将棋クエストについて思っていることをとりとめもなく書いた - 将棋のブログ

将棋のブログ ホーム » 将棋クエスト日記 » 将棋クエストについて思っていることをとりとめもなく書いた

将棋クエストについて思っていることをとりとめもなく書いた

最近、長難しい詰将棋ばかりを解いていて、実戦をあまりやっていなかったのですが、ここ何日かの間に将棋クエストで15局ほど指してきました。

将棋クエスト10分

ここで将棋クエストの紹介をしておきますが、2014年6月に開設された比較的新しい将棋サイトですが、今現在は将棋ウォーズに次ぐ、二番目に対局者数が多い将棋サイトです。

ゲームシステムは将棋ウォーズによく似ているのですが、将棋ウォーズはソフトによる指し継ぎ機能「棋神」があるのに対し、将棋クエストの方は自力での指し手のみが認められる、純粋にお互いの技量を比べ合うことが出来る将棋サイトです。(また、将棋ウォーズの方は無料で遊べるのが1日3局までですが、将棋クエストは無料で好きなだけ遊べます)

制作者の棚瀬氏は将棋ウォーズの立ち上げ時に関わっていたとのことですが、なんといってもあの有名な将棋ソフト「東大将棋」の開発者と言えば、20年前からの将棋ファンならば「おーーっ!」と興味が倍増するのではないでしょうか。

それで、将棋クエストの良いところのひとつは、相手を自動で見つけてくれる完全オートマッチングを実現しているところです。

私が知る限り、それをやっているところは将棋クエストと将棋ウォーズだけです。

私は対局相手は自分と近い棋力の人ならば、ソフト指し以外は誰でも良い人間なので、完全オートマッチングになっている点はかなりポイント高かったりします。

また、ソフト指し対策もやっていて、自動検出機能や、2200点(六段相当)以上の人は2分切れ負けで相応の点数を出さないと10分切れ負けで遊べないようになっています。

将棋クエスト対局画面

ところで、ソフト指しをやっている輩というのは、まるでゴキブリを思わせるものがあります。高段に2分切れ負けの条件が付いて以来、高段のソフト指しは減ったと思うのですが、級位や仮レートに潜んでいる確率が倍増したような気がするのは私だけでしょうか?

まあ、そんなに多くはないと思います。ここ数日、15局ほど指して、負けたのは初段相手の1局だけでしたから。その1敗も、最後の寄せは無茶苦茶鋭いと思いましたが、悪くなった原因は私が相手をナメて豪快に切り込んだことなので、普通の初段なんだろうと思います。

それで、悔しくてすぐに次の対戦を始めたら、初手を指すか指さないうちに観戦者が1人付いて、「さっきの人が三段に勝ったことが嬉しくて、観に来てるんだろうな」とか妄想してました。

そういう妄想は、将棋倶楽部24での敗局後、よく次の対局で自分に勝った相手が観戦窓に居たことから、そういう経験の積み重ねが脳内で機械学習されているのだろうと思います(笑)

それから15局のうちの1局は、五段に勝っちゃいました!(エッヘン)

終盤で際どい寄せを成功させたのですが、最近、難しい詰将棋や次の一手問題を解いている効果が出たのかもしれません。

将棋クエストは完全オートマッチング機能で、主に自分の点数と近い相手を見つけてきてくれるのですが、時々、随分点差のある対局になることもあります。

実は、三段の私の場合、対戦相手は初段から五段の間にして欲しいと思っています。

七段とか連れて来られても対局が始まった瞬間に負けが確定で、ギャラリーが20人も30人も居て、こちらは完全にただのかませ犬状態。

七段とかすごい人と対戦する機会なんて滅多にないことなので、おもしろいと言えないこともないのですが、せいぜい100局か200局に1度のレアなマッチングにして欲しいところ。

逆にあまりにも点数が離れた下の相手との対局もテンションが下がったりします。ソフト指しに豹変する人が居たり、序盤から大差になって、弱いものいじめをやっているような罪の意識が芽生えたりして、いいことが少なかったりするのです。

将棋倶楽部24のレート計算方式は自分の点数の±400点までの相手が基準になっていて、よく出来ていると思います。

将棋クエストの±200点差(私の場合、初段~五段)が、将棋倶楽部24の±400~500点差相当だからです。

まあ、いろいろ書きましたが、ここ数年、私が最も気に入っている将棋対局サイトが将棋クエストです。

私の場合、将棋倶楽部24で時間を使ってじっくり考えながら指すのもおもしろいのですが、すぐに相手が見つかる将棋クエストの方にどうしても流れます。

最近は、難しい詰将棋や次の一手をたくさん解いてどのくらい実力が上がったのかを試してみたいことや、数ヶ月前に段級の基準が50点下がったことなどから、四段を目指してみようかと思っていたりします。




※ブラウザ版は直前の棋譜しか見れませんが、android版は過去30局前の棋譜まで見ることができます。
関連記事
コメント
非公開コメント

No title

将棋クエストでソフト指しってどういう事なんでしょうか?
同時並行でPCで検討しながらやるって事ですかね・・・

2017-07-21 01:53 │ from near

Re:

私もその極悪行為をやったことはないので、よくわかりませんし、書かない方が良さそうです。

2017-07-21 02:33 │ from 阪田

トラックバック

http://shogikisho.blog54.fc2.com/tb.php/5029-f1417fbc

将棋ニュース

新刊案内(amazon)


03月13日 全問実戦型! 3手5手詰トレーニング (将棋連盟文庫)
03月13日 四間飛車 序盤の指し方完全ガイド
03月13日 将棋の序盤でやってはいけない手
03月13日 これだけで勝てる 将棋 終盤のコツ (マイナビ将棋BOOKS)
03月09日 将棋の渡辺くん(3) (ワイドKC 週刊少年マガジン)
03月09日 どんどん強くなる こども詰め将棋3手詰め
03月06日 頂へ 藤井聡太を生んだもの
03月02日 将棋世界 2018年4月号
02月27日 将棋世界Special愛蔵版『永世七冠 羽生善治のすべて』 (マイナビムック)
02月26日 振り飛車最前線 対中飛車 角道不突き左美濃 (マイナビ将棋BOOKS)
02月26日 徹底解明!横歩取りの最重要テーマ (マイナビ将棋BOOKS)
02月24日 永世七冠 羽生善治
02月21日 鬼才伝説(仮) - 私の将棋風雲録 (単行本)
02月21日 羽生善治の将棋入門 ジュニア版
02月20日 マンガと図解で早わかり 強くなる! こども将棋入門
02月19日 羽生善治の将棋入門 ジュニア版
02月16日 NHK将棋講座 2018年3月号 [雑誌] (NHKテキスト)
02月15日 相掛かりの新常識 (マイナビ将棋BOOKS)
02月15日 【増補改訂版】将棋・序盤完全ガイド 振り飛車編 (マイナビ将棋BOOKS)
02月02日 弟子・藤井聡太の学び方
02月02日 将棋世界 2018年3月号
01月31日 竹俣紅ファーストフォトエッセイ『紅本』
01月31日 詰めろ将棋入門
01月29日 居飛車穴熊撃破―必殺藤井システム (プレミアムブックス版)
01月29日 最強藤井システム (プレミアムブックス版)
01月26日 プロ棋士カラー名鑑2018 (扶桑社ムック)
01月24日 羽生善治の将棋辞典
01月23日 振り飛車はどこに行くのか? ~プロが教える全振り飛車の定跡最先端~ (マイナビ将棋BOOKS)
01月23日 藤井聡太推薦! 将棋が強くなる実戦1手詰
01月23日 史上最速の攻撃戦法 極限早繰り銀 (マイナビ将棋BOOKS)
01月23日 子どもにウケる将棋超入門
01月17日 対抗形の急所がわかる! 居飛車VS振り飛車の重要テーマ (マイナビ将棋BOOKS)
01月17日 「次の一手」で覚える 四間飛車定跡コレクション404 (マイナビ将棋文庫)
01月16日 NHK将棋講座 2018年2月号 [雑誌] (NHKテキスト)
01月13日 りゅうおうのおしごと! 7 (GA文庫)

応援してくださる将棋サイト

将棋のブログの人気記事


ブログパーツ