elmoと技巧2とGPSfishとBONANZA6、あと激指14の強さについて語ってみた - 将棋のブログ

将棋のブログ ホーム » 余談 » elmoと技巧2とGPSfishとBONANZA6、あと激指14の強さについて語ってみた

elmoと技巧2とGPSfishとBONANZA6、あと激指14の強さについて語ってみた

elmo対技巧2

第27回世界コンピュータ将棋選手権で優勝したelmo。

今、一番強いコンピュータ将棋ですが、本当に強いです。

数年前まで最強クラスのソフトだった激指14、BONANZA6、GPS将棋が弱く見えるくらい強いです。(いずれも、人間が勝つのは不可能に近いと思いたくなるソフト)

それで、世界コンピュータ将棋選手権で3位だった技巧2との強さの差はどのくらいなのか、景気よく100局ほど対局させてみました。

結果はelmo(エンジンはYaneuraOu2017Early KPPT4.57)の64勝36敗でした。

世界コンピュータ将棋選手権では1勝1敗だったので、まあ、そのくらいの勝敗で妥当なのかなと、思った次第。(※技巧2も恐ろしく強い)


ところで、数年前まで最強ソフトだったGPSfishとBONANZA6の強さの差についても調べてみました。

作業の一連の流れは下の通り。

64bitのPCでGPSfishをダウンロード後対局 → GPSfishが動かない(時間だけが過ぎて行く)
 ↓
再起動後に対局 → GPSの18勝14敗
 ↓
意外に差がないのは、GPSが32bit用のプログラムだからなのだろうかと疑問を持つ
 ↓
32bitのPCで100局を自動対局
 ↓
GPSの67勝33敗
 ↓
念のため64bitで再び対局 → GPSの24勝8敗
 ↓
こうなったら100局までやろうとみたび64bitで対局
 ↓
GPSの30勝6敗

結果としては64bitでもGPSの72勝28敗でした。

ただ、こういう流れを体験すると、GPSは再起動するたびに強くなるのだろうかと、わけのわからんことを考えてしまった次第。

念のために書いておきますと、GPSfishは三浦九段に勝利した恐ろしいソフトで、BONANZA6はそれをチューンアップしたボンクラーズが米長永世棋聖に勝利し、Puellaαが塚田九段と引き分けた恐ろしいソフトです。

なお、どうでもいいことですが、私が「32」という数字にこだわるのは、将棋倶楽部24のレート計算式の影響です。(昔、将棋倶楽部24依存症だったものですから・笑)


それで、開発用のソフトが使うPCによって強さが変わるのは有名な話で、実際は100倍を探索させても100点か150点しか変わらないと思うのですが(過去にBONANZA2で実験済)、また、同じPCで走らせているので強さの差はどれでやっても変わらない気もするのですが、とにかく、他の人のPCではどういう勝敗が真実なのだろうと気になり、少しばかり調査してみました。


すると、なんか、すごいデータに行き当たりました。下のサイトです。

コンピュータ将棋 レーティング(uuunuuun氏が運営)


かなり気合が入ったデータで、将棋関連でこれほどの資料は久しぶりに見た気がします。

この方のデータによるとelmo vs 技巧2は、

elmoの69勝31敗1分
elmoの65勝33敗2分
elmoの69勝31敗

と私の調査結果と似たような数値が出ているようです。


そして、「大樹の枝」を3250点とした場合、レートは

やねうらelmo → 3964
技巧2 → 3792
激指14Pro+ → 3004
GPSfish → 2884
BONANZA6 → 2739
BONANZA1.2 → 2123

と算出されているらしいです。

GPSfishとBONANZA6のレート差も150点ほどで、私が調査した結果と近いと思います。

上記サイトには他のフリーソフトのレートも記載されてあって、非常におもしろく、しばらく見入ってしまいました。

なお、大樹の枝を3250点とした場合のレートなので、将棋倶楽部24のレートとは全くの別物です。

大樹の枝は将棋倶楽部24のレートだと3500~3600くらいはあると思います。また、BONANZAの開発者がBONANZA1の将棋倶楽部24でのレートが2400だった旨をそのホームページに書いています。

テキトーですが、BONANZA6が将棋倶楽部24で3200付近くらいではないでしょうか。(それをチューンアップしたbonkrasが3364点まで到達し、点数の見合う相手が居ないのでそこまでしか伸ばせませんでした。)

それはともかく、非常におもしろいデータで、おかげで私のPCで強さの差を調査しても、近い数値になることがわかりました。


私のPCでやっている時、elmoは形勢判断の正確さはズバ抜けているのですが、詰みに関しては技巧2や激指14よりも劣っているらしく、それが原因で負けているのを何度も目撃しました。(十数手先の詰みを見落としているので、形勢判断が少しおかしい、そういう感じ)

そのあたり、PCの性能を上げても、elmoだけでなく他のソフトの読みの深さも上がるので、同じことなのだろうかと疑問に思った次第。


激指14についても少しだけ書きますと、激指は序盤をパッパッと指すのですが、自分の形勢が悪いことに気付くと、異常に時間を使って考え出したりします。激指は昔からそういうノリで、その思考動作は人間っぽい気もするのですが、何故に序盤で時間を使って考えないのだろうかと思う時はあります。(人間相手の時は時間を使わない方が良いですが、今となっては人間相手の時は全指し手1秒でも、勝てる人間が存在するとは思い難い)

他にもおもしろい実験をやっているので、書くことがまとまったら、もしかすると再び、コンピュータ将棋について書くかもしれません。

関連記事
コメント
非公開コメント

私はコンピューター関係が苦手なので、将棋所をパソコンに入れてもそこから使えるように将棋エンジンを入れて動かすまで操作するのはかなり苦労しました。
(GPSfishは何とか動きますが、技巧2とelmoはダメでした。)

私のような機械音痴には激指のような簡単にセットアップ出来る方が良いです。

そんな私でも、苦手でもパソコンに将棋所を入れようと思ったのは、このブログを見て刺激をうけたのが大きかったです。

2017-06-22 18:44 │ from しきな Edit

しきなさんへ

使い勝手が一番良いのはダントツで激指ですよね。

私も将棋の勉強用としてはもっぱら激指しか使わなかったりします。

2017-06-22 19:46 │ from 阪田

あれほど強いelmoでも全勝出来ないなんて驚きました。9割ぐらい勝つのかとおもってました。

2017-06-23 01:00 │ from あーる

あーるさんへ

技巧2もトップレベルの強さを持つソフトなので、それを相手だとさすがに7割弱くらいの勝率になるみたいですね。

2017-06-23 13:16 │ from 阪田

トラックバック

http://shogikisho.blog54.fc2.com/tb.php/4983-e20ae1a6

将棋ニュース

新刊案内(amazon)


10月17日 これが決定版! 相中飛車徹底ガイド (マイナビ将棋BOOKS)
10月17日 三間飛車新時代 (マイナビ将棋BOOKS)
09月30日 はじめての こども将棋ドリル (6週間で基本をマスター!)
09月29日 天才 藤井聡太
09月29日 [新装版]ひふみんの将棋入門
09月27日 中学生プロ棋士列伝
09月25日 大内延介名局集 (プレミアムブックス版)
09月25日 「次の一手」で覚える 将棋・終盤の手筋436 (マイナビ将棋文庫)
09月25日 中原VS米長全局集
09月21日 完全版 看寿賞作品集 ※Kindle版
09月15日 NHK将棋講座 2017年10月号 [雑誌] (NHKテキスト)
09月14日 1冊で全てわかる 角交換四間飛車 その狙いと対策 (マイナビ将棋BOOKS)
09月14日 規格外の新戦法 矢倉左美濃急戦 最新編 (マイナビ将棋BOOKS)
09月08日 中学生棋士 (角川新書)
09月01日 羽生善治の将棋「次の一手」150題
09月01日 将棋世界 2017年 10 月号 [雑誌]
08月31日 森信雄の強くなる! 将棋新格言40~入門から初段~
08月28日 天才棋士降臨・藤井聡太 炎の七番勝負と連勝記録の衝撃
08月28日 これだけで勝てる 相振り飛車のコツ (マイナビ将棋BOOKS)
08月25日 盤上のファンタジア:若島正詰将棋作品集
08月23日 藤井聡太 名人を越す少年
08月23日 将棋めし 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
08月22日 われ敗れたり - コンピュータ棋戦のすべてを語る (中公文庫)
08月21日 【第75期】将棋名人戦 七番勝負全記録『佐藤、初防衛』
08月21日 藤井聡太 新たなる伝説 (別冊宝島)
08月18日 矢倉の基本 ~駒組みと考え方~ (マイナビ将棋BOOKS)
08月18日 使える詰み筋が身につく! 詰将棋トレーニング210 (マイナビ将棋文庫)
08月10日 羽生三冠ロングインタビュー「藤井聡太四段の弱点が見えない」【文春e-Books】 ※Kindle版
08月08日 羽生善治はじめての子ども将棋 まんがイラストでよくわかる!
08月05日 次の一手 藤井聡太29連勝の軌跡(将棋世界2017年9月号付録)
08月03日 将棋世界 2017年9月号
08月01日 平成29年版 将棋年鑑 2017 ※Kindle版

応援してくださる将棋サイト

将棋のブログの人気記事


ブログパーツ