マイナビ女子オープン本戦(里見女流四冠vs中村女流三段)の感想 - 将棋のブログ

将棋のブログ ホーム » 女流将棋 » マイナビ女子オープン本戦(里見女流四冠vs中村女流三段)の感想

マイナビ女子オープン本戦(里見女流四冠vs中村女流三段)の感想

9月29日に第10期マイナビ女子オープン本戦1回戦(里見香奈女流四冠vs中村真梨花女流三段)が行われ、87手で里見香奈女流四冠が勝ちました。

棋譜は下記の公式サイトでご覧下さい。

棋譜:里見香奈女流四冠 対 中村真梨花女流三段

トーナメント表:第10期マイナビ女子オープン<本戦>


<感想>
振り飛車党同士の本局は待ってましたの相三間飛車。

女流棋戦は対抗形や相振り飛車を頻繁に観れるのが嬉しいところ。

それにしても、開始17手で飛車も角も交換してしまうとは豪快。

どちらも攻めの鋭さは有名なのですが(「マリカ攻め」「出雲のイナズマ」)、さすがに一旦は局面が落ち着いていました。

後手の中村女流が馬作りを成功させると、今度は里見女流が9筋から反撃開始。

その猛攻凄まじく、あれよあれよという間に里見女流四冠が勝勢を築いていました。

ところで、里見女流四冠が19手で打った7七の自陣角が印象的。

相振り飛車では、そのラインへの角打ちの先着は、急所になりやすいと言ったものですが、ここまで豪快に捌いた後でもそのラインなんだと。

また、打つ場所がすぐに相手陣左右を睨む4六ではなく、7七だったことも深い読みの裏付けがあってのことなのだろうと、すごい手に見えた次第。

結局、その角が大活躍する展開となり、先手優勢が築かれました。

上手い人というのは、角の使い方が際立って見えるように思うのですが、やはり本局もそうでした。

本局は、相三間飛車と里見女流四冠らしい鋭い攻めのある一局だったと思います。


<インタビュー>

勝利者インタビュー(マイナビブックス)



関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://shogikisho.blog54.fc2.com/tb.php/4503-6fc78643

将棋ニュース

新刊案内(amazon)


12月14日 全戦型対応版 永瀬流負けない将棋 (マイナビ将棋BOOKS)
12月14日 初手から分かる! 将棋・序盤のセオリー (マイナビ将棋BOOKS)
12月11日 竹俣紅ファーストフォトエッセイ タイトル未定
12月11日 どんどん強くなる こども詰将棋1手詰め
12月11日 楽しみながら強くなる!羽生義治の子ども将棋入門
11月28日 ゆめまぼろし百番 (プレミアムブックス版)
11月27日 楽しく覚えよう! 羽生善治の将棋ビギナーズガイド3 上達編
11月27日 楽しく覚えよう! 羽生善治の将棋ビギナーズガイド2 基本編
11月27日 楽しく覚えよう! 羽生善治の将棋ビギナーズガイド1 入門編
11月27日 よろこんでいきる まいにちひふみん
11月24日 超攻撃的振り飛車 新生・角頭歩戦法 (マイナビ将棋BOOKS)
11月23日 伝説の序章──天才棋士 藤井聡太
11月15日 永世名人直伝! 完全版 "自然流"詰将棋 (将棋連盟文庫)
11月15日 相振り飛車で勝つための18の心得 (マイナビ将棋BOOKS)
11月15日 これだけで勝てる 角交換振り飛車のコツ (マイナビ将棋BOOKS)
11月11日 すぐに覚えられる特製将棋付 頭がよくなる詰将棋ドリル
11月09日 天才棋士 加藤一二三 挑み続ける人生
11月02日 羽生善治の詰みと必至1分トレーニング
11月02日 将棋世界 2017年12月号
10月27日 花まる学習会式 スタート将棋BOOK (バラエティ)
10月25日 菅井ノート 相振り編
10月25日 定跡無用の突進戦法 野獣流攻める矢倉&右四間飛車 (マイナビ将棋文庫)
10月20日 豊川孝弘の将棋オヤジギャグ大全集
10月17日 これが決定版! 相中飛車徹底ガイド (マイナビ将棋BOOKS)
10月17日 三間飛車新時代 (マイナビ将棋BOOKS)
10月16日 NHK将棋講座 2017年11月号 [雑誌] (NHKテキスト)
10月12日 棋力判定テスト (将棋パワーアップシリーズ)
10月11日 天彦流 中盤戦術―「局面の推移」と「形勢」で読みとく (NHK将棋シリーズ)
10月06日 藤井聡太 天才はいかに生まれたか (NHK出版新書 532)
10月03日 将棋ワンダーランド: ぴあムック
10月03日 将棋世界 2017年11月号

応援してくださる将棋サイト

将棋のブログの人気記事


ブログパーツ