将棋ソフトの推定棋力や思い出を書いてみた - 将棋のブログ

将棋のブログ ホーム » 余談 » 将棋ソフトの推定棋力や思い出を書いてみた

将棋ソフトの推定棋力や思い出を書いてみた

比較的長い時間を遊んだ将棋ソフトについてテキトーなことを書いてみました。


早指し二段森田将棋(SFC/1993年発売)

特記事項:当時のコンピュータ将棋としては早指しだった

推定棋力:将棋倶楽部24の15級

根拠:原始棒銀しか知らなかった私が連戦連勝。健気にも自らを有段者だと信じてしまった。


最強羽生将棋(Nintendo64/1996年発売)

特記事項1:羽生七冠王になるまでの公式戦棋譜のほとんどを解説付きで収録
特記事項2:Nintendo64本体と同時発売だった

推定棋力:将棋倶楽部24の5~6級

根拠:将棋倶楽部24で推定10~12級くらいだった私でも一発が入ってた。

その他:発売から十数年後、三段認定まである上級試験をやってみたが、24で初段だった私が二段認定だったのは仕方がないとして、Bonanza6.0や激指11も二段認定だったのはどういうこと?三段を認定された人って、居ますか?
(次の一手問題20問中:私→13問正解、激指→14問正解、Bona→13問正解)


最強東大将棋(PlayStation/1998年発売)

特記事項1:水平線効果のカット
特記事項2:コンピュータの考慮時間は1手最長1分まで

推定棋力:将棋倶楽部24の5級前後

根拠:将棋倶楽部24で推定10~12級くらいだった私でも一発が入ってた。

その他:対局中のあのBGMが何気に格調高かった


将棋レボリューション激指(Windows/2001年発売)

特記事項:形勢評価グラフの作成と読み筋披露

推定棋力:30秒将棋ならば将棋倶楽部24の三段相当

根拠:最高レベルは三段で、24で二段の私がそのレーティング戦で二段だった

その他:当時、こんな強いのに勝てる人は県代表クラスだと思っていたが、購入から8年くらい経過し、自分が初段になった時、時間無制限なら普通に勝てることが判明。二段になった今は持ち時間が20分くらいあれば、2回に1回以上を勝てる。


東大将棋振り飛車道場(Windows/2002年発売)

特記事項:所司七段による振り飛車講座が入っている

推定棋力:30秒将棋だと将棋倶楽部24の三段くらい?

根拠:発売時期が上記激指の3ヶ月後

その他:トッププロの指し手を小馬鹿にしていた人が、このソフトで六段認定であることを誇らしげに書いていた。しかし、私が将棋倶楽部24で二段になった後に初挑戦してみたら六段認定だった。たぶん1~2級の人でもがんばれば六段を認定されると思う。


スーパー将棋マシン激指4(Windows/2004年発売)

特記事項1:検討モード搭載
特記事項2:棋譜読み上げにバンカナとマンモスも居る

推定棋力:将棋倶楽部24の四段クラス

根拠:持ち時間が30~40分くらいあれば、私でも3~4局に1回くらい勝てる。

その他:その発売から半年後に開発用激指は、アマ竜王戦全国大会でベスト16に入った。(追記:なお、購入から5年近くは絶対に勝てない代物だと思い込み、対局相手として使用することはなかった)


将棋ワールドチャンピオン激指7(Windows/2007年発売)

特記事項:激指4の付属機能に加え、実戦詰将棋道場を搭載

推定棋力:30秒将棋なら将棋倶楽部24の七段クラス?

根拠:2008年の将棋倶楽部24で、激指7を使っていたとされた数名はR2800を超えていた。

その他:時間無制限でやれば、私でも100回に1回くらいは勝てそう。10回に1回くらいは優勢になる。ただし、実際に勝ったのは1回だけ。(追記:購入当時は絶対に勝てない相手だと信じていたので、対局することもなかったが、24の初~二段になった頃、私でも優勢を築けることが判明)


将棋レボリューション激指11(Windows/2011年発売)

特記事項:対局レベルが26段階になった

推定棋力:30秒将棋ならばプロ並以上。

根拠:米長永世棋聖がその公式ブログで、激指10をやり始めた頃、30秒将棋はほとんど勝てない旨を書いていた。

その他:発売直後、Amazonレビューで低評価しか付かなかったのに、3年後に廉価版が発売された時は高評価しか付かなかった不思議。


将棋レボリューション激指14(Windows/2015年発売)

特記事項1:棋譜読み上げは竹俣女流と香川女流
特記事項2:現時点では激指シリーズの集大成で充実の付属機能

推定棋力:勝てる人間は存在しますか?

根拠:パッケージにR3000台と書かれていた定跡道場2。それから4年半後に発売された激指14のレートを推定すると、勝てる人間を想像するのはとても難しいことです。

その他:激指ナンバリングで初めて2年越しのバージョンアップ。激指ファンの歓喜に満ちた昨年の今頃が懐かしい。




マイナビ 将棋レボリューション 激指14
関連記事
コメント
非公開コメント

No title

突然のコメント、失礼いたします。
私はこちら
http://blju.net/
でオンラインゲームサイトをやっているkimikiといいます。
色々なサイトをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はメールを送ってくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^

2016-12-14 23:14 │ from きみき

激指の指導対局が好きでした

激指10と14を持ってますが、AI将棋の話を。対局中に悪手や詰みを指摘する機能があり、指摘されたら理解するまで考えて、解らなかったら試しに続けてみたりと試行錯誤しながらマイペースで指せるのが好きです。

2016-12-15 03:23 │ from しきな Edit

Re: 激指の指導対局が好きでした


PC用のAI将棋、おもしろそうですね。私も15年以上前のゲーム機用のものなら持っていたりします。

2016-12-15 17:37 │ from 阪田

追記

AI将棋のバージョン書いてませんでした。バージョン18の話でした。
他には銀星将棋(八)スタンダードなど持ってます。
市販の将棋ソフトは機能面が充実してるだけじゃなくて、強さや個性も違うので面白いです。自分に合ってる将棋ソフトを探すのも楽しいです。

2016-12-15 23:29 │ from しきな Edit

Re:追記

私も市販のソフトの方が好きです。と言いますか、フリーソフトは形勢評価グラフを作成する時以外、最近はほぼ扱ってなかったりします。

AI将棋バージョン18とは良いのを持っていますね。

2016-12-16 00:58 │ from 阪田

トラックバック

http://shogikisho.blog54.fc2.com/tb.php/4643-35b6c539

将棋ニュース

新刊案内(amazon)


07月14日 横歩取りで勝つ 攻めの最強手筋ガイド (マイナビ将棋BOOKS)
07月14日 角換わりの新常識 ▲4八金・2九飛型徹底ガイド (マイナビ将棋BOOKS)
06月23日 将棋戦型別名局集6 横歩取り名局集
06月23日 サクサク解ける 詰将棋練習帳 風の巻 (マイナビ将棋文庫)
06月21日 Disney/Pixar どこでもマグネットブック カーズしょうぎ (ディズニー幼児絵本(書籍))
06月14日 堅陣で圧勝! 対振り銀冠穴熊
06月14日 将棋・序盤完全ガイド 相振り飛車編 (マイナビ将棋BOOKS)
05月24日 おもしろいほどよくわかる羽生善治の将棋入門
05月24日 奇襲虎の巻 (マイナビ将棋文庫)
05月24日 将棋戦型別名局集5 中飛車名局集
05月23日 一冊で差がつく! 将棋 上達のコツ50 勝ち方がわかる本 (まなぶっく)
05月19日 不動心論
05月17日 1冊でわかる右四間飛車 その狙いと対策 (マイナビ将棋BOOKS)
05月17日 これだけで勝てる石田流のコツ (マイナビ将棋BOOKS)
05月12日 村山慈明の居飛車対振り飛車 知って得する序盤術 (NHK将棋シリーズ)
05月11日 人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?―――最強の将棋AIポナンザの開発者が教える機械学習・深層学習・強化学習の本質
05月02日 棋士とAIはどう戦ってきたか~人間vs.人工知能の激闘の歴史 (新書y)
05月02日 将棋世界 2017年6月号
04月28日 史上最年少記録を塗り替えた強さの秘密 藤井聡太四段 14歳プロは羽生を超えるか【文春e-Books】
04月26日 最強の終盤 詰みと寄せの最重要手筋104 (マイナビ将棋BOOKS)
04月26日 徹底解明! 相振り飛車の最重要テーマ14 (マイナビ将棋BOOKS)
04月18日 夢の華 山田修司詰将棋作品集 (プレミアムブックス版)
04月18日 振り飛車ワールド1、2 (プレミアムブックス版)
04月15日 NHK将棋講座 2017年5月号 [雑誌] (NHKテキスト)
04月14日 常識破りの新戦法 矢倉左美濃急戦 基本編 (マイナビ将棋BOOKS)
04月14日 詰将棋の達人 (マイナビ将棋文庫)
04月13日 理想を現実にする力 (朝日新書)
04月11日 名棋士の対局に学ぶ詰め&必死:次の一手問題 (将棋パワーアップシリーズ)
04月03日 将棋世界 2017年5月号
04月02日 将棋棋士・総合格闘技選手・競馬騎手・競輪選手: 勝負をきわめる仕事

応援してくださる将棋サイト

将棋のブログの人気記事


ブログパーツ