藤井聡太四段 炎の七番勝負第7局(vs羽生善治三冠)の感想 - 将棋のブログ

将棋のブログ ホーム » プロ将棋 » 藤井聡太四段 炎の七番勝負第7局(vs羽生善治三冠)の感想

藤井聡太四段 炎の七番勝負第7局(vs羽生善治三冠)の感想

4月23日にAbemaTVで放送された藤井聡太四段 炎の七番勝負第7局(VS羽生善治三冠)は、111手で藤井聡太四段が勝ちました。藤井四段の6勝1敗で炎の七番勝負は終了。

<対戦相手>
第1局 増田康宏四段(藤井四段の勝ち)
第2局 永瀬拓矢六段(永瀬六段の勝ち)
第3局 斎藤慎太郎六段(藤井四段の勝ち)
第4局 中村太地六段(藤井四段の勝ち)
第5局 深浦康市九段(藤井四段の勝ち)
第6局 佐藤康光九段(藤井四段の勝ち)
第7局 羽生善治三冠(藤井四段の勝ち)


<ニュース記事>
将棋・藤井聡太四段 羽生善治三冠に勝利!「炎の七番勝負」6勝1敗の快挙


<感想>
楽しかった企画もいよいよラストバトル。

そして、最後は将棋界最強の棋士が登場。

全将棋ファンが楽しみにしていた一局でしたが、運営の方も楽しみにしていたのか、本局に限り持ち時間が各2時間(秒読み60秒)と、これまでの倍になっていました。

大盤解説も解説の阿久津八段と聞き手の中村女流の他、佐藤名人がゲストで登場。運営サイドの気合の入り様が伝わってきました。 

公の舞台ではこれが初手合いで、どのような戦型になるのかが最初の楽しみでしたが、戦型は藤井四段先手の角換わり。

24手で▲4五桂と跳ねる最近プロ間で流行っている形で、34手の局面は昨年の竜王戦第1局の32手の局面に1筋の端歩の突き合いが入ったもの。つまり新しい形。

先日配信された獅子王戦では羽生三冠が藤井システムを使っていました。つまり古い形。そのあたりも、いろいろと想像が掻き立てられて、なんとなくおもしろかったりします。

中盤は角桂と金の交換で羽生三冠が駒得ながらも歩切れで、形勢不明の難解な局面が続いており。羽生三冠の後手陣は生角二枚が玉の守りを固める見たこともない形。

藤井四段の攻めがじりじりと羽生三冠の玉頭に圧力をかける展開になり、藤井四段が65手▲4五歩といよいよ羽生三冠の後手陣に襲いかかると、羽生三冠が66手△9五桂と待望の反撃。

ところが、それに対して藤井四段が67手▲8六歩と軽い受けの手筋を見せると、羽生三冠は68手△4五歩と自陣に手を戻し、佐藤名人と阿久津八段のダブル解説はその一手が出るようでは藤井四段の有利どころではないとする雰囲気。

そこからはあっという間に後手玉を守っていた角金銀四枚がはがされて、これは幾ら羽生三冠でも・・、という局面になりました。

そして藤井四段の的確な寄せですぐに羽生三冠の玉が必至のような局面になり、このまま王手を一回も掛けられずに羽生三冠が負けるのだろうかと思いきや、98手△6九金の王手~100手△3九飛の王手詰めろ逃れの大技を繰り出し、もしかして先手玉を寄せるのではないかと思うくらい羽生三冠が王手ラッシュで棋神の反撃。

しかし、逆転にはわずかに及ばず、なんと新四段の藤井四段が羽生三冠に勝利で七番勝負はエンディング。

6勝1敗、この結果を予想した人は、かなり少なかったのではないでしょうか。(斎藤七段戦の勝ちっぷりから、結構勝ちそうな気はしましたが、まさかそこから全部勝つとは思いませんでした・笑)

炎の七番勝負は、藤井四段の大活躍によりサプライズがてんこ盛りで、とてもおもしろかったです。1ヶ月半にわたり嬉しい気持ちになれる、いいものを観戦させて頂きました。


<コンピュータの形勢判断>
炎の七番勝負第7局 形勢評価グラフ
※青色は激指14七段+、赤色はGPS将棋
※コンピュータの判断が正しいわけではありません。


関連記事
コメント
非公開コメント

うーん強い!!

七番勝負の前は勝ち越したら凄いだろうなーと漠然した予想をしてましたが、6勝も上げるとは全く思わなかったです。

良い刺激になりました。
おかげさまで興奮して全く眠れません(笑)

2017-04-24 02:17 │ from しきな Edit

Re:うーん強い!!

同じですよ。私も始まる前は、相手が強過ぎると思っていました。

すごい結果に嬉しくなりますよね。

2017-04-24 11:59 │ from 阪田

No title

お久しぶりです。ついに神企画終わりましたね!

結果、嬉しすぎて言いたいことは色々とあるのですが、一番言いたいことだけ…
この企画終わってからの次の楽しみがほしい!!(切実)
26日の平藤先生との対局はモバイル中継…も良いんですが、やっぱり解説付きの動画で見たいんですよね…
どっか、また企画してくれませんかね~
藤井四段を酷使するつもりはないんですが、すっかりハマっちゃいました(笑)

ただ、やってほしくないのは、AIと対局させることです。
AI対AIで競うのは良いけど、公開対局での人間対AIはもはや不毛だと思っています。
練習相手とか、研究に使われるべきだと思いますので。

2017-04-24 18:17 │ from near

nearさんへ

公式戦の方が早速すごいことになっていて、今度はそちらの方を全力で応援です!

私は藤井四段が1年目で公式戦をどこまで闘うのか、それが非常に興味深かったりします。

2017-04-24 23:27 │ from 阪田

トラックバック

http://shogikisho.blog54.fc2.com/tb.php/4866-f768a245

将棋ニュース

新刊案内(amazon)


07月14日 横歩取りで勝つ 攻めの最強手筋ガイド (マイナビ将棋BOOKS)
07月14日 角換わりの新常識 ▲4八金・2九飛型徹底ガイド (マイナビ将棋BOOKS)
06月23日 将棋戦型別名局集6 横歩取り名局集
06月23日 サクサク解ける 詰将棋練習帳 風の巻 (マイナビ将棋文庫)
06月21日 Disney/Pixar どこでもマグネットブック カーズしょうぎ (ディズニー幼児絵本(書籍))
06月14日 堅陣で圧勝! 対振り銀冠穴熊
06月14日 将棋・序盤完全ガイド 相振り飛車編 (マイナビ将棋BOOKS)
05月24日 おもしろいほどよくわかる羽生善治の将棋入門
05月24日 奇襲虎の巻 (マイナビ将棋文庫)
05月24日 将棋戦型別名局集5 中飛車名局集
05月23日 一冊で差がつく! 将棋 上達のコツ50 勝ち方がわかる本 (まなぶっく)
05月19日 不動心論
05月17日 1冊でわかる右四間飛車 その狙いと対策 (マイナビ将棋BOOKS)
05月17日 これだけで勝てる石田流のコツ (マイナビ将棋BOOKS)
05月12日 村山慈明の居飛車対振り飛車 知って得する序盤術 (NHK将棋シリーズ)
05月11日 人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?―――最強の将棋AIポナンザの開発者が教える機械学習・深層学習・強化学習の本質
05月02日 棋士とAIはどう戦ってきたか~人間vs.人工知能の激闘の歴史 (新書y)
05月02日 将棋世界 2017年6月号
04月28日 史上最年少記録を塗り替えた強さの秘密 藤井聡太四段 14歳プロは羽生を超えるか【文春e-Books】
04月26日 最強の終盤 詰みと寄せの最重要手筋104 (マイナビ将棋BOOKS)
04月26日 徹底解明! 相振り飛車の最重要テーマ14 (マイナビ将棋BOOKS)
04月18日 夢の華 山田修司詰将棋作品集 (プレミアムブックス版)
04月18日 振り飛車ワールド1、2 (プレミアムブックス版)
04月15日 NHK将棋講座 2017年5月号 [雑誌] (NHKテキスト)
04月14日 常識破りの新戦法 矢倉左美濃急戦 基本編 (マイナビ将棋BOOKS)
04月14日 詰将棋の達人 (マイナビ将棋文庫)
04月13日 理想を現実にする力 (朝日新書)
04月11日 名棋士の対局に学ぶ詰め&必死:次の一手問題 (将棋パワーアップシリーズ)
04月03日 将棋世界 2017年5月号
04月02日 将棋棋士・総合格闘技選手・競馬騎手・競輪選手: 勝負をきわめる仕事

応援してくださる将棋サイト

将棋のブログの人気記事


ブログパーツ