ネット将棋での表示棋力や思い出を書いてみた - 将棋のブログ

将棋のブログ ホーム » 余談 » ネット将棋での表示棋力や思い出を書いてみた

ネット将棋での表示棋力や思い出を書いてみた

先日書いた「将棋ソフトの推定棋力や思い出を書いてみた」という記事が、意外に好評でしたので、今回はネット将棋について書いてみます。

※私が初めて遊んだ順番に並んでいます。

(追記:例の話題で、最近は鬱になっていたのですが、がんばりました)

将棋倶楽部24

特記事項:ネット将棋の老舗で、その段級への信頼度もダントツ
特記事項:プロがたくさん対局していた初めてのネット将棋(当然匿名)

私の表示棋力:二段(最近やってない)

<思い出話>
私のネット対局のデビュー戦はココ。最初に落ち着いた段級位は10級。
みんな強いのなんのって、レベル高すぎ。本気度がすさまじく、頭金まで頑張る人多数。ここの5級になった時と、初段になった時は本当に達成感がありました。(※10級、5級、初段、五段で表示タブが変わる)

なお、誰でも遊べる自由対局室を見て、将棋倶楽部24を誤解しないで下さい。あそこはアクセス禁止になった者など多数居て、会員が遊べるR対局室とは、将に似て非なるものです。(とりわけ、自由対局室15級は過小の巣窟)


旧ヤフー将棋

特記事項:2010年にヤフーモバゲー将棋に移行しました。
特記事項:持ち時間にフィッシャーモードがある。

私の表示棋力:オレンジ(24で初段になる直前に1800を超え、それからやってない)

<思い出話>
ヤフーモバゲーに移行する前までは、将棋倶楽部24と双璧を為す同時アクセス数(3000人超え)でした。将棋倶楽部24を知らない人や、ちょっと将棋で遊んでみようかくらいの人が多かった印象。

ヤフーモバゲーに移行直後は、その会員登録にクレジットカードか携帯のメアドが必要だったことや(今は必要でない)、その将棋ゲームの使い勝手の評判がいまひとつだったことから、多くがハンゲーム将棋弐に流れてました。今は旧ヤフー将棋と見た目意外は同じシステム。

旧ヤフー将棋は暴言ヤローとソフト指しがてんこ盛りで、自衛の機能が少しばかり用意されていて、自分の身は自分で守れみたいなアメリカンな場所でしたが、嫌いではなかったです。ヤフーモバゲーの方は100局弱しか遊んでないので、あまり知りません。


ハンゲーム将棋弐

特記事項:見た目が綺麗で秒読み音は心地良い。
特記事項:始めたばかりのアバターは、まるで裸の大将。

私の表示棋力:師範(5~6年前のこと)

<思い出話>
雰囲気は旧ヤフー将棋と共通するものがあります。思い出というよりも、この前5~6年ぶりに行ってみると、アクセス数が激減していてビビリました。(前は夜だと1000人超えていた)


81道場

特記事項:将棋の海外普及を目的に作られたサイトのようで、カロリーナ女流もこのサイトの出身。

私の表示棋力:三段(4~5年まえのこと)

<思い出話>
漫画ハチワンダイバーが流行っていた頃に始まったので、「ハチワンどうじょう」と読むとばかり思っていました。本当は「エイティワンどうじょう」だったんですね。


将棋ウォーズ

特記事項:対戦相手はオートマッチングで決まる。
特記事項:無料で遊べるのは1日3局まで。
特記事項:Ponanzaが5手指し継ぐ棋神機能有り。

私の表示棋力:最高二段達成率98%(棋神を使用したことはない)

<思い出話>
そのグラフィックやサウンドに最初はおもしろかったのですが、自分よりも明らかに棋力が劣る人に逆転されることが多いので、長らくやってませんでした。

以前は月1くらいで、プロ棋士を呼んでニコ生をやってましたが、最近はやってないのでしょうか?A級棋士がポコられている時は、さすがに引いた・・。


将棋オンライン

特記事項:ユーザーがユーザーを評価する機能有り

私の表示棋力:2級

<思い出話>
あまり、やりこんでません。2級まで上がると、変な過小やソフトとおぼしき人からの挑戦が続き、しばらく止めていたら、会員になってないのでデータも吹っ飛んでました。

ユーザーがユーザーを評価する、ネット将棋初の機能が良いのかどうか、その評判を知りたいところ。


将棋クエスト

特記事項:将棋ウォーズとよく似たシステム(棋神とアバターはない)
特記事項:1日何局でも無料。

私の表示棋力:三段

<思い出話>
私の現在の主戦場がココ。とにかく気軽に遊べます。時々七段とかを連れて来られ、負け確定にガックリするのですが、よく考えるとそんなに強い人と遊んでもらえるチャンスなんて、滅多にないんですよね。5分切れ負けや2分切れ負けは10分が弱くなるので止めました。


SDIN将棋

特記事項:成績持越しで、ネームは毎回好きなものを付けてよい。

私の表示棋力:確か1400は超えたはずですが、データも記憶も吹っ飛びました。

<思い出話>
自衛機能充実。あの、昔のゲームセンターを思い出させるムードは嫌いではありません。ただ、こちらの点数が上がってくると、過小ヤローやソフト指しから付け狙われてくるような気がするのは事実。

嫌いではないのですが、対等の点数の相手を見つけるのに苦労するため、最近はやってません。

あと、このネームが禁止されている理由は何故?というのが多い、それは何故???



関連記事
コメント
非公開コメント

私は24→将棋ウォーズ→81道場→将棋クエストの順でやりましたね。今は、主に同じく将棋クエストで対局しています。将棋クエストは色々と丁度いいと感じています。来年の目標は24で上級タブ!です。
今年も楽しい記事をたくさんありがとうございました。良いお年を。

2016-12-28 23:19 │ from あーる

ネット将棋の話から矢倉の話に(笑)

将棋ウォーズと将棋クエストで指してます。将棋始めた頃、スマホで最初に指したのがウォーズでした。棋神は一度使いましたが、指し手が強すぎて全く参考にならず驚きました(笑)
試してみたい戦法はウォーズで、主戦法はクエストで指してます。
ただ、相手が矢倉指してきたら私も矢倉(中飛車)にします。全然勝てないんですが、好きです相矢倉。
相矢倉ってほぼ全部の駒で戦うから、振り飛車党の私には憧れというか魅力的なんです。

2016-12-28 23:28 │ from しきな Edit

返信


あーるさんへ

上級タブ入り、達成できるといいですね。十何年も前の話ですが、その付近には壁がある、などと言われていたのを思い出しました。どうぞ、良いお年を。


しきなさんへ

矢倉は羽生三冠も好んで指しますし、如何にも本格的な将棋という感じでカッコいいですよね。

2016-12-29 17:01 │ from 阪田

将棋オンラインの思い出。
初対局のときに序盤でこちらが大優勢になり、持ち時間30分でしたが、残り20分くらいを放置され、対局が終わるとわたしに★1つの評価が…

2017-04-23 02:32 │ from まんぞう

まんぞうさんへ

ネットではありそうな話ですね。

貴重な体験談を聞かせて頂き、ありがとうございます。

2017-04-24 01:46 │ from 阪田

トラックバック

http://shogikisho.blog54.fc2.com/tb.php/4666-8a701c13

将棋ニュース

新刊案内(amazon)


12月14日 全戦型対応版 永瀬流負けない将棋 (マイナビ将棋BOOKS)
12月14日 初手から分かる! 将棋・序盤のセオリー (マイナビ将棋BOOKS)
12月11日 竹俣紅ファーストフォトエッセイ タイトル未定
12月11日 どんどん強くなる こども詰将棋1手詰め
12月11日 楽しみながら強くなる!羽生義治の子ども将棋入門
12月01日 将棋世界 2018年1月号
11月28日 初心者から中級者まで楽しめる 1手・3手・5手の詰将棋
11月28日 ゆめまぼろし百番 (プレミアムブックス版)
11月27日 楽しく覚えよう! 羽生善治の将棋ビギナーズガイド3 上達編
11月27日 楽しく覚えよう! 羽生善治の将棋ビギナーズガイド2 基本編
11月27日 楽しく覚えよう! 羽生善治の将棋ビギナーズガイド1 入門編
11月27日 よろこんでいきる まいにちひふみん
11月24日 超攻撃的振り飛車 新生・角頭歩戦法 (マイナビ将棋BOOKS)
11月23日 伝説の序章──天才棋士 藤井聡太
11月15日 永世名人直伝! 完全版 "自然流"詰将棋 (将棋連盟文庫)
11月15日 相振り飛車で勝つための18の心得 (マイナビ将棋BOOKS)
11月15日 これだけで勝てる 角交換振り飛車のコツ (マイナビ将棋BOOKS)
11月11日 すぐに覚えられる特製将棋付 頭がよくなる詰将棋ドリル
11月09日 天才棋士 加藤一二三 挑み続ける人生
11月02日 羽生善治の詰みと必至1分トレーニング
11月02日 将棋世界 2017年12月号
10月27日 花まる学習会式 スタート将棋BOOK (バラエティ)
10月25日 菅井ノート 相振り編
10月25日 定跡無用の突進戦法 野獣流攻める矢倉&右四間飛車 (マイナビ将棋文庫)
10月20日 豊川孝弘の将棋オヤジギャグ大全集
10月17日 これが決定版! 相中飛車徹底ガイド (マイナビ将棋BOOKS)
10月17日 三間飛車新時代 (マイナビ将棋BOOKS)
10月16日 NHK将棋講座 2017年11月号 [雑誌] (NHKテキスト)
10月12日 棋力判定テスト (将棋パワーアップシリーズ)
10月11日 天彦流 中盤戦術―「局面の推移」と「形勢」で読みとく (NHK将棋シリーズ)
10月06日 藤井聡太 天才はいかに生まれたか (NHK出版新書 532)
10月03日 将棋ワンダーランド: ぴあムック
10月03日 将棋世界 2017年11月号

応援してくださる将棋サイト

将棋のブログの人気記事


ブログパーツ