める事は無いと思います。
楽しみですね。

2016-09-08 10:47 │ from しきな Edit

Re:お久し振りです。

しきなさん、おひさしぶりです。

強さを「追求」するコンピューターと最善を「追究」する棋士

この表現はハッとさせるおもしろい表現だと思いました。結果がどうなるのか楽しみですね。

2016-09-08 16:19 │ from 阪田

No title

ソフト合議対棋士の企画は2014年、2016年と過去に2回でニコニコ超会議で行われており、
2014年は豊島将之&YSS vs. ponanza&ツツカナ&習甦
http://live.nicovideo.jp/watch/lv175328307

2016年は斎藤慎太郎&Apery vs Ponanza&nozomi&大樹の枝
http://live.nicovideo.jp/watch/lv258906746

というかたちで行われています。結果はいずれも棋士の側が勝っています。
将棋ソフトの方の思考時間が1手10秒と短いこともあるのですが、単純な多数決合議のためponanza1対他のソフト2に分かれて、結果的にponanzaだけが見えていた悪手に自分から突っ込んでいくことも多かったです。

ただ、斎藤はいかにも斎藤らしく、ponanzaすら読めていなかった長手数の詰み手順を(もちろんサポートのAperyも読めていない)自力で読みきって勝ちに踏み込んでそのまま勝った(ソフトではponanzaが最初に負けに気づいたが手遅れだった)、と見せ場はたっぷりでした。

今回のルールの単純合議だとnozomiと大樹の枝がたっぷりponanzaの足を引っ張ることになるのは目に見えているので、これは純粋に棋士チームの合議の様子を楽しむ企画になるのだろうと思います。
(今年の超会議の映像はもしよろしければぜひご覧になってください)

2016-09-09 00:27 │ from 宮島陽人

Re: No title

いろいろと教えてくれてありがとうございます。

一応、企画や結果は知っていました。

COM側の頭数や持ち時間は見た目上の問題なのだろうと思います。

盛り上がる企画になると良いのですが、そのためには棋士側が勝つことが大前提でしょうね。

2016-09-09 22:05 │ from 阪田

トラックバック

http://shogikisho.blog54.fc2.com/tb.php/4467-ae8f5f1f

将棋ニュース

新刊案内(amazon)


11月27日 よろこんでいきる まいにちひふみん
11月15日 相振り飛車で勝つための18の心得 (マイナビ将棋BOOKS)
11月15日 これだけで勝てる 角交換振り飛車のコツ (マイナビ将棋BOOKS)
11月11日 すぐに覚えられる特製将棋付 頭がよくなる詰将棋ドリル
10月27日 花まる学習会式 スタート将棋BOOK (バラエティ)
10月25日 菅井ノート 相振り編
10月25日 定跡無用の突進戦法 野獣流攻める矢倉&右四間飛車 (マイナビ将棋文庫)
10月17日 これが決定版! 相中飛車徹底ガイド (マイナビ将棋BOOKS)
10月17日 三間飛車新時代 (マイナビ将棋BOOKS)
10月12日 棋力判定テスト (将棋パワーアップシリーズ)
10月03日 将棋ワンダーランド: ぴあムック
10月03日 将棋世界 2017年11月号
09月30日 はじめての こども将棋ドリル (6週間で基本をマスター!)
09月29日 天才 藤井聡太
09月29日 [新装版]ひふみんの将棋入門
09月27日 中学生プロ棋士列伝
09月25日 大内延介名局集 (プレミアムブックス版)
09月25日 「次の一手」で覚える 将棋・終盤の手筋436 (マイナビ将棋文庫)
09月25日 中原VS米長全局集
09月21日 完全版 看寿賞作品集 ※Kindle版
09月15日 NHK将棋講座 2017年10月号 [雑誌] (NHKテキスト)
09月14日 1冊で全てわかる 角交換四間飛車 その狙いと対策 (マイナビ将棋BOOKS)
09月14日 規格外の新戦法 矢倉左美濃急戦 最新編 (マイナビ将棋BOOKS)
09月08日 中学生棋士 (角川新書)
09月01日 羽生善治の将棋「次の一手」150題
09月01日 将棋世界 2017年 10 月号 [雑誌]

応援してくださる将棋サイト

将棋のブログの人気記事


ブログパーツ