第67回NHK杯(三浦九段vs宮本五段)の感想 - 将棋のブログ

将棋のブログ ホーム » NHK杯 » 第67回NHK杯(三浦九段vs宮本五段)の感想

第67回NHK杯(三浦九段vs宮本五段)の感想

10月1日に放送された第67回NHK杯2回戦(三浦弘行九段vs宮本広志五段)は、134手で三浦弘行九段が勝ちました。

棋譜は下記の公式サイトでご覧下さい。(月曜日に更新されます)

NHK杯テレビ将棋トーナメント


<感想>
三浦九段は生粋の居飛車党。宮本五段はどこにでも振る振り飛車党ということで、宮本五段が飛車をどこに振るのかが注目された序盤戦。▲7七角型の石田流三間飛車となりました。

序盤は先手の7七角と後手の2二玉の位置関係を利用して、玉頭銀から▲3六飛と回り、45手1七桂でいよいよ後手陣への総攻撃の形を整えた宮本五段。序盤は宮本五段ペースだったと思います。

しかし、三浦九段の右銀のフットワークも軽く、3六の先手飛車のコビンを攻撃し撤収させると、50手△5六歩と大盤解説も盛り上がる順を選び、盤面はいよいよ大決戦の様相を呈していました。

中盤は三浦九段ペースになっていましたが、宮本五段も粘り強さの本領を発揮し、79手▲4五角打の頃には解説の北浜八段も「指した方がよく見える」と話すほどの大混戦。

三浦九段側に傾いていたコンピュータの判断も、終盤は互角に戻っていました。(98手)

三浦九段の104手△3四角。北浜八段が「見た瞬間いい手」と解説した攻防の角打ち。

局面はいよいよ両者が寄せを目指す最終盤に突入し、詰むや詰まざるやの大熱戦。

しかし、盛り上がる大盤解説をよそに、三浦九段は読み切っていたのか、クールな表情で指し手を進め、最後は先手玉必至・後手玉詰まずで対局終了。

本局は熱戦になっておもしろかったですし、振り飛車を指す者にとっては序盤にヒントがある素晴らしい対局だったと思います。


<コンピュータの形勢判断>
第67回NHK杯2回戦第9局 形勢評価グラフ
※青色は激指定跡道場4七段+、赤色はelmo
※コンピュータの判断が正しいわけではありません。


関連記事
コメント
非公開コメント

北浜八段

2017-10-02 15:17 │ from -

トラックバック

http://shogikisho.blog54.fc2.com/tb.php/5167-f7d5ae73

将棋ニュース

新刊案内(amazon)


09月12日 将棋・究極の勝ち方 入玉の極意 (マイナビ将棋BOOKS)
09月12日 緩急自在の新戦法! 三間飛車藤井システム (マイナビ将棋BOOKS)
08月27日 一問一答で身につく 現代将棋の基本手筋432 (マイナビ将棋文庫)
08月27日 現代将棋の核心に迫る! 将棋指定局面バトル 居飛車編 (マイナビ将棋BOOKS)
08月27日 職業、女流棋士
08月21日 振り飛車最前線 石田流VS△1四歩型
08月21日 新型雁木のすべて (マイナビ将棋BOOKS)
08月10日 さばく! 振り飛車教室 (最強将棋レクチャーブックス)
08月09日 りゅうおうのおしごと! 9 (GA文庫)
08月09日 泣き虫しょったんの奇跡 (講談社青い鳥文庫)
08月03日 将棋世界 2018年9月号
07月31日 すぐできる! 強くなる将棋 駒と将棋盤つき
07月24日 詰手筋DVDブック
07月24日 先崎学&中村太地 この名局を見よ! 20世紀編
07月24日 解いて強くなろう!将棋ビギナーズドリル 基本編1
07月24日 関西若手棋士が創る現代将棋
07月20日 マンガではじめる! 子ども将棋
07月18日 「観る将」もわかる将棋用語ガイド
07月14日 NHK将棋講座 2018年 08 月号 [雑誌]
07月13日 うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間
07月11日 なぜ?で始める将棋の基本
07月11日 堅陣で勝つ!飯島流引き角戦法 Final
07月11日 これだけで勝てる 将棋 序・中盤のコツ
07月09日 マンガでわかる!楽しい子ども将棋入門
07月03日 将棋世界 2018年8月号

応援してくださる将棋サイト

将棋のブログの人気記事


ブログパーツ