叡王戦本戦(山崎叡王vs羽生三冠)の感想 - 将棋のブログ

将棋のブログ ホーム » 電王戦 » 叡王戦本戦(山崎叡王vs羽生三冠)の感想

叡王戦本戦(山崎叡王vs羽生三冠)の感想

10月1日に行われた第2期叡王戦本戦(山崎隆之叡王vs羽生善治三冠)は、161手で羽生善治三冠が勝ちました。

棋譜と詳しい解説は下記の公式サイトでご覧下さい。

山崎 隆之 叡王 対 羽生 善治 九段(niconico)


<感想>
前期覇者と史上最強が激突する本戦1回戦屈指の好カード。

羽生三冠先手の本局は横歩取りとなり、これは山崎叡王も得意の戦型。

現在流行中の△5二玉+△7二銀型でしたが、山崎叡王の32手△8二歩が如何にも山崎流。自分の飛車の下に打った歩、素人では理解に及ばない読みの入った難しい一手。

局面が大きく動いたのは羽生三冠の57手▲2四桂。一見、単騎の細い攻めに見える桂打ち。しかし、一見細い攻めに見えて繋がりだすのが羽生流。

形勢をハッキリさせた一手は、羽生三冠の71手▲3四歩でしょうか。相手の飛車を引き付け、次の73手▲3六歩が最低でも後手に銀損させる必殺の手順。△4四銀と逃がすと▲2四金で飛車が捕獲される状況。

この時、対局室を映すモニタの方から「はぁーー・・。」と、山崎叡王の大きなため息が聞こえてきました。

そして、山崎叡王が選んだのは銀損仕方なしと、玉の安全を確保する74手△5二玉。

以下、後手陣だけが終盤となって指し手が進むのですが、山崎叡王のちょいワルな粘りが出て、最後の決め手を与えません。

128手ではこの対局で初めて先手玉に王手が掛かり、132手では先手の主力の龍を抜き、風前の灯だった後手玉がかなり復活していました。

しかし、さすがに逆転までには至らず、羽生三冠が再び寄せを目指すと、遂には山崎叡王も粘れない形となり対局終了。それにしても気付けば161手。

敗れはしたものの、山崎叡王の粘りを称賛する声は多く、本局を語る上で最大の見所になっていたような気はします。


<コンピュータの形勢判断>
第2期叡王戦 羽生三冠vs山崎叡王 形勢評価グラフ
※青色は激指14七段+、赤色はPonanza
※コンピュータの判断が正しいわけではありません。



関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://shogikisho.blog54.fc2.com/tb.php/4507-18b09dfa

将棋ニュース

新刊案内(amazon)


08月28日 天才棋士降臨・藤井聡太 炎の七番勝負と連勝記録の衝撃
08月28日 これだけで勝てる 相振り飛車のコツ (マイナビ将棋BOOKS)
08月18日 矢倉の基本 ~駒組みと考え方~ (マイナビ将棋BOOKS)
08月18日 使える詰み筋が身につく! 詰将棋トレーニング210 (マイナビ将棋文庫)
07月27日 大山VS米長全局集
07月27日 対振りの秘策 完全版 飯島流引き角戦法 (マイナビ将棋文庫)
07月18日 完全版 森下の対振り飛車熱戦譜 (プレミアムブックス版)
07月14日 りゅうおうのおしごと! 6 (GA文庫)
07月14日 横歩取りで勝つ 攻めの最強手筋ガイド (マイナビ将棋BOOKS)
07月14日 角換わりの新常識 ▲4八金・2九飛型徹底ガイド (マイナビ将棋BOOKS)
07月07日 将棋DVD 攻めて強くなる戸辺流中飛車
07月03日 将棋世界 2017年8月号
06月29日 9マス将棋の本
06月24日 オレたち将棋ん族〈エピソード3〉
06月23日 将棋戦型別名局集6 横歩取り名局集
06月23日 サクサク解ける 詰将棋練習帳 風の巻 (マイナビ将棋文庫)
06月21日 Disney/Pixar どこでもマグネットブック カーズしょうぎ (ディズニー幼児絵本(書籍))
06月16日 NHK将棋講座 2017年7月号 [雑誌] (NHKテキスト)
06月14日 堅陣で圧勝! 対振り銀冠穴熊
06月14日 将棋・序盤完全ガイド 相振り飛車編 (マイナビ将棋BOOKS)

応援してくださる将棋サイト

将棋のブログの人気記事


ブログパーツ