第67回NHK杯(丸山九段vs佐々木四段)の感想 - 将棋のブログ

将棋のブログ ホーム » NHK杯 » 第67回NHK杯(丸山九段vs佐々木四段)の感想

第67回NHK杯(丸山九段vs佐々木四段)の感想

4月2日に放送された第67回NHK杯1回戦(丸山忠久九段vs佐々木大地四段)は、79手で佐々木大地四段が勝ちました。

棋譜は下記の公式サイトでご覧下さい。(月曜日に更新されます)

NHK杯テレビ将棋トーナメント


<感想>
戦型は後手の丸山九段が4手目角交換からの一手損角換わり。丸山九段、得意の戦型。以下、両者が早繰り銀に構える進行。

佐々木四段が43手▲7五歩(△同銀)▲7四歩と手筋の桂頭攻めを見せると、丸山九段は少考後に△4四銀。歩切れになったとはいえ、桂得となった佐々木四段。丸山九段が時間を使っていたことからも、佐々木四段が一本取っていたようには見えました。

次の丸山九段の48手△4九角は、如何にも角の使い方が巧い人の角打ち。

矢倉の左金に狙いを付けるその角打ちは経験を必要とするようで、定跡書などで時々目にするものの、実際に自分で使ってみると平均台を歩いているような感覚になり、うまくいったためしがほとんどない、難しい角打ちのひとつ。

さて、丸山九段も先手陣にアヤをつけ、接戦にはなっていたのですが、佐々木四段の63手▲7二とが丸山九段の8一の飛車を窮地に追い込む好手だったらしく、次第に先手良しがハッキリしてきて、79手を見た丸山九段は粘ることなく、あっさりと投了しました。

大盤解説では聞き手の藤田女流が「突然の投了」と言われていましたが、そのタイミングがまた如何にも丸山九段らしかったです。(14時過ぎに投了していた何年か前の竜王戦を思い出した)

指し手には棋風というものが出るものだと、つくづくとそう思いました。

さて、新鋭の佐々木四段は大盤解説を務めていた師匠(深浦九段)の前で、元名人に勝ちきる頼もしい指しまわし。

若い力が躍動するのか、ベテラン勢がそうはさせじと踏ん張るのか、NHK杯は今年度も盛り上がること、まちがいなしっ!


<コンピュータの形勢判断>
第67回NHK杯1回戦第1局 形勢評価グラフ
※青色は激指14七段+、赤色はGPS将棋
※コンピュータの判断が正しいわけではありません。



関連記事
コメント
非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017-04-02 17:47 │ from -

鍵コメの方へ

ご指摘、ありがとうございます。

2017-04-02 18:04 │ from 阪田

トラックバック

http://shogikisho.blog54.fc2.com/tb.php/4826-df486145

将棋ニュース

新刊案内(amazon)


11月27日 よろこんでいきる まいにちひふみん
11月15日 相振り飛車で勝つための18の心得 (マイナビ将棋BOOKS)
11月15日 これだけで勝てる 角交換振り飛車のコツ (マイナビ将棋BOOKS)
11月11日 すぐに覚えられる特製将棋付 頭がよくなる詰将棋ドリル
10月27日 花まる学習会式 スタート将棋BOOK (バラエティ)
10月25日 菅井ノート 相振り編
10月25日 定跡無用の突進戦法 野獣流攻める矢倉&右四間飛車 (マイナビ将棋文庫)
10月17日 これが決定版! 相中飛車徹底ガイド (マイナビ将棋BOOKS)
10月17日 三間飛車新時代 (マイナビ将棋BOOKS)
10月12日 棋力判定テスト (将棋パワーアップシリーズ)
10月03日 将棋ワンダーランド: ぴあムック
10月03日 将棋世界 2017年11月号
09月30日 はじめての こども将棋ドリル (6週間で基本をマスター!)
09月29日 天才 藤井聡太
09月29日 [新装版]ひふみんの将棋入門
09月27日 中学生プロ棋士列伝
09月25日 大内延介名局集 (プレミアムブックス版)
09月25日 「次の一手」で覚える 将棋・終盤の手筋436 (マイナビ将棋文庫)
09月25日 中原VS米長全局集
09月21日 完全版 看寿賞作品集 ※Kindle版
09月15日 NHK将棋講座 2017年10月号 [雑誌] (NHKテキスト)
09月14日 1冊で全てわかる 角交換四間飛車 その狙いと対策 (マイナビ将棋BOOKS)
09月14日 規格外の新戦法 矢倉左美濃急戦 最新編 (マイナビ将棋BOOKS)
09月08日 中学生棋士 (角川新書)
09月01日 羽生善治の将棋「次の一手」150題
09月01日 将棋世界 2017年 10 月号 [雑誌]

応援してくださる将棋サイト

将棋のブログの人気記事


ブログパーツ