このブログにおける、2016年度名局賞候補 - 将棋のブログ

将棋のブログ ホーム » 本日の将棋の話題 » このブログにおける、2016年度名局賞候補

このブログにおける、2016年度名局賞候補

先日、このブログの記事で2016年度の名局賞候補をお伺いしたのですが、善意ある読者の方々から以下の対局を教えて頂きました!(上から二つは私の意見)

○第42期棋王戦五番勝負第1局 渡辺明棋王vs千田翔太六段

○第43期女流名人戦五番勝負第5局 里見香奈女流名人vs上田初美女流三段

○第37回JT杯準々決勝 佐藤康光九段vs三浦弘行九段

○第75期A級順位戦8回戦 佐藤康光九段vs深浦康市九段

○第64期王座戦準決勝 糸谷哲郎八段vs稲葉陽八段

○第88期棋聖戦二次予選 深浦康市九段vs佐藤天彦名人


まだ他にも2016年度の対局で感動した対局がありましたら、本日3月27日の23時59分までにこの記事のコメント欄にて教えて頂ければ幸いです。

教えて頂いた対局をもとに、28日にアンケートを開始する予定です。

よろしくお願い致します。



関連記事
コメント
非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017-03-27 09:35 │ from -

No title

いつも阪田さんの面白い記事を読ませてもらっています。どうもありがとうございます。
名局賞は私はわからないのですが、升田幸三賞をアンケートで取ってもらいたいのですが、どうでしょう。
矢倉居角左美濃急戦がどれだけ支持されるか知りたいのです。コンピュータ発の戦法でも升田幸三賞を取っていいのか? 
意見が割れるところでしょうが、その度合いが知りたいです。

2017-03-27 20:11 │ from momonja

独善の選局ですが

いつも楽しませていただいています。

 「名局賞の候補は?」に、私も僭越ながらコメントをしたいなあと思っていたのですが……
締切が今夜一杯!ということで、焦ってめぼしい対局の棋譜を確認し、今、慌てて書き込んでいます。
 名局というより、熱戦・激闘という範疇に入ってしまうかもしれませんが、いくつか挙げさせてください。

 まず、女流棋戦で熱戦が多かったです。

・女流名人戦第5局 里見女流名人 対 上田女流三段
 阪田さんも挙げられていましたが、大熱戦、大激闘でした。

・倉敷藤花戦第3局 里見倉敷藤花 対 室谷女流二段
 室谷女流二段が苦しい棋勢ながら入玉に命運を託し、里見倉敷藤花が室谷玉を捉えられるかどうか、手に汗握る攻防が印象に残っています。


 私は羽生ファンでしたが、やはり名人位失冠の心の痛みが大きく、さらに、羽生三冠としては最大のスランプ(衰えたという説も完全に否定できません)で、振り返るのは気が進まない状態です。
 それに、名局と断言できる将棋もなかったような気がします。
 強いてあげるなら、

・名人戦第2局 佐藤天八段(当時) 対 羽生名人(当時)
 名人位の行方を左右した終盤の大逆転、痛恨の一局でしたが、中盤からの息の詰まる捻じり合いが凄まじかったです。

・王位戦第6局 羽生王位 対 木村八段
 これは「羽生三冠としての名局」。
 ボクシングでいう「ワン・ツー攻撃」がクリーンヒット

NHK杯でも熱戦が多かったです。
・3回戦 佐藤名人 対 渡辺竜王
 金1枚だけとなった佐藤名人の穴熊が金銀5枚のシェルターに再構築。
 嫌なイメージを敗者に植え付ける“佐藤天将棋”!

・準々決勝 佐藤天名人 対 永瀬拓矢六段
 「多少の駒損より飛車の成り込みの方が大きい」ということを実感させられた一局でした。

・佐藤和六段の“剣ヶ峰将棋”
 準々決勝の対村山NHK杯戦、準決勝の対橋本八段戦、決勝の佐藤康九段戦と、剣ヶ峰で堪える佐藤六段のしぶとさが光りました。
 
・準決勝 佐藤康九段対 佐藤天名人
 佐藤康九段の“先手角頭歩戦法”から力強い指し回し、特に67手目、後手から飛車先突破を見せられた△8六歩に対する▲7八飛にはビックリ!
 対する佐藤天名人もしぶとい指し回しで一歩も引かない。
 中終盤のせめぎ合いに頭がクラクラするほど。佐藤が佐藤天名人を振り切って決勝進出を決めた名局。

 あと、ややマイナーですが、
・女流王座戦2次予選 清水女流六段 対 香川女流三段
 「飛車を取ってみなさい!」というかのような清水女流六段の勝負手周辺のやり取りが面白かったです。
 どんな将棋だったかというと……私のブログの宣伝になってしまい恐縮ですが
http://blog.goo.ne.jp/ei666/e/379b06236edf43c70efd7ccea43b1b71
http://blog.goo.ne.jp/ei666/e/40691c15ea8feb6e3e742b5fc31cbad2
 をご覧ください。(本当は「その4」辺りまで書くつもりでしたが、さぼってしまいました)

 勢いで、たくさん候補局を上げてしまいましたが、アンケートの選択肢としてはどうなのかなと思うものが多く、それに、私ひとりがたくさんの候補をゴリ押しするのもバランスが悪いので、選択肢として、NHK杯の準決勝の「佐藤康九段対佐藤天名人戦」を推します。

2017-03-27 23:09 │ from 英 Edit

momonjaさんへ

おもしろいと思いますが、毎年4月1日に将棋大賞が発表されることを考えると時間的に厳しいと思います。今からでは選択肢を揃えるのが難しいのではないでしょうか。

2017-03-27 23:22 │ from 阪田

返信

鍵コメの方へ

コメントをありがとうございます。


英さんへ

たくさんの候補局を挙げて頂き、ありがとうございます。

選択肢もずいぶんと賑やかになりそうです。

和俊六段のNHK杯戦については、記憶に新しく、反響も大きそうだった橋本八段戦をピックアップさせて頂きます。

追記:NHK杯戦については、独断で和俊六段vs橋本八段と、イチオシされている「佐藤康九段対佐藤天名人戦」のみをピックアップさせていただきました。

2017-03-28 00:14 │ from 阪田

トラックバック

http://shogikisho.blog54.fc2.com/tb.php/4810-1d9cb098

将棋ニュース

新刊案内(amazon)


05月24日 おもしろいほどよくわかる羽生善治の将棋入門
05月24日 奇襲虎の巻 (マイナビ将棋文庫)
05月24日 将棋戦型別名局集5 中飛車名局集
05月23日 一冊で差がつく! 将棋 上達のコツ50 勝ち方がわかる本 (まなぶっく)
05月17日 1冊でわかる右四間飛車 その狙いと対策 (マイナビ将棋BOOKS)
05月17日 これだけで勝てる石田流のコツ (マイナビ将棋BOOKS)
05月11日 人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?―――最強の将棋AIポナンザの開発者が教える機械学習・深層学習・強化学習の本質
05月02日 将棋世界 2017年6月号
04月26日 最強の終盤 詰みと寄せの最重要手筋104 (マイナビ将棋BOOKS)
04月26日 徹底解明! 相振り飛車の最重要テーマ14 (マイナビ将棋BOOKS)
04月18日 夢の華 山田修司詰将棋作品集 (プレミアムブックス版)
04月18日 振り飛車ワールド1、2 (プレミアムブックス版)
04月15日 NHK将棋講座 2017年5月号 [雑誌] (NHKテキスト)
04月14日 常識破りの新戦法 矢倉左美濃急戦 基本編 (マイナビ将棋BOOKS)
04月14日 詰将棋の達人 (マイナビ将棋文庫)
04月13日 理想を現実にする力 (朝日新書)
04月11日 名棋士の対局に学ぶ詰め&必死:次の一手問題 (将棋パワーアップシリーズ)
04月03日 将棋世界 2017年5月号
04月02日 将棋棋士・総合格闘技選手・競馬騎手・競輪選手: 勝負をきわめる仕事
03月24日 よくわかる将棋・基本戦法 居飛車編 (マイナビ将棋BOOKS)
03月24日 徹底解明! 先手中飛車の最重要テーマ局面20 (マイナビ将棋BOOKS)
03月24日 トマホーク解体新書
03月16日 将棋殺人事件 (講談社文庫)
03月16日 NHK 将棋講座 2017年 04 月号 [雑誌]
03月15日 「次の一手」で覚える 将棋 序・中盤の手筋 (マイナビ将棋文庫)
03月15日 すぐに使えてすぐ勝てる! 将棋・振り飛車破り基本戦法 (マイナビ将棋BOOKS)
03月08日 人工知能の核心 (NHK出版新書)
03月03日 将棋世界 2017年 04 月号 [雑誌]

応援してくださる将棋サイト

将棋のブログの人気記事


ブログパーツ