第67回NHK杯(畠山八段vs増田四段)の感想 - 将棋のブログ

将棋のブログ ホーム » NHK杯 » 第67回NHK杯(畠山八段vs増田四段)の感想

第67回NHK杯(畠山八段vs増田四段)の感想

4月16日に放送された第67回NHK杯1回戦(畠山成幸八段vs増田康宏四段)は、66手で増田康宏四段が勝ちました。

棋譜は下記の公式サイトでご覧下さい。(月曜日に更新されます)

NHK杯テレビ将棋トーナメント


<感想>
畠山成幸八段は将棋界唯一の双子の棋士。弟は畠山鎮七段。

増田四段は2016年度の新人王戦での優勝者。その実績で、本戦シードだったとのこと。

さて、本局は畠山八段先手で相掛かりの出だしとなりました。畠山八段の飛車の引き場所は2八。

43手で畠山八段が長考していたことから、その時にはすでに増田四段ペースになっていたのかもしれません。

畠山八段の45手▲5六角が飛車取りと2筋からの飛車先突破を睨む、両狙いの一手でしたが、増田四段の飛車を7五にかわした手と50手△3六歩の組み合わせが絶妙で、形勢はハッキリと増田四段優勢。

今にして思えば増田四段の58手△5五飛も寄せを見据えていた鋭い一手で、そこから数手後に増田四段が手持ちの飛車を敵陣に打ち込むと、あっという間の寄せでした。11時30分頃に66手で早い終局。投了図以下は即詰み。

さすが新人王戦優勝者と思わせるシャープな指し回しでした。


さて、17日に行われる藤井四段vs千田六段のNHK杯戦が話題になっています。放送は1ヶ月先らしいのですが、藤井四段のデビュー連勝記録が更新中であるため、その情報の扱いはどうなるのかが焦点になっています。本当にどうなるのでしょう?

来週は桐山九段が登場するので、その対局も非常に楽しみだったりします。(対局相手は飯島七段、解説は豊川七段)


<コンピュータの形勢判断>
第67回NHK杯1回戦第3局 形勢評価グラフ
※青色は激指14七段+、赤色はGPS将棋
※コンピュータの判断が正しいわけではありません。

関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://shogikisho.blog54.fc2.com/tb.php/4853-338911b1

将棋ニュース

新刊案内(amazon)


05月24日 おもしろいほどよくわかる羽生善治の将棋入門
05月24日 奇襲虎の巻 (マイナビ将棋文庫)
05月24日 将棋戦型別名局集5 中飛車名局集
05月23日 一冊で差がつく! 将棋 上達のコツ50 勝ち方がわかる本 (まなぶっく)
05月17日 1冊でわかる右四間飛車 その狙いと対策 (マイナビ将棋BOOKS)
05月17日 これだけで勝てる石田流のコツ (マイナビ将棋BOOKS)
05月11日 人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?―――最強の将棋AIポナンザの開発者が教える機械学習・深層学習・強化学習の本質
05月02日 将棋世界 2017年6月号
04月26日 最強の終盤 詰みと寄せの最重要手筋104 (マイナビ将棋BOOKS)
04月26日 徹底解明! 相振り飛車の最重要テーマ14 (マイナビ将棋BOOKS)
04月18日 夢の華 山田修司詰将棋作品集 (プレミアムブックス版)
04月18日 振り飛車ワールド1、2 (プレミアムブックス版)
04月15日 NHK将棋講座 2017年5月号 [雑誌] (NHKテキスト)
04月14日 常識破りの新戦法 矢倉左美濃急戦 基本編 (マイナビ将棋BOOKS)
04月14日 詰将棋の達人 (マイナビ将棋文庫)
04月13日 理想を現実にする力 (朝日新書)
04月11日 名棋士の対局に学ぶ詰め&必死:次の一手問題 (将棋パワーアップシリーズ)
04月03日 将棋世界 2017年5月号
04月02日 将棋棋士・総合格闘技選手・競馬騎手・競輪選手: 勝負をきわめる仕事
03月24日 よくわかる将棋・基本戦法 居飛車編 (マイナビ将棋BOOKS)
03月24日 徹底解明! 先手中飛車の最重要テーマ局面20 (マイナビ将棋BOOKS)
03月24日 トマホーク解体新書
03月16日 将棋殺人事件 (講談社文庫)
03月16日 NHK 将棋講座 2017年 04 月号 [雑誌]
03月15日 「次の一手」で覚える 将棋 序・中盤の手筋 (マイナビ将棋文庫)
03月15日 すぐに使えてすぐ勝てる! 将棋・振り飛車破り基本戦法 (マイナビ将棋BOOKS)
03月08日 人工知能の核心 (NHK出版新書)
03月03日 将棋世界 2017年 04 月号 [雑誌]

応援してくださる将棋サイト

将棋のブログの人気記事


ブログパーツ