将皇で遊んでみた - 将棋のブログ

将棋のブログ ホーム » 余談 » 将皇で遊んでみた

将皇で遊んでみた

将皇投了図


ブラウザで遊べるコンピュータ将棋ゲーム「将皇」で遊んでみました。

将棋ゲーム 将皇
参考:http://www14.big.or.jp/~ken1/application/shogi.html

まず最初に、私の環境だけかどうかは知りませんが、Chrome(クローム)では正常に動かなかったため、IE(インターネットエクスプローラ)で試してみたところ、正常に作動しました。

それで、たぶん「LV3」というのが最強レベルだと思うのですが、それを相手に5局を指してきました。結果は下の通り。

第1局 137手(消費時間10分07秒)先手番中飛車
第2局 129手(消費時間6分31秒)ノーマル三間飛車
第3局 078手(消費時間5分59秒)ゴキゲン中飛車
第4局 130手(消費時間12分02秒)相三間飛車
第5局 071手(消費時間2分19秒)相中飛車

全部、私は振り飛車で、奇数の手数で終局している対局は私が先手です。

つまり、私の全勝。

第1局は初手合いで負けたくないので、慎重に指しました。

第4局は終盤で「ヤバイか!?」と思っていたのですが、対局後に激指14で検討したところ、中盤以降はずっと私の優勢もしくは勝勢だったらしいです。

こんな将棋を指しています、くらいの意味合いで第4局と第5局の棋譜を添付しておきます。



※棋譜を見るにはFlashを動かせる環境が必要です。

さて、将皇の棋力ですが、私の体感だと最強の「LV3」で将棋倶楽部24の10級くらいだと思いました。正確なところは、将棋倶楽部24の10級くらいの人たちに聞かないとわかりませんが、真剣に指せば、10回に1回も負けない自信はあります。

きのあ将棋の「強さ200」の方が明らかに強いと思いました。

しかし、強さとおもしろさは別物で、将皇の強さは多くの将棋ファンに愛される棋力だと思いました。対戦相手としてのコンピュータ将棋は、頑張ればなんとか勝てるくらいの強さが、最適だと思うからです。

実際、私が将皇LV3と対局した時、将皇LV3の最近1000局の成績は350勝650敗でした。

やっぱり、みんな、勝ちたいんだなって、そう思いました。当たり前です。

「将棋ゲーム 将皇」は多くの将棋ファンにとって良き練習相手になってくれると思います。

ハム将棋を卒業した方は、次の練習相手として「将皇」と遊んでみるのも良いのではないでしょうか。


追記:締まらない話ですが、激指14は六段以上だと第4局の112手の局面を詰み有りと判定。(高速27手詰め、最短19手詰め)
しかしそのおかげで、コンピュータ特有のレベル不相応の詰まし方をしない、自然な強さを再現していることもわかった次第。
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://shogikisho.blog54.fc2.com/tb.php/4857-4e5a6814

将棋ニュース

新刊案内(amazon)


08月28日 天才棋士降臨・藤井聡太 炎の七番勝負と連勝記録の衝撃
08月28日 これだけで勝てる 相振り飛車のコツ (マイナビ将棋BOOKS)
08月18日 矢倉の基本 ~駒組みと考え方~ (マイナビ将棋BOOKS)
08月18日 使える詰み筋が身につく! 詰将棋トレーニング210 (マイナビ将棋文庫)
07月27日 大山VS米長全局集
07月27日 対振りの秘策 完全版 飯島流引き角戦法 (マイナビ将棋文庫)
07月18日 完全版 森下の対振り飛車熱戦譜 (プレミアムブックス版)
07月14日 りゅうおうのおしごと! 6 (GA文庫)
07月14日 横歩取りで勝つ 攻めの最強手筋ガイド (マイナビ将棋BOOKS)
07月14日 角換わりの新常識 ▲4八金・2九飛型徹底ガイド (マイナビ将棋BOOKS)
07月07日 将棋DVD 攻めて強くなる戸辺流中飛車
07月03日 将棋世界 2017年8月号
06月29日 9マス将棋の本
06月24日 オレたち将棋ん族〈エピソード3〉
06月23日 将棋戦型別名局集6 横歩取り名局集
06月23日 サクサク解ける 詰将棋練習帳 風の巻 (マイナビ将棋文庫)
06月21日 Disney/Pixar どこでもマグネットブック カーズしょうぎ (ディズニー幼児絵本(書籍))
06月16日 NHK将棋講座 2017年7月号 [雑誌] (NHKテキスト)
06月14日 堅陣で圧勝! 対振り銀冠穴熊
06月14日 将棋・序盤完全ガイド 相振り飛車編 (マイナビ将棋BOOKS)

応援してくださる将棋サイト

将棋のブログの人気記事


ブログパーツ