第66回NHK杯(千田六段vs佐々木五段)の感想 - 将棋のブログ

将棋のブログ ホーム » NHK杯 » 第66回NHK杯(千田六段vs佐々木五段)の感想

第66回NHK杯(千田六段vs佐々木五段)の感想

1月22日に放送された第66回NHK杯3回戦(千田翔太六段vs佐々木勇気五段)は、95手で千田翔太六段が勝ちました。

棋譜は下記の公式サイトでご覧下さい。(月曜日に更新されます)

NHK杯テレビ将棋トーナメント


<感想>
本局の対局者は棋王戦挑戦者決定二番勝負を闘った御二方で、解説は現時点で名人戦挑戦者最有力候補の稲葉八段。今期絶好調の棋士が勢揃い。

序盤は千田五段が先手で角換わりとなりました。ポイントは65手の▲7三歩成でしょうか。千田五段が本局で最も時間を費やしていた一手。

そこからは、攻めている方がよく見える形勢不明の終盤戦に突入。千田六段の79手▲4一銀が絶妙の一手。

それに対し、佐々木五段は△3七角成と勝負を決めに来たような詰めろで迫り、千田六段はそれを外し且つ王手で迫る▲6五角と攻防の角打ち。

部分的には好手を好手で切り返しているのですが、実は▲4一銀と打った局面が13手詰めの詰めろになっていました。

感想戦で、両者共に指してから詰みに気付いた旨を話していました。以前、竜王が30秒将棋は直感の一手の成立を確認する時間しかないと言ってたのを思い出しました。

千田六段側から見ると、先の▲6五角で勝っていると判断していたということでしょうか。実際、そこからすぐに千田六段の玉は全く寄らない形になり、最後は差が付いていました。

本局は、激しい攻め合いが展開され、如何にも好調な棋士同士の、勢いのある駒の流れがあったように思います。


<コンピュータの形勢判断>
第66回NHK杯3回戦第6局 形勢評価グラフ
※青色は激指14七段+、赤色はGPS将棋
※コンピュータの判断が正しいわけではありません。




マイナビ 将棋レボリューション 激指14
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://shogikisho.blog54.fc2.com/tb.php/4705-64e3b8f2

将棋ニュース

新刊案内(amazon)


08月28日 天才棋士降臨・藤井聡太 炎の七番勝負と連勝記録の衝撃
08月28日 これだけで勝てる 相振り飛車のコツ (マイナビ将棋BOOKS)
08月18日 矢倉の基本 ~駒組みと考え方~ (マイナビ将棋BOOKS)
08月18日 使える詰み筋が身につく! 詰将棋トレーニング210 (マイナビ将棋文庫)
07月27日 大山VS米長全局集
07月27日 対振りの秘策 完全版 飯島流引き角戦法 (マイナビ将棋文庫)
07月18日 完全版 森下の対振り飛車熱戦譜 (プレミアムブックス版)
07月14日 りゅうおうのおしごと! 6 (GA文庫)
07月14日 横歩取りで勝つ 攻めの最強手筋ガイド (マイナビ将棋BOOKS)
07月14日 角換わりの新常識 ▲4八金・2九飛型徹底ガイド (マイナビ将棋BOOKS)
07月07日 将棋DVD 攻めて強くなる戸辺流中飛車
07月03日 将棋世界 2017年8月号
06月29日 9マス将棋の本
06月24日 オレたち将棋ん族〈エピソード3〉
06月23日 将棋戦型別名局集6 横歩取り名局集
06月23日 サクサク解ける 詰将棋練習帳 風の巻 (マイナビ将棋文庫)
06月21日 Disney/Pixar どこでもマグネットブック カーズしょうぎ (ディズニー幼児絵本(書籍))
06月16日 NHK将棋講座 2017年7月号 [雑誌] (NHKテキスト)
06月14日 堅陣で圧勝! 対振り銀冠穴熊
06月14日 将棋・序盤完全ガイド 相振り飛車編 (マイナビ将棋BOOKS)

応援してくださる将棋サイト

将棋のブログの人気記事


ブログパーツ