藤井聡太四段 炎の七番勝負第4局の感想 - 将棋のブログ

将棋のブログ ホーム » プロ将棋 » 藤井聡太四段 炎の七番勝負第4局の感想

藤井聡太四段 炎の七番勝負第4局の感想

4月2日にAbemaTVで放送された藤井聡太四段 炎の七番勝負第4局(VS中村太地六段)は、117手で藤井聡太四段が勝ちました。七番勝負は現在、藤井四段の3勝1敗。

第5局は4月9日(日)の19時からAbemaTVで放送されます。

<対戦相手>
第1局 増田康宏四段(藤井四段の勝ち)
第2局 永瀬拓矢六段(永瀬六段の勝ち)
第3局 斎藤慎太郎六段(藤井四段の勝ち)
第4局 中村太地六段(藤井四段の勝ち)
第5局 深浦康市九段(4月9日)
第6局 佐藤康光九段(4月16日)
第7局 羽生善治三冠(4月23日)


<ニュース記事>

将棋・藤井聡太四段またも勝利 若手棋士4人に3勝1敗 中村太地六段「とても強い力」


<感想>
対局相手の中村六段は番組でも言ってましたが、第1回電王戦の際にコンピュータの手を盤上で再現する役として、対局者で師匠の米長永世棋聖から抜擢され一気に有名になった印象。

その後、タイトル戦にも二度登場し、奪取こそなりませんでしたが(どちらも相手は羽生三冠)、現在は強い二十代の棋士の一人として有名。

さて、本局は藤井四段先手の角換わり。第2局と第3局では同じ20代の強い棋士達が、居飛車党なのに中飛車に振る変化球を見せましたが、中村六段はスタイルを崩さず居飛車で真っ向勝負。このあたりは、勝負術に個性が現れているようで、とてもおもしろいです。

中盤は鈴木八段が三指に入る攻めの棋風の解説していた中村六段の方から早めの仕掛け。しかし、5四に腰掛けていた銀が6三→5二と自陣に引き返す展開となり、どうやら先にペースを握っていたのは藤井四段。

それでも中村六段の第二次攻撃が開始されると、その猛攻を見て藤井四段もやや正確性を欠いたのか、大盤解説では中村六段の挽回ムード。

ところがどの手が疑問手だったのか。大盤では84手△6五金が緩い旨の解説でしたが、確かにそこから藤井四段の反撃が始まり、95手▲2一歩成~▲2二と(タダ捨ての好手)と進むと、解説の鈴木八段は「いいものを見ましたね」と藤井四段の勝利を認定。

これで、藤井四段は精鋭を相手に3勝1敗。あとひとつ勝てば勝ちこし決定。すごいことになってきました。残る相手が幾ら有名なA級棋士3名でも、一つくらいは勝っても全く不思議ではない気がするのですが、はたしてどうなるのでしょうか?

藤井四段が予想以上に強くておもしろいので、来週の第5局もまた応援します。


<コンピュータの形勢判断>
炎の七番勝負第4局 形勢評価グラフ
※青色は激指14七段+、赤色はGPS将棋
※コンピュータの判断が正しいわけではありません。



関連記事
コメント
非公開コメント

No title

>予想以上に強くておもしろい

ほんまこれですね。今日は19時からコメ欄閉じて、
Abemaにかじりついてました。
その甲斐があった、というべき将棋でしたね。
藤井四段は、炎の七番勝負だけではないですが、
毎回のように驚きの一手というか、そういうものを見せてくれる所も好きです。
次の深浦先生の対局も、勝ってほしいですね。高望みかな?(笑)

2017-04-03 01:36 │ from near

Re:

解説を見ていると、強くて有名な棋士が時々驚くので、本当にすごいんでしょうね。

東西の王子を連破したくらいなので、相手が誰であっても、結構な確率で一発が入りそうに見えますよ。

2017-04-03 16:44 │ from 阪田

トラックバック

http://shogikisho.blog54.fc2.com/tb.php/4827-79d93fc9

将棋ニュース

新刊案内(amazon)


12月14日 全戦型対応版 永瀬流負けない将棋 (マイナビ将棋BOOKS)
12月14日 初手から分かる! 将棋・序盤のセオリー (マイナビ将棋BOOKS)
12月11日 竹俣紅ファーストフォトエッセイ タイトル未定
12月11日 どんどん強くなる こども詰将棋1手詰め
12月11日 楽しみながら強くなる!羽生義治の子ども将棋入門
12月01日 将棋世界 2018年1月号
11月28日 初心者から中級者まで楽しめる 1手・3手・5手の詰将棋
11月28日 ゆめまぼろし百番 (プレミアムブックス版)
11月27日 楽しく覚えよう! 羽生善治の将棋ビギナーズガイド3 上達編
11月27日 楽しく覚えよう! 羽生善治の将棋ビギナーズガイド2 基本編
11月27日 楽しく覚えよう! 羽生善治の将棋ビギナーズガイド1 入門編
11月27日 よろこんでいきる まいにちひふみん
11月24日 超攻撃的振り飛車 新生・角頭歩戦法 (マイナビ将棋BOOKS)
11月23日 伝説の序章──天才棋士 藤井聡太
11月15日 永世名人直伝! 完全版 "自然流"詰将棋 (将棋連盟文庫)
11月15日 相振り飛車で勝つための18の心得 (マイナビ将棋BOOKS)
11月15日 これだけで勝てる 角交換振り飛車のコツ (マイナビ将棋BOOKS)
11月11日 すぐに覚えられる特製将棋付 頭がよくなる詰将棋ドリル
11月09日 天才棋士 加藤一二三 挑み続ける人生
11月02日 羽生善治の詰みと必至1分トレーニング
11月02日 将棋世界 2017年12月号
10月27日 花まる学習会式 スタート将棋BOOK (バラエティ)
10月25日 菅井ノート 相振り編
10月25日 定跡無用の突進戦法 野獣流攻める矢倉&右四間飛車 (マイナビ将棋文庫)
10月20日 豊川孝弘の将棋オヤジギャグ大全集
10月17日 これが決定版! 相中飛車徹底ガイド (マイナビ将棋BOOKS)
10月17日 三間飛車新時代 (マイナビ将棋BOOKS)
10月16日 NHK将棋講座 2017年11月号 [雑誌] (NHKテキスト)
10月12日 棋力判定テスト (将棋パワーアップシリーズ)
10月11日 天彦流 中盤戦術―「局面の推移」と「形勢」で読みとく (NHK将棋シリーズ)
10月06日 藤井聡太 天才はいかに生まれたか (NHK出版新書 532)
10月03日 将棋ワンダーランド: ぴあムック
10月03日 将棋世界 2017年11月号

応援してくださる将棋サイト

将棋のブログの人気記事


ブログパーツ