将棋人口についての考察 - 将棋のブログ

将棋のブログ ホーム » 余談 » 将棋人口についての考察

将棋人口についての考察

レジャー白書によると、将棋人口は下のようになっているらしいです。

2005年 710万人
2006年 770万人
2007年 660万人
2008年 690万人
2009年 1270万人
2010年 1200万人
2011年 830万人
2012年 850万人
2013年 670万人
2014年 850万人

2009年に激増したのは、用紙に記入する方式からネットで入力する方式に変えたからだとのこと。

それだと何ゆえ倍近くに増えるのか、うーん。

2010年から2011年にかけて、何故3分の2に激減したのか?

その二つを説明できる人は居ますかね?
将棋で遊ぶ人たち

ところで、ネット対局で遊んでいる人の数を調べてみました。

調査日時は2016年9月11日22時30分頃です。

将棋倶楽部24 東京道場→2470人 大阪道場→158人
将棋ウォーズ 2556人
将棋クエスト 2分→150人、5分→190人 10分→940人
将棋オンライン → 642人
ハンゲーム将棋弐 練習→112人 交流→193人
ヤフーモバゲー将棋 1294人
81道場 191人
SDIN将棋 142人

※将棋クエストと将棋ウォーズは対局している人のみ

合計9038人が遊んでいました。


10年前は多めに見積もって、将棋倶楽部24が4000人、旧ヤフー将棋が3000人、他が全部で500人(も居ました?)、そのくらいでした。

減るどころか、増えているんですよね、これが。

将棋の駒

レジャー白書のほうは1年間で1回以上、将棋で遊んだ人なので、対象は違うのかもしれませんけど。

娯楽の多様化で将棋で遊ぶ確率が下がっている、とか言われると、実態がわからない以上、それまでなのですが、それを実感できるものがなかったりします。

実際のところはどうなのでしょうか?



関連記事
コメント
非公開コメント

わかったことは

レジャー白書はあまり信頼するに足るデータを提供していないということです。

2016-09-17 09:45 │ from お節介者

トラックバック

http://shogikisho.blog54.fc2.com/tb.php/4479-cf9f430a

将棋ニュース

新刊案内(amazon)


08月28日 天才棋士降臨・藤井聡太 炎の七番勝負と連勝記録の衝撃
08月28日 これだけで勝てる 相振り飛車のコツ (マイナビ将棋BOOKS)
08月18日 矢倉の基本 ~駒組みと考え方~ (マイナビ将棋BOOKS)
08月18日 使える詰み筋が身につく! 詰将棋トレーニング210 (マイナビ将棋文庫)
07月27日 大山VS米長全局集
07月27日 対振りの秘策 完全版 飯島流引き角戦法 (マイナビ将棋文庫)
07月18日 完全版 森下の対振り飛車熱戦譜 (プレミアムブックス版)
07月14日 りゅうおうのおしごと! 6 (GA文庫)
07月14日 横歩取りで勝つ 攻めの最強手筋ガイド (マイナビ将棋BOOKS)
07月14日 角換わりの新常識 ▲4八金・2九飛型徹底ガイド (マイナビ将棋BOOKS)
07月07日 将棋DVD 攻めて強くなる戸辺流中飛車
07月03日 将棋世界 2017年8月号
06月29日 9マス将棋の本
06月24日 オレたち将棋ん族〈エピソード3〉
06月23日 将棋戦型別名局集6 横歩取り名局集
06月23日 サクサク解ける 詰将棋練習帳 風の巻 (マイナビ将棋文庫)
06月21日 Disney/Pixar どこでもマグネットブック カーズしょうぎ (ディズニー幼児絵本(書籍))
06月16日 NHK将棋講座 2017年7月号 [雑誌] (NHKテキスト)
06月14日 堅陣で圧勝! 対振り銀冠穴熊
06月14日 将棋・序盤完全ガイド 相振り飛車編 (マイナビ将棋BOOKS)

応援してくださる将棋サイト

将棋のブログの人気記事


ブログパーツ