第75期名人戦第2局の感想 - 将棋のブログ

将棋のブログ ホーム » プロ将棋 » 第75期名人戦第2局の感想

第75期名人戦第2局の感想

4月20日・21日に行われた第75期名人戦七番勝負第2局(佐藤天彦名人vs稲葉陽八段)は、72手で佐藤天彦名人が勝ちました。

この結果、七番勝負は1勝1敗になりました。第3局は5月1日・2日に長崎県西海市で行われます。

<タイムライン>
第75期将棋名人戦七番勝負(朝日新聞)


<感想>
稲葉八段先手で矢倉模様の力戦形となった本局、稲葉八段の封じ手(29手)は▲6六銀でした。前日のニコ生で高橋九段が推奨していた一手。

封じ手の段階では、両対局者ともにあまり良いとは思っていなかったようです。

しかし、稲葉八段が昼前に指した35手▲3五歩は勝負手とも解説されていた手で(AbemaTVの佐藤慎一五段がそう解説していた)、その時には既に名人の流れだったということでしょうか。

以降、攻める名人、受ける挑戦者の構図となり、62手△2七歩成で挑戦者の飛車を生け捕り名人勝勢。

結局、名人の玉は居玉のまま動くことはなく、終わってみれば72手で第一局と同じ手数で、名人が反撃の1勝。内容も第1局は挑戦者の快勝でしたが、第2局は名人の快勝でした。つまり、今のところは全くの互角の勝負。

第2局で名人が負けると防衛が厳しい旨を加藤九段がおっしゃっていましたが、名人が五分に戻したことで、七番勝負がいよいよおもしろくなってきたと言えます。

第3局では再び横歩取りが出るのかどうか!?(それを見たい・笑)

名人戦21年ぶりの20代対決となった第75期名人戦第3局は全将棋ファン必見です!

名人戦を伝えてくれるAbemaTVもニコ生も朝日新聞のタイムラインも、全部最高です。


<コンピュータの形勢判断>
第75期名人戦第2局 形勢評価グラフ
※青色は激指14七段+、赤色はGPS将棋
※コンピュータの判断が正しいわけではありません。

関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://shogikisho.blog54.fc2.com/tb.php/4863-49696eb8

将棋ニュース

新刊案内(amazon)


05月24日 おもしろいほどよくわかる羽生善治の将棋入門
05月24日 奇襲虎の巻 (マイナビ将棋文庫)
05月24日 将棋戦型別名局集5 中飛車名局集
05月23日 一冊で差がつく! 将棋 上達のコツ50 勝ち方がわかる本 (まなぶっく)
05月17日 1冊でわかる右四間飛車 その狙いと対策 (マイナビ将棋BOOKS)
05月17日 これだけで勝てる石田流のコツ (マイナビ将棋BOOKS)
05月11日 人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?―――最強の将棋AIポナンザの開発者が教える機械学習・深層学習・強化学習の本質
05月02日 将棋世界 2017年6月号
04月26日 最強の終盤 詰みと寄せの最重要手筋104 (マイナビ将棋BOOKS)
04月26日 徹底解明! 相振り飛車の最重要テーマ14 (マイナビ将棋BOOKS)
04月18日 夢の華 山田修司詰将棋作品集 (プレミアムブックス版)
04月18日 振り飛車ワールド1、2 (プレミアムブックス版)
04月15日 NHK将棋講座 2017年5月号 [雑誌] (NHKテキスト)
04月14日 常識破りの新戦法 矢倉左美濃急戦 基本編 (マイナビ将棋BOOKS)
04月14日 詰将棋の達人 (マイナビ将棋文庫)
04月13日 理想を現実にする力 (朝日新書)
04月11日 名棋士の対局に学ぶ詰め&必死:次の一手問題 (将棋パワーアップシリーズ)
04月03日 将棋世界 2017年5月号
04月02日 将棋棋士・総合格闘技選手・競馬騎手・競輪選手: 勝負をきわめる仕事
03月24日 よくわかる将棋・基本戦法 居飛車編 (マイナビ将棋BOOKS)
03月24日 徹底解明! 先手中飛車の最重要テーマ局面20 (マイナビ将棋BOOKS)
03月24日 トマホーク解体新書
03月16日 将棋殺人事件 (講談社文庫)
03月16日 NHK 将棋講座 2017年 04 月号 [雑誌]
03月15日 「次の一手」で覚える 将棋 序・中盤の手筋 (マイナビ将棋文庫)
03月15日 すぐに使えてすぐ勝てる! 将棋・振り飛車破り基本戦法 (マイナビ将棋BOOKS)
03月08日 人工知能の核心 (NHK出版新書)
03月03日 将棋世界 2017年 04 月号 [雑誌]

応援してくださる将棋サイト

将棋のブログの人気記事


ブログパーツ