第67回NHK杯(山崎八段vs中村七段)の感想 - 将棋のブログ

将棋のブログ ホーム » NHK杯 » 第67回NHK杯(山崎八段vs中村七段)の感想

第67回NHK杯(山崎八段vs中村七段)の感想

7月16日に放送された第67回NHK杯1回戦(山崎隆之八段vs中村太地七段)は、108手で山崎隆之八段が勝ちました。

棋譜は下記の公式サイトでご覧下さい。(月曜日に更新されます)

NHK杯テレビ将棋トーナメント


<感想>
本局の対局者は、両者ともに将棋フォーカスの司会。

実に意外でしたが、初手合いとのこと。

本局は後手の山崎八段が2手目△3二金で、序盤から時間を使う相居飛車の力戦型になっていました。

先に仕掛けたのは後手の山崎八段。(44手△7五歩)

少し無理気味にも見えましたが、数手先の60手の局面では中村七段が本局で最も多い4回の考慮時間を使い、一旦受けてすぐに猛攻を開始したのですが、61手を境にコンピュータの評価値が先手持ちになり始め、もしかするとそこが本局のターニングポイントだったのかもしれません(ソフト推奨は▲5八玉)

それにしても、中村七段の猛攻はすごかったです。その棋風を「バランスの取れた」と評していた解説の森内九段も、「攻め将棋」と訂正していたほどの迫力ある攻めでした。(桂の成り捨てから龍を成り込ませる手順は本当にすごかった)

しかし、82手で山崎八段側に待望の金の両取り△7五桂(しかも、桂を成り込んだ先が玉のすぐ近く)が実現すると、継続手86手△5六桂打、相手の歩頭に打ったその桂馬が、解説の森内九段をも感心させる寄せの決め手で、中村七段の先手玉は一気に寄り形。

以下、二十数手続きましたが流れが変わることはなく、最後は長手数の即詰みで決めて山崎八段の勝利。

序盤から見たこともない形になった、山崎八段らしい一局だったと思います。


<コンピュータの形勢判断>
第67回NHK杯1回戦第16局
※青色は激指14七段+、赤色はelmo
※コンピュータの判断が正しいわけではありません。

関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://shogikisho.blog54.fc2.com/tb.php/5024-341195b4

将棋ニュース

新刊案内(amazon)


08月28日 天才棋士降臨・藤井聡太 炎の七番勝負と連勝記録の衝撃
08月28日 これだけで勝てる 相振り飛車のコツ (マイナビ将棋BOOKS)
08月23日 将棋めし 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
08月18日 矢倉の基本 ~駒組みと考え方~ (マイナビ将棋BOOKS)
08月18日 使える詰み筋が身につく! 詰将棋トレーニング210 (マイナビ将棋文庫)
07月29日 愛蔵版第75期将棋名人戦七番勝負
07月27日 大山VS米長全局集
07月27日 対振りの秘策 完全版 飯島流引き角戦法 (マイナビ将棋文庫)
07月18日 完全版 森下の対振り飛車熱戦譜 (プレミアムブックス版)
07月15日 NHK将棋講座 2017年8月号 [雑誌] (NHKテキスト)
07月14日 りゅうおうのおしごと! 6 (GA文庫)
07月14日 横歩取りで勝つ 攻めの最強手筋ガイド (マイナビ将棋BOOKS)
07月14日 角換わりの新常識 ▲4八金・2九飛型徹底ガイド (マイナビ将棋BOOKS)
07月07日 将棋DVD 攻めて強くなる戸辺流中飛車
07月03日 将棋世界 2017年8月号
06月29日 9マス将棋の本
06月24日 オレたち将棋ん族〈エピソード3〉
06月23日 将棋戦型別名局集6 横歩取り名局集
06月23日 サクサク解ける 詰将棋練習帳 風の巻 (マイナビ将棋文庫)
06月21日 Disney/Pixar どこでもマグネットブック カーズしょうぎ (ディズニー幼児絵本(書籍))
06月16日 NHK将棋講座 2017年7月号 [雑誌] (NHKテキスト)
06月14日 堅陣で圧勝! 対振り銀冠穴熊
06月14日 将棋・序盤完全ガイド 相振り飛車編 (マイナビ将棋BOOKS)

応援してくださる将棋サイト

将棋のブログの人気記事


ブログパーツ