第2期叡王戦決勝三番勝負第2局の感想 - 将棋のブログ

将棋のブログ ホーム » 電王戦 » 第2期叡王戦決勝三番勝負第2局の感想

第2期叡王戦決勝三番勝負第2局の感想

12月11日に行われた第2期叡王戦決勝三番勝負第2局(佐藤天彦名人vs千田翔太五段)は、佐藤天彦名人が勝ちました。

三番勝負は佐藤名人の2勝0敗となり、佐藤名人が優勝。

第2期叡王となった佐藤名人は、来春行われる第2期電王戦でPonanzaと二番勝負を行います。

棋譜と詳しい解説は下記の公式サイトでご覧下さい。

棋譜中継:第2期叡王戦決勝三番勝負 第2局(日本将棋連盟)


<感想>
序盤は佐藤名人が先手で矢倉模様の変則的な将棋。

終盤戦の60手頃は、Ponanzaの評価値が+600前後でしたが後手が先攻しており、ニコ生解説の屋敷九段は「後手の方が勝ちやすい」と話していました。

しかし、受けに定評がある佐藤名人の63手▲5三角!なんともスゴイところに打ち込んだ自陣角。

そこから数手進むと、どうやらプロの見解も先手優勢となり、そして先手勝利へ一直線。

三番勝負は2局とも名人に隙はなく、さすが名人でした。

これにより、第2期電王戦に出場するのは、将棋界で一番強い人ということになります。何故なら、その棋士は名人。

本当にスゴイことになってきました。

今年までは名人戦と同時期に開催されていた電王戦、日程はどうなるのだろうかと、そちらも心配です。

何にしても、二番勝負が全将棋ファン必見の楽しみな勝負になることは間違いなしっ!


<インタビュー>

終局直後(叡王戦中継ブログ)


<コンピュータの形勢判断>
第2期叡王戦第2局 形勢評価グラフ
※青色は激指14七段+、赤色はGPS将棋
※コンピュータの判断が正しいわけではありません。


<みんなの予想>

第2期叡王戦決勝三番勝負の予想(人気ブログランキング)



関連記事
コメント
非公開コメント

現役のタイトルホルダーとコンピュータソフトの対局、渡辺竜王以来ですかね?

佐藤名人、研究や対局で忙しいと思いますが期待してます。今までの構図と違って現役タイトルホルダーの参戦、緊張感が違います。

2016-12-12 00:47 │ from しきな Edit

Re:

渡辺竜王の時以来ですね。タイトルホルダーの中でも、なにせ、名人ですから、本当にすごいことになってきましたね。

2016-12-12 00:59 │ from 阪田

日本棋院と趙治勲さんは勝負士らしく正々堂々と戦っていたように思います。
ルールも対局直前までソフト側は改良することが認められています。
戦う直前まで切磋琢磨する、これこそ真剣勝負の醍醐味であり観戦する側も期待する。

それに比べてこれまでの将棋連盟の態度は情けないの一言に尽きます。
対局するソフトとプロ棋士が決定すると、
半年近く前からそのソフトとPCをプロ側に貸し出しをするというルールに固執しています。
一度貸し出しをすればその後のソフトの改良はできない。
我々はプロ側が半年近くの間ソフトを下調べした結果の報告のような公開対局を観戦させられているのです。
以前、電王戦で対局した佐藤さんなどは事前に下調べをした手と違う手をソフトが指したと言って、開発者を罵倒する有様。
これのどこが真剣勝負なのでしょうか?

将棋連盟ももう少し囲碁界を見習って開かれた公益法人に成長してほしいと思います。

2016-12-17 21:08 │ from - Edit

ゲストさんへ

単に将棋ソフトの開発の方が進んでいるので、その勝負のあり方も将棋の方が進んでいる、それだけのことだと思っています。

今の囲碁棋士vsコンピュータのように棋士がカッコいい姿を見せるには、電王戦を始める時期が7~8年遅かったですね。

佐藤さんの件は、ルール違反をやった相手をあそこまでぶち切れ出すくらい、真剣に序盤対策を練っていたのかと、私も同調しましたよ。対局後の記者会見で「40局ほど練習した」という発言が出るまでは・・。

2016-12-17 23:55 │ from 阪田

トラックバック

http://shogikisho.blog54.fc2.com/tb.php/4637-aed2ea4a

将棋ニュース

新刊案内(amazon)


07月14日 横歩取りで勝つ 攻めの最強手筋ガイド (マイナビ将棋BOOKS)
07月14日 角換わりの新常識 ▲4八金・2九飛型徹底ガイド (マイナビ将棋BOOKS)
06月23日 将棋戦型別名局集6 横歩取り名局集
06月23日 サクサク解ける 詰将棋練習帳 風の巻 (マイナビ将棋文庫)
06月21日 Disney/Pixar どこでもマグネットブック カーズしょうぎ (ディズニー幼児絵本(書籍))
06月14日 堅陣で圧勝! 対振り銀冠穴熊
06月14日 将棋・序盤完全ガイド 相振り飛車編 (マイナビ将棋BOOKS)
05月24日 おもしろいほどよくわかる羽生善治の将棋入門
05月24日 奇襲虎の巻 (マイナビ将棋文庫)
05月24日 将棋戦型別名局集5 中飛車名局集
05月23日 一冊で差がつく! 将棋 上達のコツ50 勝ち方がわかる本 (まなぶっく)
05月19日 不動心論
05月17日 1冊でわかる右四間飛車 その狙いと対策 (マイナビ将棋BOOKS)
05月17日 これだけで勝てる石田流のコツ (マイナビ将棋BOOKS)
05月12日 村山慈明の居飛車対振り飛車 知って得する序盤術 (NHK将棋シリーズ)
05月11日 人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?―――最強の将棋AIポナンザの開発者が教える機械学習・深層学習・強化学習の本質
05月02日 棋士とAIはどう戦ってきたか~人間vs.人工知能の激闘の歴史 (新書y)
05月02日 将棋世界 2017年6月号
04月28日 史上最年少記録を塗り替えた強さの秘密 藤井聡太四段 14歳プロは羽生を超えるか【文春e-Books】
04月26日 最強の終盤 詰みと寄せの最重要手筋104 (マイナビ将棋BOOKS)
04月26日 徹底解明! 相振り飛車の最重要テーマ14 (マイナビ将棋BOOKS)
04月18日 夢の華 山田修司詰将棋作品集 (プレミアムブックス版)
04月18日 振り飛車ワールド1、2 (プレミアムブックス版)
04月15日 NHK将棋講座 2017年5月号 [雑誌] (NHKテキスト)
04月14日 常識破りの新戦法 矢倉左美濃急戦 基本編 (マイナビ将棋BOOKS)
04月14日 詰将棋の達人 (マイナビ将棋文庫)
04月13日 理想を現実にする力 (朝日新書)
04月11日 名棋士の対局に学ぶ詰め&必死:次の一手問題 (将棋パワーアップシリーズ)
04月03日 将棋世界 2017年5月号
04月02日 将棋棋士・総合格闘技選手・競馬騎手・競輪選手: 勝負をきわめる仕事

応援してくださる将棋サイト

将棋のブログの人気記事


ブログパーツ