加古川青流戦(藤井聡太四段vs竹内雄悟四段)、18連勝の感想 - 将棋のブログ

将棋のブログ ホーム » プロ将棋 » 加古川青流戦(藤井聡太四段vs竹内雄悟四段)、18連勝の感想

加古川青流戦(藤井聡太四段vs竹内雄悟四段)、18連勝の感想

5月18日に行われた第7期加古川青流戦(藤井聡太四段vs竹内雄悟四段)は、120手で藤井聡太四段が勝ちました。藤井四段はデビュー連勝記録を18連勝に更新。また、連勝記録も歴代7位タイとなりました。

藤井四段の次局は5月25日の第30期竜王戦6組ランキング戦決勝で、対局の相手は近藤誠也五段。

<トーナメント表>
第7期加古川青流戦(日本将棋連盟)


<ヤフーニュース>
将棋・藤井聡太四段、連勝記録を「18」に更新 歴代連勝記録7位タイ 次戦は25日


<藤井四段の公式戦成績>
01.12月24日 加藤九段に勝利(竜王戦6組)
02.01月26日 豊川七段に勝利(棋王戦予選)
03.02月09日 浦野八段に勝利(竜王戦6組)
04.02月23日 浦野八段に勝利(NHK杯予選)
05.02月23日 北浜八段に勝利(NHK杯予選)
06.02月23日 竹内四段に勝利(NHK杯予選)
07.03月01日 有森七段に勝利(王将戦1次予選)
08.03月10日 大橋四段に勝利(新人王戦)
09.03月16日 所司七段に勝利(竜王戦6組)
10.03月23日 大橋四段に勝利(棋王戦予選)
11.04月04日 小林七段に勝利(王将戦1次予選)
12.04月13日 星野四段に勝利(竜王戦6組)
13.04月17日 千田六段に勝利(NHK杯1回戦)
14.04月26日 平藤七段に勝利(棋王戦予選)
15.05月01日 金井六段に勝利(竜王戦6組)
16.05月04日 横山アマに勝利(新人王戦)
17.05月12日 西川六段に勝利(王将戦1次予選)
18.05月18日 竹内四段に勝利(加古川青流戦)←NEW!


<感想>
本局の模様はAbemaTVで生中継されていたのですが、本局もまた対局前から、報道陣の数がものすごいことになっていました。

藤井四段が初手(後手番なので2手目)を指すと、バシャバシャバシャッと嵐のようなフラッシュ音。新人棋士があれだけの報道陣に囲まれているのは初めて見ましたし、聞いたこともありません。

さて、本局の戦型は先手の竹内四段が中飛車。対して藤井四段は居飛車で3四歩を突かない端角でした。中飛車対策の新しい形らしいです。

藤井四段の34手△6五桂で戦いが始まり、そこからすぐに終盤に突入する激しい変化になるのかとも思われたのですが、藤井四段はその変化は選ばず、少しだけ緩やかになる変化を選択。

そのあたりからしばらくは、解説の屋敷九段と深浦九段、対局者の竹内四段、そして将棋ソフトの形勢判断が一致していたことから、どうやら中盤は竹内四段のペースになっていたようです。

しかし、飛車をさばき合った局面まで進むと、先に相手陣に飛車を打ち下ろした藤井四段にペースは変わっていた模様。

自陣に飛車を打ち下ろされた竹内四段は少考。その間、対局室の模様が映し出されたのですが、藤井四段のそばに置かれていたお盆の上にのっていたのは、お茶などの飲み物と不二家の「LOOK」チョコレート!

視聴者がその美味しい味を思い出したのか、チャット欄が異様なほどに「LOOK」で盛り上がっていました・・。(そういう些細なことで盛り上がるのは、将棋番組ではよくあること)

それはさておき、終盤は藤井四段ペースとなり、お馴染みのものすごい寄せでそのまま終わるのかと思いきや、そこからは竹内四段の終盤術も素晴らしく、1分将棋にもなったこともあり、かなり際どい勝負になっていました。

藤井四段の後手玉が危うくなり、凌ぐ手順が解説されていたその時、藤井四段が指したのは守りの一手ではなく、相手玉を端から狙う92手△1五歩!

大盤解説のA級棋士二人(屋敷九段と深浦九段)が、攻めの手を指していたことに驚愕していました。

そこからも、藤井四段の後手玉はかなり危うい状況になっていたのですが、自玉の安全をまるで神技で読み切り、攻防手を連発する凄まじさで、本当にすごかったです。

最後はまだまだ藤井四段の後手玉が危ないように解説されていましたが、先手の竹内四段は潔く早めの投了。A級棋士の二人は投了後の解説に困惑気味でしたが、もう勝てないと判断する何かが対局者には見えていたのかもしれません。

本局も藤井四段の強さは素晴らしく、その中・終盤力を存分に魅せてくれた一局だったと思います。

藤井四段はデビュー戦から半年も経たずに、連勝記録歴代ベスト10に名を連ねることとなりました。本当にすごい新人が現れたものです。

藤井四段の次局は、第30期竜王戦6組ランキング戦決勝と舞台もこれまでと比べると大きくなり、相手も近藤五段と強いことで注目されている若手の精鋭。

連勝記録は別にしても注目の一局ですが、なんと!

ニコ生だけではなく、AbemaTVでも生中継されるようです!

こんなすごい対局を、次から次にプロの解説付きで観れるなんて、本当にもう、幸せです。


<コンピュータの形勢判断>
第7期加古川青流戦 藤井四段vs竹内四段 形勢評価グラフ
※青色は激指14七段+、赤色はelmo
※コンピュータの判断が正しいわけではありません。


関連記事
コメント
非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017-05-18 18:15 │ from -

鍵コメの方へ

教えて頂き、ありがとうございます。

2017-05-18 18:18 │ from 阪田

No title

【祝】藤井四段デビュー後18連勝!

竹内四段が早めに投了した時、真っ先に思い浮かんだのは
「藤井四段に対する終盤の信用力はとんでもないな…」ということでした。
竹内四段は、藤井四段がここから間違う事はないと思ったのではないか、と。
「終盤に対する信用力」を既に身に付けているのだとしたら、
まさに望外流です。

ところでLOOK、うちのオカンがテレビ観てて(リビングでFirestickTVを使ってAbemaTVを観ていました)
なんと箱買いしてきました!
これから出勤のお供になりそうです(笑)

2017-05-19 00:28 │ from near

nearさんへ

藤井四段が終盤で悪くしたのは見たことないですもんね。

LOOKのお話、熱烈な応援があっていることが伝わってきました。

2017-05-19 07:40 │ from 阪田

トラックバック

http://shogikisho.blog54.fc2.com/tb.php/4914-6ecd79d8

将棋ニュース

新刊案内(amazon)


12月14日 全戦型対応版 永瀬流負けない将棋 (マイナビ将棋BOOKS)
12月14日 初手から分かる! 将棋・序盤のセオリー (マイナビ将棋BOOKS)
12月11日 竹俣紅ファーストフォトエッセイ タイトル未定
12月11日 どんどん強くなる こども詰将棋1手詰め
12月11日 楽しみながら強くなる!羽生義治の子ども将棋入門
11月28日 ゆめまぼろし百番 (プレミアムブックス版)
11月27日 楽しく覚えよう! 羽生善治の将棋ビギナーズガイド3 上達編
11月27日 楽しく覚えよう! 羽生善治の将棋ビギナーズガイド2 基本編
11月27日 楽しく覚えよう! 羽生善治の将棋ビギナーズガイド1 入門編
11月27日 よろこんでいきる まいにちひふみん
11月24日 超攻撃的振り飛車 新生・角頭歩戦法 (マイナビ将棋BOOKS)
11月23日 伝説の序章──天才棋士 藤井聡太
11月15日 永世名人直伝! 完全版 "自然流"詰将棋 (将棋連盟文庫)
11月15日 相振り飛車で勝つための18の心得 (マイナビ将棋BOOKS)
11月15日 これだけで勝てる 角交換振り飛車のコツ (マイナビ将棋BOOKS)
11月11日 すぐに覚えられる特製将棋付 頭がよくなる詰将棋ドリル
11月09日 天才棋士 加藤一二三 挑み続ける人生
11月02日 羽生善治の詰みと必至1分トレーニング
11月02日 将棋世界 2017年12月号
10月27日 花まる学習会式 スタート将棋BOOK (バラエティ)
10月25日 菅井ノート 相振り編
10月25日 定跡無用の突進戦法 野獣流攻める矢倉&右四間飛車 (マイナビ将棋文庫)
10月20日 豊川孝弘の将棋オヤジギャグ大全集
10月17日 これが決定版! 相中飛車徹底ガイド (マイナビ将棋BOOKS)
10月17日 三間飛車新時代 (マイナビ将棋BOOKS)
10月16日 NHK将棋講座 2017年11月号 [雑誌] (NHKテキスト)
10月12日 棋力判定テスト (将棋パワーアップシリーズ)
10月11日 天彦流 中盤戦術―「局面の推移」と「形勢」で読みとく (NHK将棋シリーズ)
10月06日 藤井聡太 天才はいかに生まれたか (NHK出版新書 532)
10月03日 将棋ワンダーランド: ぴあムック
10月03日 将棋世界 2017年11月号

応援してくださる将棋サイト

将棋のブログの人気記事


ブログパーツ