第75期名人戦第4局の感想 - 将棋のブログ

将棋のブログ ホーム » プロ将棋 » 第75期名人戦第4局の感想

第75期名人戦第4局の感想

5月16日・17日に行われた第75期名人戦七番勝負第4局(佐藤天彦名人vs稲葉陽八段)は、142手で佐藤天彦名人が勝ちました。

この結果、七番勝負は2勝2敗のタイ。第5局は5月26日・27日に岡山県倉敷市で行われます。


<タイムライン>
第75期将棋名人戦七番勝負(朝日新聞)


<感想>
稲葉八段先手で角換わりとなり、先手は腰掛銀、後手は右玉に進展した本局。

佐藤名人が68分を考えて封じた一手(54手)は△3六歩でした。前日からプロが予想していた手のひとつ。

初日から形勢は名人有利と言われていましたが、2日目に入って指し手は進むのですが、しばらくは競り合う状況が続いていました。

17時頃に名人が指した92手△8四銀、その一手が好手らしいのですが、ニコ生大盤解説ではそれを好手としながらも、Ponanzaの形勢判断も含めてまだ互角と判断されていました。

しかし、次の稲葉八段の93手▲4六飛、その手を境にニコ生のPonanzaを始めとしたコンピュータは一斉に後手(名人)優勢と判断。

そこから2~3手進んだ局面では、糸谷八段や豊島八段をはじめとした検討陣も名人優勢で一致していたようです。

ただ、優勢にはなっても名人の残り時間が少なく、稲葉八段が粘る展開になり、まだまだ緊迫した状況が続いていました。

しかし、佐藤名人は形勢を損ねることはなく、最後は稲葉八段に厳しく攻める手がなくなり勝負あり。

佐藤名人は20日に電王戦を控えており、ここで1勝3敗となると流れがかなり悪くなっていたように思うのですが、ここでタイに戻せたことは大きかったような気がします。

本局は右玉を真似したくなるような、名人の素晴らしい指しまわしだったと思います。


<コンピュータの形勢判断>
第74期名人戦第4局 形勢評価グラフ
※青色は激指14七段+、赤色はelmo
※コンピュータの判断が正しいわけではありません。


関連記事
コメント
非公開コメント

No title

これで名人戦2勝2敗ですね。
このまま3勝3敗まで進んで七番勝負にもつれ込んだら、
2011年以来6年ぶりという事なので、その意味でも期待したいです。
20代同士ということもあり、ここで稲葉名人誕生ということになると、
佐藤名人にとって、終生のライバル誕生という感じもしてきます。

2017-05-18 07:47 │ from near

いつも楽しくブログ拝読してます
AIによる形勢判断なのですが、1000点以内の細かい変動をもっと詳しく見たいので、
もし見やすくなるならば嬉しいなあと思いました

2017-05-18 14:28 │ from ななしさん

返信

nearさんへ

番勝負はフルセットまで行った方が盛り上がりますもんね。ここまで4局、随分競っていますので、可能性はじゅうぶんあると思います。


ななしさんへ

確かにプロ将棋は1000点以下が興味深いですよね。グラフが縦長になるので、今のところ実現が難しそうですが、ご意見があったことは覚えておきます。

2017-05-18 17:01 │ from 阪田

No title

名人戦ここまで後手番勝ちが続いていますね。この後の流れはどうなるでしょうか。

佐藤天名人は電脳戦の準備か、コンピュータの影響か、従来の将棋定跡から離れた意欲的な指し方をされている気がします。

2017-05-19 20:40 │ from 大山十五.三世

大山十五.三世さんへ

確かにずっと後手番が勝つ不思議なシリーズになっていますよね。

2017-05-19 21:55 │ from 阪田

トラックバック

http://shogikisho.blog54.fc2.com/tb.php/4913-d38f2996

将棋ニュース

新刊案内(amazon)


12月14日 全戦型対応版 永瀬流負けない将棋 (マイナビ将棋BOOKS)
12月14日 初手から分かる! 将棋・序盤のセオリー (マイナビ将棋BOOKS)
12月11日 竹俣紅ファーストフォトエッセイ タイトル未定
12月11日 どんどん強くなる こども詰将棋1手詰め
12月11日 楽しみながら強くなる!羽生義治の子ども将棋入門
12月01日 将棋世界 2018年1月号
11月28日 初心者から中級者まで楽しめる 1手・3手・5手の詰将棋
11月28日 ゆめまぼろし百番 (プレミアムブックス版)
11月27日 楽しく覚えよう! 羽生善治の将棋ビギナーズガイド3 上達編
11月27日 楽しく覚えよう! 羽生善治の将棋ビギナーズガイド2 基本編
11月27日 楽しく覚えよう! 羽生善治の将棋ビギナーズガイド1 入門編
11月27日 よろこんでいきる まいにちひふみん
11月24日 超攻撃的振り飛車 新生・角頭歩戦法 (マイナビ将棋BOOKS)
11月23日 伝説の序章──天才棋士 藤井聡太
11月15日 永世名人直伝! 完全版 "自然流"詰将棋 (将棋連盟文庫)
11月15日 相振り飛車で勝つための18の心得 (マイナビ将棋BOOKS)
11月15日 これだけで勝てる 角交換振り飛車のコツ (マイナビ将棋BOOKS)
11月11日 すぐに覚えられる特製将棋付 頭がよくなる詰将棋ドリル
11月09日 天才棋士 加藤一二三 挑み続ける人生
11月02日 羽生善治の詰みと必至1分トレーニング
11月02日 将棋世界 2017年12月号
10月27日 花まる学習会式 スタート将棋BOOK (バラエティ)
10月25日 菅井ノート 相振り編
10月25日 定跡無用の突進戦法 野獣流攻める矢倉&右四間飛車 (マイナビ将棋文庫)
10月20日 豊川孝弘の将棋オヤジギャグ大全集
10月17日 これが決定版! 相中飛車徹底ガイド (マイナビ将棋BOOKS)
10月17日 三間飛車新時代 (マイナビ将棋BOOKS)
10月16日 NHK将棋講座 2017年11月号 [雑誌] (NHKテキスト)
10月12日 棋力判定テスト (将棋パワーアップシリーズ)
10月11日 天彦流 中盤戦術―「局面の推移」と「形勢」で読みとく (NHK将棋シリーズ)
10月06日 藤井聡太 天才はいかに生まれたか (NHK出版新書 532)
10月03日 将棋ワンダーランド: ぴあムック
10月03日 将棋世界 2017年11月号

応援してくださる将棋サイト

将棋のブログの人気記事


ブログパーツ