魂の七番勝負(藤井九段vs佐々木五段)の感想 - 将棋のブログ

将棋のブログ ホーム » プロ将棋 » 魂の七番勝負(藤井九段vs佐々木五段)の感想

魂の七番勝負(藤井九段vs佐々木五段)の感想

10月8日に放映された魂の七番勝負第2局(藤井猛九段vs佐々木勇気五段)は、83手で佐々木勇気九段が勝ちました。

第3局は行方尚史八段vs藤井聡太四段で10月14日(土)19時からの放送。


<感想>
藤井九段は、居飛車穴熊が猛威を振るい、振り飛車を絶滅の危機に追い込んでいた頃に、藤井システムを編み出して四間飛車で竜王を獲得した振り飛車の救世主。

その著書「四間飛車を指しこなす本」が良書であったことも拍車をかけたのか、2000年頃、将棋倶楽部24では級位の間でも四間飛車だらけだったのを思い出します。

ここ10年くらいの間に将棋を始めた人は想像つかないかもしれませんが、そういう時代がありました。私も四間飛車に悩まされ、「四間飛車を指しこなす本」全3巻を購入したのを覚えてます。

当時は、振り飛車と言えば四間飛車で、他のは本当にレアでした。

対する佐々木五段は藤井四段の連勝記録を止めたことで有名。その前から、棋戦の挑戦者争いにその名を連ねていて、将棋ファンの間ではその実力は周知されていたと思います。16歳1ヶ月でのプロ入りは、史上6番目の年少記録。

さて、佐々木五段先手で始まった本局、後手の藤井九段が選んだ戦型は四間飛車藤井システム。

先手番でも後手番でも藤井システムをやるつもりだったらしく、ファンが観たいものを選ぶところが、本当にプロだと思います。

対する佐々木五段は右銀を斜め棒銀の形で繰り出し、▲2四歩の突き捨てから33手▲2三歩と垂らした新手が本局最大のポイント。

実戦でその手を初めて指されたという藤井九段は、その対応に時間を削られ、流れは徐々に佐々木五段のペースになりました。

その後、急戦調の将棋から第二次駒組みが始まる将棋になりましたが、中盤以降は形勢も残り時間も佐々木五段が有利に進めていたと思います。

その状況で、藤井九段がひねり出してきた62手△4四桂は、ひと目では大盤解説のプロも狙い筋がわからなかった勝負手。善悪はともかく、その発想は絶賛されていました。

しかし、厳しく正確に対応し、優勢になっていく佐々木五段。

藤井九段がガジガジ流で豪快に攻め込むも、佐々木五段は攻め合いを選択し、藤井九段が76手△4八馬と飛車金両取りの形を作るも、大盤解説は佐々木五段勝勢ムード。

以降は大盤解説の通りに指し手が進み、83手▲4二金打を見た藤井九段が勝ち筋なしと判断して対局終了。

対局後に藤井九段が二世代下の人は何を指してくるか予測がつかない旨を話していたのが印象的でした。その言葉と本局の内容が妙に合致しており、将棋に関するいろいろなヒントがその言葉の中に有ったように思います。


<コンピュータの形勢判断>
魂の七番勝負第2局 形勢評価グラフ
※青色は激指定跡道場4七段+、赤色はelmo
※コンピュータの判断が正しいわけではありません。

関連記事
コメント
非公開コメント

No title

①藤井九段は胡蝶蘭の品種改良のように美しい戦法をますます模索しているように思う。他方、羽生先生の感想戦から多くの花を咲かした探求心は衰えていないと感じられる。両先生の花壇にはまだまだ球根が埋まっているようで楽しみに思う。藤井四段は「乗り越えるべき壁」と評し、メディアは「世代交代」と騒いでいるが、棋士は全てを一直線では論じられない多様性の縮図だから、今国民は注目している。どんな開花と成長が見れるかを期待するのに年齢や性別は関係ない。
②多様性の人材を育てる環境として、藤井四段の進学にファンは注目している。棋士に役立つ書道を選択すれば美術はしなくて済む。英語やフランス語は将来の日本文化の普及に役立つからゆとりがあれば受講する程度で。宿題は評定で推薦してほしい学生は頑張った方が良いが、実力で試験を受ける学生は独学です。名古屋大学は優れた研究者を輩出しているので、棋士の気持ちもわかるはず。将棋も孤独な探求で、みんなと同じことをしていてはつぶれます。
③中京地帯に将棋会館をお願いします。強い棋士も出てきていますし、子供たちも東京や大阪の奨励会では負担が多い。トヨタあたりがスポンサーになったら、徳川家康もあの世で喜ぶのでは。
④江戸時代の「連」は士農工商の別なく交流した文化システムです。21世紀は将棋から多様性な人材を育む柔軟なシステムに学校も地域も改変することを祈っています。
(以上は公開しないで、連盟や藤井四段の関係者にだけお伝えください。)

2017-10-10 10:52 │ from -

トラックバック

http://shogikisho.blog54.fc2.com/tb.php/5178-78fc3279

将棋ニュース

新刊案内(amazon)


10月23日 コンピュータは将棋をどう変えたか? (マイナビ将棋BOOKS)
10月23日 藤井聡太推薦! 将棋が強くなる基本3手詰
10月19日 詰ます将棋
10月12日 増田康宏の新・将棋観 堅さからバランスへ (マイナビ将棋BOOKS)
10月12日 谷川浩司の将棋 矢倉篇
10月09日 羽生義治監修 子ども詰将棋 チャレンジ220問
10月03日 将棋世界 2018年11月号
09月26日 改訂版 どんどん強くなる こども詰め将棋3手詰め
09月25日 「駒取り坊主」長沼の中・終盤で差をつける 力戦次の一手205 (マイナビ将棋文庫)
09月25日 奇襲の王様 筋違い角のすべて (マイナビ将棋BOOKS)
09月22日 ひふみんのワクワク子ども詰め将棋【1手詰め+3手詰め】
09月18日 角換わり腰掛け銀研究 (プレミアムブックス版)
09月15日 NHK将棋講座 2018年 10 月号 [雑誌]
09月15日 勝つための将棋 作戦編
09月15日 勝つための将棋 入門編
09月12日 将棋・究極の勝ち方 入玉の極意 (マイナビ将棋BOOKS)
09月12日 緩急自在の新戦法! 三間飛車藤井システム (マイナビ将棋BOOKS)
09月03日 将棋世界 2018年10月号
08月31日 愛蔵版 第76期 将棋名人戦七番勝負
08月30日 羽生の実戦 詰め&必死200
08月27日 一問一答で身につく 現代将棋の基本手筋432 (マイナビ将棋文庫)
08月27日 現代将棋の核心に迫る! 将棋指定局面バトル 居飛車編 (マイナビ将棋BOOKS)
08月27日 職業、女流棋士
08月21日 振り飛車最前線 石田流VS△1四歩型
08月21日 新型雁木のすべて (マイナビ将棋BOOKS)
08月20日 【第76期】将棋名人戦七番勝負全記録『佐藤名人3連覇』
08月10日 さばく! 振り飛車教室 (最強将棋レクチャーブックス)
08月09日 りゅうおうのおしごと! 9 (GA文庫)
08月09日 泣き虫しょったんの奇跡 (講談社青い鳥文庫)
08月03日 将棋世界 2018年9月号

応援してくださる将棋サイト

将棋のブログの人気記事


ブログパーツ