定跡道場4vs激指14をやってみた - 将棋のブログ

将棋のブログ ホーム » 激指 » 定跡道場4vs激指14をやってみた

定跡道場4vs激指14をやってみた

激指定跡道場4と激指14の最強レベル同士で対戦させてみました。

定跡道場4初期局面

最強レベルはどちらもPro+。

第1局~第5局は激指14の先手、第6局以降は定跡道場の先手

第1局 → 136手で激指14の勝利(横歩取り)
第2局 → 180手で定跡道場4の勝利(△四間飛車)
第3局 → 153手で激指14の勝利(△四間飛車)
第4局 → 132手で定跡道場4の勝利(△雁木)
第5局 → 129手で激指14の勝利(相居飛車力戦)
第6局 → 120手で激指14の勝利(△ゴキゲン中飛車)
第7局 → 106手で激指14の勝利(△四間飛車穴熊)
第8局 → 147手で定跡道場4の勝利(△向かい飛車)
第9局 → 173手で定跡道場4の勝利(▲四間飛車)
第10局 → 106手で激指14の勝利(横歩取り)

結果は激指14の6勝4敗でした。

ただし、消費時間は定跡道場4が随分少なく、平均で激指14の4.6分の1でした。

それで、6勝4敗はほとんど五分の範囲内で、100局やればフィフティフィフティに近づくのだろうと思いますが、私にはそれだけを対局させる根性がありません(笑)

実際、序盤は両方とも定跡手順を進めるだけなのですが、定跡手順から抜け出た時、若干差が付いていて(時にはかなり差が付いていることもある)、多くは、リードしていた方がそのまま勝つような進行でした。

また、中盤は微妙に定跡道場4の方が強いのか、少々の劣勢だと盛り返すこともあるのですが、激指14の方が時間をいっぱい使うだけあって、数手だけ速く詰みを見つけるらしく、どちらも定跡道場4優勢だと評価していたのに、突如、大逆転が起こった対局も2度ありました。


それから激指に関する新発見がありました。

実は第9局と第10局の間に2局を行いました。

どういうことかと言いますと、なんと、両ソフトが投了図まで1秒指しで、終局まで過去の対局を再現するということが起こりました。

私も40手くらいまでは前の対局と同じ進行になっていると思って見ていたのですが、最後までずっと同じ進行で終局を迎えたので、ぶったまがりました。

再び、最初からやり直したのですが、今度は別の棋譜が両者1秒指しで再現されました。

どちらもデフォルトで学習機能がONになっているのですが、それが原因かもしれません。

定跡道場4各種設定

激指の学習機能というのは、一度検討した局面を二度目は検討しない機能ということでしょうか?コンピュータ側が不利になる手順を回避するものだとばかり思っていたのですが、負ける手順を1秒指しで再現するということは、どうやらそうではない模様。

以前、激指14のレーティング戦で同じ段級が相手の時にこちらが同じ手を指すと、同じ投了図が出現することがあると書きましたが、原因がわかりました。学習機能をOFFにしても同じ局面では同じ手を指すのかどうかは、まだ、試してないのでわかりません。

それはともかく、第10局目は第8局を再現して定跡道場4が勝ち、5勝5敗になったのですが、その対局を無効とし、次の対局では第6局が再現されて激指14が勝ったのですが、それも無効としました。(ですから、上に第10局と記したものは、正確には第12局です)

これまでも、激指同士の対局は何度もやったのですが、今回初めてそういう状況を確認しました。

話をメインテーマに戻しますが、激指14Pro+と定跡道場4Pro+は互角に近く、消費時間は定跡道場4の方が4分の1~5分の1になったというのが私の結論です。


関連記事
コメント
非公開コメント

No title

思考時間を同じにして対局させないと、強さを比較できないのでは?

2017-08-03 22:21 │ from ケイ

Re:

消費時間4分の1~5分の1で互角に戦うということは、つまり、検討モードで使う分には強くなっているということですよ。

2017-08-03 23:07 │ from 阪田

トラックバック

http://shogikisho.blog54.fc2.com/tb.php/5059-1b29b708

将棋ニュース

新刊案内(amazon)


11月27日 よろこんでいきる まいにちひふみん
11月15日 相振り飛車で勝つための18の心得 (マイナビ将棋BOOKS)
11月15日 これだけで勝てる 角交換振り飛車のコツ (マイナビ将棋BOOKS)
11月11日 すぐに覚えられる特製将棋付 頭がよくなる詰将棋ドリル
11月09日 天才棋士 加藤一二三 挑み続ける人生
11月02日 将棋世界 2017年12月号
10月27日 花まる学習会式 スタート将棋BOOK (バラエティ)
10月25日 菅井ノート 相振り編
10月25日 定跡無用の突進戦法 野獣流攻める矢倉&右四間飛車 (マイナビ将棋文庫)
10月20日 豊川孝弘の将棋オヤジギャグ大全集
10月17日 これが決定版! 相中飛車徹底ガイド (マイナビ将棋BOOKS)
10月17日 三間飛車新時代 (マイナビ将棋BOOKS)
10月16日 NHK将棋講座 2017年11月号 [雑誌] (NHKテキスト)
10月12日 棋力判定テスト (将棋パワーアップシリーズ)
10月11日 天彦流 中盤戦術―「局面の推移」と「形勢」で読みとく (NHK将棋シリーズ)
10月06日 藤井聡太 天才はいかに生まれたか (NHK出版新書 532)
10月03日 将棋ワンダーランド: ぴあムック
10月03日 将棋世界 2017年11月号
09月30日 はじめての こども将棋ドリル (6週間で基本をマスター!)
09月29日 3月のライオン 13 (ヤングアニマルコミックス)
09月29日 天才 藤井聡太
09月29日 [新装版]ひふみんの将棋入門
09月27日 中学生プロ棋士列伝
09月25日 大内延介名局集 (プレミアムブックス版)
09月25日 「次の一手」で覚える 将棋・終盤の手筋436 (マイナビ将棋文庫)
09月25日 中原VS米長全局集
09月21日 完全版 看寿賞作品集 ※Kindle版
09月15日 NHK将棋講座 2017年10月号 [雑誌] (NHKテキスト)
09月14日 1冊で全てわかる 角交換四間飛車 その狙いと対策 (マイナビ将棋BOOKS)
09月14日 規格外の新戦法 矢倉左美濃急戦 最新編 (マイナビ将棋BOOKS)
09月08日 中学生棋士 (角川新書)
09月01日 羽生善治の将棋「次の一手」150題
09月01日 将棋世界 2017年 10 月号 [雑誌]

応援してくださる将棋サイト

将棋のブログの人気記事


ブログパーツ