将棋クエストがおもしろい理由 - 将棋のブログ

将棋のブログ ホーム » 将棋クエスト日記 » 将棋クエストがおもしろい理由

将棋クエストがおもしろい理由

将棋クエストバナー

私も対局サイトでは散々遊んだ方ですが、最近は将棋クエストがお気に入りです。

将棋クエストがどんな対局サイトかと言いますと、簡単に言えば、1日何局でも無料で遊べる、棋神の無い将棋ウォーズ、そんな感じです。

棋神を必要としない、熱くなりだしたら止まらない私は、そういうわけで、将棋クエストが最もお気に入りなのです。

将棋クエストの長所を具体的に紹介しておきます。

■完全オートマッチング
将棋クエストでは、対局相手はぜんぶ機械が見つけてくれます。

時々自分から見て、強過ぎる相手や、弱すぎる相手を連れて来ることもありますが、大抵は自分の棋力前後の相手を見つけてくれます。

将棋クエストと将棋ウォーズ以外の対局サイトでは、自分で相手を見つけることになるのですが、スタンバってるはずの相手がなかなか挑戦を受けてくれない。いつまでも返答のないスルー状態もよくあること。

かと言って、待っていても5分が過ぎ、10分が過ぎということも珍しくありません。ようやく挑戦者が現れたかと思うと、こちらから大量に点数を奪っていく過小野郎。もう、ストレスが溜まるのなんのって。

オートマッチングだと、ほとんど待たなくていいですし、過小野郎は存在しても、狙い撃ちされることはありません。

ぶっちゃけ、こちらは相手は誰でも良いので、完全オートマッチングだととても快適なのです。


■チャット機能一切無し
もし、ユーザー全員がいつなんときでも分別を持っている人格者ならば、チャット機能は有った方がおもしろいかもしれません。

しかし、現実はアフォがいっぱい居て、トラブルの大半がチャットであることは、チャット機能のある全ての対局サイトで証明済みです。

つまり、チャット機能がないということは、トラブルの大半が未然に防止されていることになります。

チャットをやりたい人には減点ポイントかもしれませんが、そうでない人には大きな加点だと思います。


■時々強敵に勝てる
手合いは自動で決まるので、時々、自分よりも随分強い人と対局する機会があります。

普通なら負けるだけのおもしろくない展開なのですが、対局時間が短いし、相手が舐めてかかってくるのか、これが結構な確率で一発が入ります。

私は三段ですが体感では、四段相手なら多分30~40%、五段相手でも10~20%くらい、一発が入ってます。

一手30秒とかだと、格上はピンチになると豪腕を発揮するのですが、時間がなくなる切れ負けだと、焦っている格上は結構変な手を連発して、そのまま勝ちきれることが多かったりします。

他の人はどうなのか知りませんが、私の場合、本当に四段にはしょっちゅう勝ちますし、昨日も五段を完封して大満足でした(笑)

相手のほうが強いのは間違いないのですが、将棋クエストだと何故か一発が入るのです。

まあ、逆に初段や1級の方に、ビッグボーナスを献上する機会も多いんですけどね(笑)


■ソフト指し対策をあきらめていない
ほとんどのサイトは、ソフト指しに対しては半ば諦めているようにも見えますが、将棋クエストは諦めてないようです。

ソフト指し対策第1弾として、ソフト指し自動検出をやってみたり、第2弾としてはソフト指しを簡単に出来ないようにするため、2分切れ負けで高得点を出さないと、5分、10分では遊べないように新基準を設けています。

もし、究極の対局サイト像を考えるとしたら、間違いなく、それはソフト指しの居ない対局サイトでしょう。

2分切れ負けの条件を付けたことによって、ソフト指しをどのくらい排除できたのかはわかりませんが、他のサイトと比べると、ソフト指しとの遭遇率は低いような気はします。

「おれ、つえー」を簡単には出来ないようにしているのだから、理屈的にも少なくはなっているはずです。


■他
他にもいろいろあるのですが、スマホ版だと自分の先後での勝率がわかるのが、結構嬉しい点だったりします。



何回か書きましたが、将棋クエストを作った棚瀬寧氏は、コンピュータ将棋界では有名なプログラマー。将棋ウォーズの開発にも携わっていたらしいです。

20年近く前は「東大将棋」という強い将棋ソフトの代名詞のようなプログラムを作っていました。私もPS用の「1」とPC用の「3」「振り飛車道場」「6」「新東大将棋無双」を持っています。

今は、将棋クエストで遊ばせてもらっています。最初は棚瀬氏が作っているとは知らなかったのですが、そのことに気付いた時、やっぱり素晴らしいプログラマーは素晴らしいものを作るんだと思った次第。



■Androidアプリ 将棋クエスト

将棋クエスト - オンライン将棋 【初心者歓迎、完全無料】
関連記事
コメント
非公開コメント

マナーの悪い奴が多い

もう詰んでいるのに何分も考え、挙げ句に通信不能にするやからが結構見受けられる。告発出来るようにしてもらいたい。下線の文コメントを入力ください

2017-01-21 23:06 │ from tarow55

Re: マナーの悪い奴が多い

その最悪のダブルパンチ、他のサイトでは見たことありますが、クエストでは見たことなかったです。30秒将棋を常時遊べるようにすると、解決なんでしょうけどね。

2017-01-21 23:57 │ from 阪田

トラックバック

http://shogikisho.blog54.fc2.com/tb.php/4586-1dbea090

将棋ニュース

新刊案内(amazon)


07月14日 横歩取りで勝つ 攻めの最強手筋ガイド (マイナビ将棋BOOKS)
07月14日 角換わりの新常識 ▲4八金・2九飛型徹底ガイド (マイナビ将棋BOOKS)
06月23日 将棋戦型別名局集6 横歩取り名局集
06月23日 サクサク解ける 詰将棋練習帳 風の巻 (マイナビ将棋文庫)
06月21日 Disney/Pixar どこでもマグネットブック カーズしょうぎ (ディズニー幼児絵本(書籍))
06月14日 堅陣で圧勝! 対振り銀冠穴熊
06月14日 将棋・序盤完全ガイド 相振り飛車編 (マイナビ将棋BOOKS)
05月24日 おもしろいほどよくわかる羽生善治の将棋入門
05月24日 奇襲虎の巻 (マイナビ将棋文庫)
05月24日 将棋戦型別名局集5 中飛車名局集
05月23日 一冊で差がつく! 将棋 上達のコツ50 勝ち方がわかる本 (まなぶっく)
05月19日 不動心論
05月17日 1冊でわかる右四間飛車 その狙いと対策 (マイナビ将棋BOOKS)
05月17日 これだけで勝てる石田流のコツ (マイナビ将棋BOOKS)
05月12日 村山慈明の居飛車対振り飛車 知って得する序盤術 (NHK将棋シリーズ)
05月11日 人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?―――最強の将棋AIポナンザの開発者が教える機械学習・深層学習・強化学習の本質
05月02日 棋士とAIはどう戦ってきたか~人間vs.人工知能の激闘の歴史 (新書y)
05月02日 将棋世界 2017年6月号
04月28日 史上最年少記録を塗り替えた強さの秘密 藤井聡太四段 14歳プロは羽生を超えるか【文春e-Books】
04月26日 最強の終盤 詰みと寄せの最重要手筋104 (マイナビ将棋BOOKS)
04月26日 徹底解明! 相振り飛車の最重要テーマ14 (マイナビ将棋BOOKS)
04月18日 夢の華 山田修司詰将棋作品集 (プレミアムブックス版)
04月18日 振り飛車ワールド1、2 (プレミアムブックス版)
04月15日 NHK将棋講座 2017年5月号 [雑誌] (NHKテキスト)
04月14日 常識破りの新戦法 矢倉左美濃急戦 基本編 (マイナビ将棋BOOKS)
04月14日 詰将棋の達人 (マイナビ将棋文庫)
04月13日 理想を現実にする力 (朝日新書)
04月11日 名棋士の対局に学ぶ詰め&必死:次の一手問題 (将棋パワーアップシリーズ)
04月03日 将棋世界 2017年5月号
04月02日 将棋棋士・総合格闘技選手・競馬騎手・競輪選手: 勝負をきわめる仕事

応援してくださる将棋サイト

将棋のブログの人気記事


ブログパーツ