第30期竜王戦6組決勝(近藤誠也五段vs藤井聡太四段)、19連勝の感想 - 将棋のブログ

将棋のブログ ホーム » プロ将棋 » 第30期竜王戦6組決勝(近藤誠也五段vs藤井聡太四段)、19連勝の感想

第30期竜王戦6組決勝(近藤誠也五段vs藤井聡太四段)、19連勝の感想


5月25日に行われた第30期竜王戦6組ランキング戦決勝(近藤誠也五段vs藤井聡太四段)は、102手で藤井聡太四段が勝ちました。6組で優勝した藤井四段は決勝トーナメントに進出。デビュー連勝記録も19連勝に更新。また、「デビュー以来」以外も含む全ての連勝記録で歴代単独7位となりました。

藤井四段の次局は6月2日の棋王戦予選決勝で、対局の相手は澤田真吾六段。

<トーナメント表>
第30期竜王戦6組ランキング戦(日本将棋連盟)


<ヤフーニュース>
14歳藤井四段が19連勝 羽生3冠ら抜く歴代単独7位に 中学生初の竜王戦決勝T進出

14歳藤井四段、夕食勝負メシはチャーシューメン


<藤井四段の公式戦成績>
01.12月24日 加藤九段に勝利(竜王戦6組)
02.01月26日 豊川七段に勝利(棋王戦予選)
03.02月09日 浦野八段に勝利(竜王戦6組)
04.02月23日 浦野八段に勝利(NHK杯予選)
05.02月23日 北浜八段に勝利(NHK杯予選)
06.02月23日 竹内四段に勝利(NHK杯予選)
07.03月01日 有森七段に勝利(王将戦1次予選)
08.03月10日 大橋四段に勝利(新人王戦)
09.03月16日 所司七段に勝利(竜王戦6組)
10.03月23日 大橋四段に勝利(棋王戦予選)
11.04月04日 小林七段に勝利(王将戦1次予選)
12.04月13日 星野四段に勝利(竜王戦6組)
13.04月17日 千田六段に勝利(NHK杯1回戦)
14.04月26日 平藤七段に勝利(棋王戦予選)
15.05月01日 金井六段に勝利(竜王戦6組)
16.05月04日 横山アマに勝利(新人王戦)
17.05月12日 西川六段に勝利(王将戦1次予選)
18.05月18日 竹内四段に勝利(加古川青流戦)
19.05月25日 近藤五段に勝利(竜王戦6組決勝)←NEW!


<感想>
本局はニコ生、AbemaTV、将棋プレミアムが対局を生中継する、ものすごい注目度。

藤井四段の対局はデビュー戦からずっと注目度が高く、連勝記録が更新されるたびにその注目度は雪だるま式にものすごいことになっているのですが、本局は将棋界最高賞金額の棋戦で、勝てば本戦進出になることや、相手が期待の新鋭の近藤五段でしたので、連勝記録を別にしても個人的にはかなり楽しみな一局でした。

さて、本局の戦型は近藤五段先手の相掛かり。近藤五段の得意戦法のひとつらしく、AbemaTVの大盤解説で飯塚七段が対局前に予想していました。

序盤のポイントとなったのが近藤五段の31手▲2五歩。△同歩▲同銀で棒銀の銀を五段目に進めようとする、悪い手とはとても思えない強気な一手。

ところがいよいよ五段目に出たはずの近藤五段の銀が、藤井四段の華麗なテクニックで1六の蚊帳の外に追いやられ、局面は藤井四段ペース。

中盤ですごかったのが、横歩をバリバリ取りまくっている藤井四段の飛車を、近藤五段が61手▲3七歩で追い返そうとしたのですが、藤井四段は3六の飛車を逃がさず、62手△5五角!

先手が3六の飛車を取ろうと3七の歩を動かせば、打った角で相手の2八の飛車を素抜ける仕組み。

しかもその角が、別の方角では相手の玉付近も睨み、自陣の一番守りたい地点にも利いている最高のポジション。

その後もニコ生大盤解説の永瀬六段が「すごい」を繰り返す好手を連発し、夕食休憩前には藤井四段優勢の局面になっていました。

終盤は藤井四段の後手陣はほとんど手付かずの状態で、攻めては天使の跳躍、ダンスの歩が次々と炸裂する一方的な展開で、19時40分頃の早めの終局となりました。

対局後に押し寄せる報道陣。対局室の床が抜け落ちるのではないかと心配したくなるくらいのすごい人数で、インタビューの声は鳴り響くシャッター音で聞こえない状況。

なにもかもがすごいことになっていて、見ているだけでも、とても楽しかったりします。

それにしても、炎の七番勝負の時の羽生三冠戦での指しまわしもすごかったのですが、本局が一番強く見えました。

竜王戦は確か、過去に6組から挑戦者になった人は居なかったと思うのですが、藤井四段が「ひょっとして・・」を思わせる強さであることは事実。

藤井四段の決勝トーナメント初戦の相手は5組優勝の増田四段。増田四段側から見ると、炎の七番勝負の時のリベンジマッチになっており、とても楽しみな一局。

次局の相手の澤田六段も王位戦の挑戦者争いをしている強い棋士で、その対局も楽しみ。

本局は対局の内容も素晴らしかったですし、複数のサイトで中継されていて、他の解説はどうなっているのだろうと観るのが忙しく、とても楽しい時間を過ごさせて頂きました。


<コンピュータの形勢判断>
第30期竜王戦6組決勝 形勢評価グラフ
※青色は激指14七段+、赤色はelmo
※コンピュータの判断が正しいわけではありません。

関連記事
コメント
非公開コメント

No title

【祝】19連勝!!!
いやー、強い勝ち方でしたね。
私としては、快刀乱麻を断つ終盤を見たかったのが本音なんですが、
そんなんどうでもよくなるぐらいに、序盤から押してましたね。
右隅の銀飛歩香たちが切なく存在していたのが印象的でした。

近藤五段とやる前は、デビュー以来最難関かと思っていたので、
完勝を見れて一安心です。
次の6月2日、澤田先生との対局は関西将棋会館であると思いますが、
この方も王位戦勝ち進んでる強敵なので、良い対局を期待しています。

2017-05-26 00:11 │ from near

nearさんへ

対局前は結構、接戦になると思っていたのですが、終わってみれば一方的でした。銀を撤退させる手順も、△5五角も、ダンスの歩も、本当にすごかったですね。澤田六段も強い棋士なので、接戦が予想されますが、どうなるのか楽しみですね。

2017-05-26 09:48 │ from 阪田

トラックバック

http://shogikisho.blog54.fc2.com/tb.php/4931-57331062

将棋ニュース

新刊案内(amazon)


11月27日 よろこんでいきる まいにちひふみん
11月15日 相振り飛車で勝つための18の心得 (マイナビ将棋BOOKS)
11月15日 これだけで勝てる 角交換振り飛車のコツ (マイナビ将棋BOOKS)
11月11日 すぐに覚えられる特製将棋付 頭がよくなる詰将棋ドリル
10月27日 花まる学習会式 スタート将棋BOOK (バラエティ)
10月25日 菅井ノート 相振り編
10月25日 定跡無用の突進戦法 野獣流攻める矢倉&右四間飛車 (マイナビ将棋文庫)
10月20日 豊川孝弘の将棋オヤジギャグ大全集
10月17日 これが決定版! 相中飛車徹底ガイド (マイナビ将棋BOOKS)
10月17日 三間飛車新時代 (マイナビ将棋BOOKS)
10月16日 NHK将棋講座 2017年11月号 [雑誌] (NHKテキスト)
10月12日 棋力判定テスト (将棋パワーアップシリーズ)
10月11日 天彦流 中盤戦術―「局面の推移」と「形勢」で読みとく (NHK将棋シリーズ)
10月06日 藤井聡太 天才はいかに生まれたか (NHK出版新書 532)
10月03日 将棋ワンダーランド: ぴあムック
10月03日 将棋世界 2017年11月号
09月30日 はじめての こども将棋ドリル (6週間で基本をマスター!)
09月29日 3月のライオン 13 (ヤングアニマルコミックス)
09月29日 天才 藤井聡太
09月29日 [新装版]ひふみんの将棋入門
09月27日 中学生プロ棋士列伝
09月25日 大内延介名局集 (プレミアムブックス版)
09月25日 「次の一手」で覚える 将棋・終盤の手筋436 (マイナビ将棋文庫)
09月25日 中原VS米長全局集
09月21日 完全版 看寿賞作品集 ※Kindle版
09月15日 NHK将棋講座 2017年10月号 [雑誌] (NHKテキスト)
09月14日 1冊で全てわかる 角交換四間飛車 その狙いと対策 (マイナビ将棋BOOKS)
09月14日 規格外の新戦法 矢倉左美濃急戦 最新編 (マイナビ将棋BOOKS)
09月08日 中学生棋士 (角川新書)
09月01日 羽生善治の将棋「次の一手」150題
09月01日 将棋世界 2017年 10 月号 [雑誌]

応援してくださる将棋サイト

将棋のブログの人気記事


ブログパーツ