第30期竜王戦七番勝負第1局の感想 - 将棋のブログ

将棋のブログ ホーム » プロ将棋 » 第30期竜王戦七番勝負第1局の感想

第30期竜王戦七番勝負第1局の感想

10月20日・21日に行われた第30期竜王戦七番勝負第1局(渡辺明竜王vs羽生善治棋聖)は、95手で羽生善治棋聖が勝ちました。第2局は10月28日(土)・29日(日)に岩手県大船渡市で行われます。

棋譜:第30期竜王戦七番勝負 第1局(日本将棋連盟)

昼食:2日目 昼食休憩(竜王戦中継plus)

談話:終局直後(竜王戦中継plus)


<感想>
羽生棋聖先手の相掛かりとなった第1局。

羽生棋聖の封じ手(41手)は▲2五飛でした。

前日のニコ生大盤解説の封じ手予想で、塚田女流の予想が▲2五飛、それだと先手の負けになると言ってた塚田九段の予想が▲3四飛。しかし、羽生棋聖が選んだのは▲2五飛。前日のやりとりを思い出し、少しおもしろかったです(汗)

さて、封じ手から数手進むと、両者が我が道を行く指し手で、物凄い激しいことになっていました。羽生棋聖側はと金で飛車を取られ、渡辺竜王側はと金で金銀を取られる、全将棋ファンが喜ぶ、二日目午前中から一気に終盤戦突入の華々しい展開。

ニコ生の阿久津八段の大盤解説からは、二日目に入ってしばらくの間は、渡辺竜王の方が指しやすいような雰囲気が伝わってきていましたし、対局後に羽生棋聖も封じ手頃は少し悪いと思っていたらしいです。

しかし、前述の華々しい変化に突入し、昼食前頃の羽生棋聖が63手▲7五桂と打ち、挟撃体制を築き始めたあたりから、局面は形勢不明の大乱戦の様相を呈していました。

15時頃、パタパタと手が進み、渡辺竜王が74手△9二角と指した直後に、解説の阿久津八段も形勢の異変に気付き、直後にニコ生画面でPONANZAの評価値が表示されると、1000超えの数値にチャット欄から伝わる視聴者のムードも羽生棋聖大優勢に一転。

特に次の75手が指される前に、阿久津八段が天使の跳躍▲4五桂をその局面での絶妙手であることを力説していて、羽生棋聖がそれを指したことで、その大優勢を疑う余地はありませんでした。

対局後に渡辺竜王は65手▲5五銀打が読み筋になかったことを話しており、そこから74手までのどこかで疑問手が出ていたのかもしれません。

以降も羽生棋聖側にとん死筋もあったりして、難しい局面は続いていたと思うのですが、そこには我々が知っている絶対的な強さの羽生棋聖が居て、渡辺竜王の最後の攻めを綺麗に交わし、鮮やかな手順で後手玉を寄せきっていました。

本局は全将棋ファンが注目する七番勝負の開幕局にふさわしい、とても華々しい展開の、観る人を魅了する一局でした。第2局以降も熱戦が期待されます。


<コンピュータの形勢判断>
第30期竜王戦第1局 形勢評価グラフ
※青色は激指定跡道場4七段+、赤色はelmo
※コンピュータの判断が正しいわけではありません。


関連記事
コメント
非公開コメント

No title

羽生棋聖が先手番のときはいつか出ると予想していたのですが、相掛りでした。本局は空中戦の様な動きになりましたが、3六銀型のような鎖鎌銀を繰り出すパターンも過去にありました。先手の利を最大限活かすためか、ここぞというとき、繰り出してくる戦法の様な気がします。

序盤の先手1五歩も確かに強引に写りました。本人もそう感じているのではと思われるのですが、それでも決行する読みとか、全体的な大局観は想像を絶するものなのでしょう。
いずれにしても、この竜王戦七番勝負で断行する決断力も凄い気がしました。

渡辺二冠も竜王戦は得意とされているので、今後のシリーズが楽しみですね。

2017-10-23 01:17 │ from 大山十五.三世

Re:

1五歩はプロも驚く意表の一手だったみたいですね。

良し悪しはよくわかりませんが、それをきっかけに大乱戦になり、結果的には1五歩を指した羽生棋聖が勝ちました。期待通りのおもしろいシリーズになっています。

2017-10-23 15:16 │ from 阪田

トラックバック

http://shogikisho.blog54.fc2.com/tb.php/5201-aa3b2790

将棋ニュース

新刊案内(amazon)


07月24日 先崎学&中村太地 この名局を見よ! 20世紀編
07月24日 解いて強くなろう!将棋ビギナーズドリル 基本編1
07月24日 関西若手棋士が創る現代将棋
07月18日 「観る将」もわかる将棋用語ガイド
07月11日 これだけで勝てる 将棋 序・中盤のコツ
07月09日 マンガでわかる!楽しい子ども将棋入門
07月03日 将棋世界 2018年8月号
06月28日 将棋大観 (プレミアムブックス版)
06月26日 藤井聡太全局集 平成28・29年度版
06月26日 奨励会 ~将棋プロ棋士への細い道~ (マイナビ新書)
06月23日 瞬間を生きる
06月19日 師弟
06月19日 NHK将棋講座 2018年 07 月号 [雑誌]
06月14日 証言 藤井聡太
06月12日 コンピュータ発! 現代将棋新定跡 (マイナビ将棋BOOKS)
06月12日 完全版 詰将棋実戦形パラダイス (マイナビ将棋文庫)
06月12日 【増補改訂版】将棋・序盤完全ガイド 相居飛車編 (マイナビ将棋BOOKS)
06月09日 心震わす将棋の名対局
06月08日 羽生善治永世七冠 必勝の一手
06月01日 将棋世界 2018年7月号
05月23日 将棋戦型別名局集7 角換わり名局集
05月23日 すぐに使える! 端の絶対手筋 (マイナビ将棋BOOKS)
05月16日 変幻自在! 現代右玉のすべて (マイナビ将棋BOOKS)
05月16日 1冊で全てわかる向かい飛車 その狙いと対策 (マイナビ将棋BOOKS)
05月16日 「次の一手」で覚える 中飛車定跡コレクション404 (マイナビ将棋文庫)
05月16日 羽生善治の3手・5手・7手 ステップアップ詰め将棋
05月16日 NHK将棋講座 2018年 06 月号 [雑誌]
05月16日 やさしくてよくわかる はじめての将棋レッスン: たのしく覚えてみるみる上達する!
05月15日 どんどん強くなる こども詰め将棋 5手詰め
05月10日 棋士という生き方 (イースト新書Q)
05月08日 プロが書けない 「将棋界」
05月02日 将棋世界 2018年6月号

応援してくださる将棋サイト

将棋のブログの人気記事


ブログパーツ