名局について考えた - 将棋のブログ

将棋のブログ ホーム » 余談 » 名局について考えた

名局について考えた

西遊棋のツイッターにて、糸谷八段が名局についてつぶやかれているのは、ご存知の方も多いのではないでしょうか。下記はそのリンクを過去のものから順に並べたものです。

https://twitter.com/kansaishogi/status/850904141459202048

https://twitter.com/kansaishogi/status/850905031960182784

https://twitter.com/kansaishogi/status/850905708849528832

https://twitter.com/kansaishogi/status/850906216553369600

https://twitter.com/kansaishogi/status/850907564636123136

https://twitter.com/kansaishogi/status/850908817592205312

https://twitter.com/kansaishogi/status/850910330410508288

https://twitter.com/kansaishogi/status/850915347897110528

https://twitter.com/kansaishogi/status/850916582586961920

https://twitter.com/kansaishogi/status/850917578969038848


一応、何日かかけて5回くらい繰り返して読んだのですが、「名局の条件はある程度知られた対局であること」と「棋譜は時間の経過と共にそこから得られる感動が変わってくる」の2点が強調されているように解釈しました。

他にも前例と似通っているものや、超越しているものは評価されにくい旨が書かれているようです。

どれもがそうなのだろうと素直にそう思いますし、竜王になったことがある方の名局に対する考えを知ることができるのは、とても有意義です。


私は名局の選定を考える時、それが名曲や名画の選定と似ている部分が多いように思うことがあります。

その選定基準はいずれも、初期の頃はその道の権威ある人の意思が大きく反映し、次第に大衆の意思が大きく影響するようになっていったように思います。

ですから、技量的な面で見ると昔の名局と言われた棋譜の方が、今の名局と言われる棋譜よりも卓越したものが数多く見られるのだろうと思います。

多くの将棋ファンに知られている第38回NHK杯(加藤九段vs羽生五段)は61手52銀が有名で、我々はその手に魅了されているのですが、加藤九段がその対局のことを話す時、52銀はどうでもよく、43手▲4八玉を好手だったと熱く語られていました。

素人の価値観と達人の価値観がかけ離れていることを示す、おもしろいシーンでした。

羽生三冠は解説の米長永世棋聖が52銀を強調したため、その手が有名になった旨を話していました。

つまり、我々素人に指し手や対局の感動を伝える、解説者の役割も小さくないのだろうと、つくづくそう思いました。

棋譜が生ものであるように、名局を決める選定基準もまた、時間によって変化する生ものなのかもしれません。

名局を対局者が主になってつくることは今も昔も変わりませんが、それ以外にも偶発的な要素が幾つもあり、それらはどれもが意図してできるものではなく、我々将棋ファンも何の意図することもなく、ただ観戦しているだけで、知らず知らずのうちに名局づくりにかかわっているのかもしれない、そんなことを考えました。

関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://shogikisho.blog54.fc2.com/tb.php/4890-a8fa3d95

将棋ニュース

新刊案内(amazon)


05月16日 やさしくてよくわかる はじめての将棋レッスン: たのしく覚えてみるみる上達する!
05月15日 どんどん強くなる こども詰め将棋 5手詰め
05月10日 棋士という生き方 (イースト新書Q)
05月08日 プロが書けない 「将棋界」
05月02日 将棋世界 2018年6月号
04月30日 谷川浩司全集I 名人就位まで (プレミアムブックス版)
04月30日 谷川浩司全集II 名人復位まで (プレミアムブックス版)
04月28日 プロが書けない「将棋界」
04月26日 藤井聡太語録 言葉から紐解く若き天才の思考術 (DIA Collection)
04月23日 振り飛車の核心 “さばき"の基本手筋 (マイナビ将棋BOOKS)
04月20日 勝負師 - 将棋・囲碁作品集 (中公文庫)
04月19日 完全木製版 デラックス将棋
04月16日 NHK 将棋講座 2018年 05 月号 [雑誌]
04月16日 プロ棋士完全名鑑 (コスミックムック)
04月14日 親子で楽しむはじめての将棋 (NHK将棋シリーズ)
04月11日 角換わり 初段の常識
04月11日 詰将棋の鉄人 (マイナビ将棋文庫)
04月11日 戦慄の▲7七金! 奇襲・きんとうん戦法 (マイナビ将棋BOOKS)
04月03日 将棋世界 2018年5月号
03月29日 (図書館版)一点突破: 岩手高校将棋部の勝負哲学
03月29日 頭の良い子は将棋で育つ (幻冬舎新書)
03月26日 ひふみんの将棋の一二三
03月26日 大山VS中原全局集
03月26日 解いて強くなろう! 将棋ビギナーズドリル 入門編1
03月26日 解いて強くなろう! 将棋ビギナーズドリル 入門編2
03月23日 将棋めし 3 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
03月22日 史上初の詰飛車問題集
03月21日 天才!奇才!プロ棋士超百科 将棋編
03月20日 ひふみんの将棋の一二三
03月16日 将棋ぴあ: ぴあムック
03月16日 NHK 将棋講座 2018年 04 月号 [雑誌]
03月15日 藤井聡太はAIに勝てるか? (光文社新書)
03月14日 りゅうおうのおしごと! 8 (GA文庫)
03月14日 将棋AIで学ぶディープラーニング
03月13日 全問実戦型! 3手5手詰トレーニング (将棋連盟文庫)
03月13日 四間飛車 序盤の指し方完全ガイド
03月13日 将棋の序盤でやってはいけない手
03月13日 これだけで勝てる 将棋 終盤のコツ (マイナビ将棋BOOKS)
03月09日 将棋の渡辺くん(3) (ワイドKC 週刊少年マガジン)
03月09日 どんどん強くなる こども詰め将棋3手詰め
03月06日 頂へ 藤井聡太を生んだもの
03月02日 将棋世界 2018年4月号
02月27日 将棋世界Special愛蔵版『永世七冠 羽生善治のすべて』 (マイナビムック)
02月26日 振り飛車最前線 対中飛車 角道不突き左美濃 (マイナビ将棋BOOKS)
02月26日 徹底解明!横歩取りの最重要テーマ (マイナビ将棋BOOKS)
02月24日 永世七冠 羽生善治
02月21日 鬼才伝説(仮) - 私の将棋風雲録 (単行本)
02月21日 羽生善治の将棋入門 ジュニア版
02月20日 マンガと図解で早わかり 強くなる! こども将棋入門
02月19日 羽生善治の将棋入門 ジュニア版
02月16日 NHK将棋講座 2018年3月号 [雑誌] (NHKテキスト)
02月15日 相掛かりの新常識 (マイナビ将棋BOOKS)
02月15日 【増補改訂版】将棋・序盤完全ガイド 振り飛車編 (マイナビ将棋BOOKS)
02月02日 弟子・藤井聡太の学び方
02月02日 将棋世界 2018年3月号

応援してくださる将棋サイト

将棋のブログの人気記事


ブログパーツ