第66回NHK杯(橋本八段vs佐藤六段)の感想 - 将棋のブログ

将棋のブログ ホーム » NHK杯 » 第66回NHK杯(橋本八段vs佐藤六段)の感想

第66回NHK杯(橋本八段vs佐藤六段)の感想

3月19日に放送された第66回NHK準決勝(橋本崇載八段vs佐藤和俊六段)は、152手で佐藤和俊六段が勝ちました。

棋譜は下記の公式サイトでご覧下さい。(月曜日に更新されます)

NHK杯テレビ将棋トーナメント


<感想>
戦型は後手の佐藤六段がノーマル三間飛車で対抗形。

これを見て、橋本八段はノーマル三間飛車対策として最も有力な居飛車穴熊に組むのですが、さらにそれを見た佐藤六段が美濃を崩して△7四歩~△7三銀~△7二飛と袖飛車に振り直しました。

それを見た解説の広瀬八段曰く、陽動居飛車!

中盤は佐藤六段が端攻めに7筋からの攻めも絡め、先手穴熊の攻略に成功していたようにも見えた展開。

そのまま一方的に攻め勝つのかとも思えたのですが、66手が広瀬八段の指摘していたポイントを稼ぐ△4五飛の方が良かったのか、そこからしばらく進むと、先手も充分にやれそうな局面へと進展。

そして、橋本八段の91手▲4二銀、そのタダ捨ての銀が勝負手で、先手が猛攻で寄せきるか、それとも後手が凌ぎきるかの、まるでその二つしか結論がないかのような将棋に一転!

途中、佐藤六段が106手△6五桂のタダ捨てから反撃を試みるのですが、攻めが繋がりそうになく、すぐに橋本八段の猛攻と凌ぐ佐藤六段の構図が再開。

そして気付けば、佐藤六段の後手玉は絶対絶命に見える局面の連続。詰めろを掛け続ける橋本八段、紙一重で凌ぐ佐藤六段。

もうそろそろ後手玉が寄るかと思われたその時、佐藤六段の138手△8七飛で橋本八段の先手玉が即詰み(17手詰 by激指14)となり大逆転!

余計なことですが、実は122手でも△8七飛からの19手詰(by激指14)が生じていました。もちろん、コンピュータでないと自玉大ピンチのあの局面で30秒で読み切るのは無理ですが、△8七飛を指すに至った過程にドラマを感じた次第。

なんにしても、凌ぎ有り、逆転有り、振り飛車の勝利有りのとてもおもしろい一局でした。

決勝戦は佐藤九段vs佐藤六段!

佐藤姓同士の決勝戦!

組み合わせを聞くだけでも朗らかになれる、待ってましたの一局です。

決勝の解説は羽生三冠!全将棋ファン必見!

なお、決勝戦は10時05分からの開始らしいですので、ご注意下さい。
追記:24日頃、10時20分からの放送開始に変更されました。


<コンピュータの形勢判断>
第66回NHK杯準決勝第2局 形勢評価グラフ
※青色は激指14七段+、赤色はGPS将棋
※コンピュータの判断が正しいわけではありません。



関連記事
コメント
非公開コメント

佐藤さんが優勝すると予想します

恥ずかしい話ですが佐藤六段のこと全く知らなかったです。「将棋の渡辺くん」でサッカーやってる人ぐらいのイメージしかありませんでした。
陽動居飛車には驚きました。手数を陽動につぎこんだ分、穴熊攻略が間に合わないと思ったからです。佐藤六段は振り飛車党なのに居飛車を採用するなんて、そこはプロならではですね。橋本八段はオールラウンダーなので佐藤六段も攻略に大変だったと思いますが、橋本八段強いですね。
終盤の攻防は特に印象的で今期のNHK杯戦で一番の名場面と思いました。

2017-03-20 17:24 │ from しきな Edit

Re:佐藤さんが優勝すると予想します

寄りそうで寄らない、ギリギリで凌ぐ佐藤六段の受けがスリリングでおもしろかったですね。将に詰むや詰まざるやで、将棋で最もおもしろい展開になっていたと、私もそう思います。

2017-03-20 18:05 │ from 阪田

No title

陽動居飛車とは珍しい指し方でした。

終盤の後手玉は寄りそうで寄らないのでしょうか。コンピュータの形勢グラフも後手有利気味ですし、詰みの鋭い広瀬八段でも決め手がなそうな解説でした。

いずれにしろ、右上3X3での攻防がスリリングでした。
橋本八段の1三角成のあたりでは決まりそうでしたが、まだ決まらず。その後、その馬が1三から2三に動いて、自陣への利きがずれたときに佐藤六段に寄りが生じた様に映りました。

決勝は佐藤姓対決、まさに今期NHK杯は佐藤さん大会なりました。

2017-03-21 22:43 │ from 大山十五.三世

Re:No title

激指によると、124手の局面が唯一の逆転と判定しており、125手を本譜の▲1二同銀不成に代えて▲4二銀なら先手優勢だったとのこと。

しかし、人間の目では後手に絶体絶命の局面が続いていたようにしか見えませんでしたよね。30秒将棋であの状況をひっくり返したのはすごかったです。

2017-03-22 20:54 │ from 阪田

トラックバック

http://shogikisho.blog54.fc2.com/tb.php/4795-5a0c3897

将棋ニュース

新刊案内(amazon)


07月14日 横歩取りで勝つ 攻めの最強手筋ガイド (マイナビ将棋BOOKS)
07月14日 角換わりの新常識 ▲4八金・2九飛型徹底ガイド (マイナビ将棋BOOKS)
06月23日 将棋戦型別名局集6 横歩取り名局集
06月23日 サクサク解ける 詰将棋練習帳 風の巻 (マイナビ将棋文庫)
06月21日 Disney/Pixar どこでもマグネットブック カーズしょうぎ (ディズニー幼児絵本(書籍))
06月14日 堅陣で圧勝! 対振り銀冠穴熊
06月14日 将棋・序盤完全ガイド 相振り飛車編 (マイナビ将棋BOOKS)
05月24日 おもしろいほどよくわかる羽生善治の将棋入門
05月24日 奇襲虎の巻 (マイナビ将棋文庫)
05月24日 将棋戦型別名局集5 中飛車名局集
05月23日 一冊で差がつく! 将棋 上達のコツ50 勝ち方がわかる本 (まなぶっく)
05月19日 不動心論
05月17日 1冊でわかる右四間飛車 その狙いと対策 (マイナビ将棋BOOKS)
05月17日 これだけで勝てる石田流のコツ (マイナビ将棋BOOKS)
05月12日 村山慈明の居飛車対振り飛車 知って得する序盤術 (NHK将棋シリーズ)
05月11日 人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?―――最強の将棋AIポナンザの開発者が教える機械学習・深層学習・強化学習の本質
05月02日 棋士とAIはどう戦ってきたか~人間vs.人工知能の激闘の歴史 (新書y)
05月02日 将棋世界 2017年6月号
04月28日 史上最年少記録を塗り替えた強さの秘密 藤井聡太四段 14歳プロは羽生を超えるか【文春e-Books】
04月26日 最強の終盤 詰みと寄せの最重要手筋104 (マイナビ将棋BOOKS)
04月26日 徹底解明! 相振り飛車の最重要テーマ14 (マイナビ将棋BOOKS)
04月18日 夢の華 山田修司詰将棋作品集 (プレミアムブックス版)
04月18日 振り飛車ワールド1、2 (プレミアムブックス版)
04月15日 NHK将棋講座 2017年5月号 [雑誌] (NHKテキスト)
04月14日 常識破りの新戦法 矢倉左美濃急戦 基本編 (マイナビ将棋BOOKS)
04月14日 詰将棋の達人 (マイナビ将棋文庫)
04月13日 理想を現実にする力 (朝日新書)
04月11日 名棋士の対局に学ぶ詰め&必死:次の一手問題 (将棋パワーアップシリーズ)
04月03日 将棋世界 2017年5月号
04月02日 将棋棋士・総合格闘技選手・競馬騎手・競輪選手: 勝負をきわめる仕事

応援してくださる将棋サイト

将棋のブログの人気記事


ブログパーツ