第10回朝日杯将棋オープン戦決勝の感想 - 将棋のブログ

将棋のブログ ホーム » プロ将棋 » 第10回朝日杯将棋オープン戦決勝の感想

第10回朝日杯将棋オープン戦決勝の感想

2月11日に行われた第10回朝日杯将棋オープン戦決勝(村山慈明七段vs八代弥五段)は、148手で八代弥五段が勝ちました。八代五段は棋戦初優勝で、本棋戦歴代最年少優勝。また、全棋士参加棋戦での優勝により、六段に昇段。

棋譜は下記の公式サイトでご覧下さい。

棋譜:第10回朝日杯将棋オープン戦中継(朝日新聞)

ニュース記事:八代弥五段、歴代最年少で優勝 朝日杯将棋オープン戦(朝日新聞)


<感想>
戦型は村山七段先手の角換わり。

終盤入り口からしばらくは、八代五段が将棋ソフトPonanzaも「優勢」「大優勢」と評価する時間が続いたのですが、村山七段の果敢な指しまわしで、その評価が一時は互角まで押し戻されていました。

1分将棋のきわどい終盤戦が続き、動画だとかなり見応えのある対局だったと思います。

最終的に敗着となったのは、村山七段の143手▲3七金と見られています。代えて▲3二金ならと言われていますが、はたして。(将棋ソフトと山崎八段の評価が一致)

八代五段は確か斎藤六段とプロデビューが同じで、デビュー当時からその強さは注目されていました。(最初の10戦~20戦くらいまでは、八代五段の方が勝率が高かった)

22歳で全棋士参加棋戦優勝。やっぱり強かったんですね。

なお本局は、佐藤康光会長の現場での初仕事で、動画での解説の時に山崎八段と読み筋が全く合わなかったのは、おもしろかったです。


<コンピュータの形勢判断>
第10回朝日杯決勝 形勢評価グラフ
※青色は激指14七段+、赤色はGPS将棋(作成中)
※コンピュータの判断が正しいわけではありません。



関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://shogikisho.blog54.fc2.com/tb.php/4733-aeea8e20

将棋ニュース

新刊案内(amazon)


11月27日 よろこんでいきる まいにちひふみん
11月15日 相振り飛車で勝つための18の心得 (マイナビ将棋BOOKS)
11月15日 これだけで勝てる 角交換振り飛車のコツ (マイナビ将棋BOOKS)
11月11日 すぐに覚えられる特製将棋付 頭がよくなる詰将棋ドリル
11月09日 天才棋士 加藤一二三 挑み続ける人生
11月02日 将棋世界 2017年12月号
10月27日 花まる学習会式 スタート将棋BOOK (バラエティ)
10月25日 菅井ノート 相振り編
10月25日 定跡無用の突進戦法 野獣流攻める矢倉&右四間飛車 (マイナビ将棋文庫)
10月20日 豊川孝弘の将棋オヤジギャグ大全集
10月17日 これが決定版! 相中飛車徹底ガイド (マイナビ将棋BOOKS)
10月17日 三間飛車新時代 (マイナビ将棋BOOKS)
10月16日 NHK将棋講座 2017年11月号 [雑誌] (NHKテキスト)
10月12日 棋力判定テスト (将棋パワーアップシリーズ)
10月11日 天彦流 中盤戦術―「局面の推移」と「形勢」で読みとく (NHK将棋シリーズ)
10月06日 藤井聡太 天才はいかに生まれたか (NHK出版新書 532)
10月03日 将棋ワンダーランド: ぴあムック
10月03日 将棋世界 2017年11月号
09月30日 はじめての こども将棋ドリル (6週間で基本をマスター!)
09月29日 3月のライオン 13 (ヤングアニマルコミックス)
09月29日 天才 藤井聡太
09月29日 [新装版]ひふみんの将棋入門
09月27日 中学生プロ棋士列伝
09月25日 大内延介名局集 (プレミアムブックス版)
09月25日 「次の一手」で覚える 将棋・終盤の手筋436 (マイナビ将棋文庫)
09月25日 中原VS米長全局集
09月21日 完全版 看寿賞作品集 ※Kindle版
09月15日 NHK将棋講座 2017年10月号 [雑誌] (NHKテキスト)
09月14日 1冊で全てわかる 角交換四間飛車 その狙いと対策 (マイナビ将棋BOOKS)
09月14日 規格外の新戦法 矢倉左美濃急戦 最新編 (マイナビ将棋BOOKS)
09月08日 中学生棋士 (角川新書)
09月01日 羽生善治の将棋「次の一手」150題
09月01日 将棋世界 2017年 10 月号 [雑誌]

応援してくださる将棋サイト

将棋のブログの人気記事


ブログパーツ