第2期電王戦記者発表会の感想 - 将棋のブログ

将棋のブログ ホーム » 電王戦 » 第2期電王戦記者発表会の感想

第2期電王戦記者発表会の感想

2月22日に第2期電王戦記者発表会が行われ、以下のことが発表されました。なお、電王戦は今回で最後とのこと。

<日程>
第1局 2017年4月1日(土) 10時~ 対局場→ 日光東照宮(栃木)
第2局 2017年5月20日(土) 10時~ 対局場→ 姫路城(兵庫)

<持ち時間>
チェスクロック形式で5時間(秒読み1分)
<関連イベント>
電王PONANZAに勝てたら最高賞金300万円!! 3月11日(土)
電王PONANZAに勝てたら最高賞金300万円!! 3月12日(日)
電王戦×3月のライオン「第零期 獅子王戦」 3月26日(日)

読み切り漫画『ポナンザ ~人類vs最強将棋ソフト~』/作者:不二涼介
3月22日発売 週刊少年マガジン16号掲載

参考:第2期電王戦(ニコニコ)


<感想>
まず、電王戦は今回で最後とのこと。まあ、多くの人はプロ側が勝つところを見たいはずで、それがどんどん厳しくなっている状況なので、最後になるのも仕方のないことだと思います。

今回は将棋界で最高の肩書きを持った名人が登場し、コンピュータ側も誰もが一番と認めるPonanzaが登場するので、ラストバトルとしてはふさわしい組み合わせだと思います。

韓国囲碁棋士のイ・セドル氏の振り駒で、第1局はPonanzaの先手に決まりました。対局数が2局なので、どちらでも大して変わらないような気もしますが、イ・セドル氏は第1局の先手を名人にしたかったらしく、いい人だなと思いました。

それにしても、対局場がすごい。どちらも国宝で世界遺産。栃木県と兵庫県を代表する超有名スポット。名人対電王の決戦の地としては、ふさわしい気がしてきました。

それから、私もあのPonanzaに人間が勝つのは不可能な気がしていたのですが、今回の記者発表会での名人を見ていると、一発を入れてくれそうな雰囲気が伝わってきたのは、私だけでしょうか?

それでも、勝てる確率は低いとしか思いませんが、現名人が勝つのが不可能としか思えない相手に、どのように戦うのか、最後の電王戦を楽しく観戦させてもらうつもりです。

あと、勝てたら300万円の企画が今年もあるのはナイス。あの企画でしか観れないアマ強豪がいっぱい出てくるので、毎年楽しみにしています。



関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://shogikisho.blog54.fc2.com/tb.php/4751-e1e92513

将棋ニュース

新刊案内(amazon)


08月28日 天才棋士降臨・藤井聡太 炎の七番勝負と連勝記録の衝撃
08月28日 これだけで勝てる 相振り飛車のコツ (マイナビ将棋BOOKS)
08月23日 将棋めし 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
08月18日 矢倉の基本 ~駒組みと考え方~ (マイナビ将棋BOOKS)
08月18日 使える詰み筋が身につく! 詰将棋トレーニング210 (マイナビ将棋文庫)
07月29日 愛蔵版第75期将棋名人戦七番勝負
07月27日 大山VS米長全局集
07月27日 対振りの秘策 完全版 飯島流引き角戦法 (マイナビ将棋文庫)
07月18日 完全版 森下の対振り飛車熱戦譜 (プレミアムブックス版)
07月15日 NHK将棋講座 2017年8月号 [雑誌] (NHKテキスト)
07月14日 りゅうおうのおしごと! 6 (GA文庫)
07月14日 横歩取りで勝つ 攻めの最強手筋ガイド (マイナビ将棋BOOKS)
07月14日 角換わりの新常識 ▲4八金・2九飛型徹底ガイド (マイナビ将棋BOOKS)
07月07日 将棋DVD 攻めて強くなる戸辺流中飛車
07月03日 将棋世界 2017年8月号
06月29日 9マス将棋の本
06月24日 オレたち将棋ん族〈エピソード3〉
06月23日 将棋戦型別名局集6 横歩取り名局集
06月23日 サクサク解ける 詰将棋練習帳 風の巻 (マイナビ将棋文庫)
06月21日 Disney/Pixar どこでもマグネットブック カーズしょうぎ (ディズニー幼児絵本(書籍))
06月16日 NHK将棋講座 2017年7月号 [雑誌] (NHKテキスト)
06月14日 堅陣で圧勝! 対振り銀冠穴熊
06月14日 将棋・序盤完全ガイド 相振り飛車編 (マイナビ将棋BOOKS)

応援してくださる将棋サイト

将棋のブログの人気記事


ブログパーツ