第2期叡王戦本戦(羽生三冠vs稲葉八段)の感想 - 将棋のブログ

将棋のブログ ホーム » 電王戦 » 第2期叡王戦本戦(羽生三冠vs稲葉八段)の感想

第2期叡王戦本戦(羽生三冠vs稲葉八段)の感想

10月21日に行われた第2期叡王戦本戦(羽生善治三冠vs稲葉陽八段)は、113手で羽生善治三冠が勝ちました。勝った羽生三冠は準決勝進出。

棋譜と詳しい解説は下記の公式サイトでご覧下さい。

羽生 善治 九段 対 稲葉 陽 八段(niconico)


<感想>
本局は言わずと知れた羽生三冠と、今期からA級入りで順位戦開幕3連勝中の稲葉八段との注目の一局。

序盤は羽生三冠先手の相掛かり。どちらも居飛車なので、相居飛車になるだろうとは思っていました。

羽生三冠が横歩を取って最終的にはひねり飛車のような中盤戦。

羽生三冠の55手▲2三歩成(成り捨て)~▲8四飛(角と交換)~▲4五角(絶好の位置でどちらかに成れる)の5手一組が機敏で、次に▲6三角成と一方的に大駒を成り込み先手優勢。

それに対する稲葉八段の△6二飛打ちも根性の一手でしたが、▲9二歩成と成り捨てて、▲8三歩と動きづらくなった飛車への叩きの歩が軽快な3手一組で、やっぱり羽生流。

以下、後手玉が一気に寄るかと思いきや、稲葉八段が反撃を開始すると、気付けば先手陣もデンジャラス。

しかし、緊張した雰囲気も羽生三冠優勢は揺らぐことなく、113手で対局終了。

ただ、私のような素人が言うのも変ですが、稲葉八段の102手△2四同玉は、稲葉八段らしい一手に見えました。

次の▲2二龍が金取りで王手になってしまうため、解説の藤井九段もそれを指さないだろうと言ってましたし、コンピュータの評価も大きくブレる手なのですが、見込みなく長引かせるよりも、最後の一発逆転を虎視眈々と狙った感じの一手で、電王戦の時もそういう一手を見た気がしたのを思い出しました。

実はこの組み合わせ、本局が初手合いでしたが、今月24日(月)にも、A級順位戦で組まれています。その対局ではどうなるのか、それもまた楽しみ。

さて、羽生三冠がいよいよ準決勝進出。スゴイことになってきました。


<コンピュータの形勢判断>
叡王戦 羽生三冠vs稲葉八段 形勢評価グラフ
※青色は激指14七段+、赤色はGPSfish
※コンピュータの判断が正しいわけではありません。



関連記事
コメント
非公開コメント

居飛車

羽生さんおめでとう。

八連覇の羽生善治さんが、
提唱する、
「角換わり棒銀戦法」です。
将皇のレベル3(15位)。
平手ですが、
八連覇の羽生さんが、
コンピュータと互角でしょう。

http://ken1shogi.sakura.ne.jp/bbs/board?key=370295

勝率は、人間が4割だと、
わたしは踏んでいます。
コンピュータが6割、勝利。

しかし、15位、強いですね。

角道を止められると、辛い。

2016-10-22 09:08 │ from 九条シュウ Edit

居飛車(その2)

ついでにですが、
中原誠さんの「鷺ノ宮定跡」

http://ken1shogi.sakura.ne.jp/bbs/board?key=370407

カチ込みの金が、強みです。
勝率は、
人間が3割、
コンピュータが7割になります。

2016-10-22 13:29 │ from 九条シュウ Edit

石田流

すみません。
その2は、振り飛車でした。
しかも、かなり古い形の振り飛車。

久保利明さんの「石田流」

http://ken1shogi.sakura.ne.jp/bbs/board?key=370532

空中戦になっています。
角が強いですね。
角交換からの反撃です。

石田流の勝率は、先手なら6割。
後手なら、2割。

やはり、コンピュータが強く、
びっくりしました。

「角換わり棒銀戦法」

◆ 羽生善治

「石田流」

◆ 久保利明

「鷺ノ宮定跡」

◆ 中原誠

以上になります。すみません。

2016-10-22 18:54 │ from 九条シュウ Edit

トラックバック

http://shogikisho.blog54.fc2.com/tb.php/4543-35d1a48e

将棋ニュース

新刊案内(amazon)


05月17日 これだけで勝てる石田流のコツ (マイナビ将棋BOOKS)
04月26日 最強の終盤 詰みと寄せの最重要手筋104 (マイナビ将棋BOOKS)
04月26日 徹底解明! 相振り飛車の最重要テーマ14 (マイナビ将棋BOOKS)
04月18日 夢の華 山田修司詰将棋作品集 (プレミアムブックス版)
04月18日 振り飛車ワールド1、2 (プレミアムブックス版)
04月14日 常識破りの新戦法 矢倉左美濃急戦 基本編 (マイナビ将棋BOOKS)
04月14日 詰将棋の達人 (マイナビ将棋文庫)
04月13日 理想を現実にする力 (朝日新書)
04月11日 名棋士の対局に学ぶ詰め&必死:次の一手問題 (将棋パワーアップシリーズ)
04月03日 将棋世界 2017年5月号
04月02日 将棋棋士・総合格闘技選手・競馬騎手・競輪選手: 勝負をきわめる仕事
03月24日 よくわかる将棋・基本戦法 居飛車編 (マイナビ将棋BOOKS)
03月24日 徹底解明! 先手中飛車の最重要テーマ局面20 (マイナビ将棋BOOKS)
03月24日 トマホーク解体新書
03月16日 将棋殺人事件 (講談社文庫)
03月16日 NHK 将棋講座 2017年 04 月号 [雑誌]
03月15日 「次の一手」で覚える 将棋 序・中盤の手筋 (マイナビ将棋文庫)
03月15日 すぐに使えてすぐ勝てる! 将棋・振り飛車破り基本戦法 (マイナビ将棋BOOKS)
03月08日 人工知能の核心 (NHK出版新書)
03月03日 将棋世界 2017年 04 月号 [雑誌]
02月28日 コーヤン流三間飛車の極意 急戦編・持久戦編 (プレミアムブックス版)
02月23日 これだけで勝てる 三間飛車のコツ (マイナビ将棋BOOKS)
02月23日 棋士の才能 ―河口俊彦・将棋観戦記集―
02月20日 NHK将棋講座 2017年3月号 [雑誌] (NHKテキスト)
02月17日 僕たちが何者でもなかった頃の話をしよう (文春新書)
02月15日 振り飛車最前線 四間飛車VS居飛車穴熊 (マイナビ将棋BOOKS)
02月15日 終盤で差がつく 寄せの決め手210 (将棋連盟文庫)
02月14日 りゅうおうのおしごと! 5 (GA文庫)
02月03日 将棋世界 2017年 03 月号 [雑誌]
02月02日 しょうぎの くにの だいぼうけん (講談社の創作絵本)

応援してくださる将棋サイト

将棋のブログの人気記事


ブログパーツ