第67期王将戦七番勝負第2局の感想 - 将棋のブログ

将棋のブログ ホーム » プロ将棋 » 第67期王将戦七番勝負第2局の感想

第67期王将戦七番勝負第2局の感想

1月27日・28日に行われた第67期王将戦七番勝負第2局(久保利明王将vs豊島将之八段)は、104手で久保利明王将が勝ちました。これで七番勝負は1勝1敗のタイ。第3局は2月3日(土)・4日(日)に栃木県大田原市で行われます。

棋譜:王将戦(毎日新聞)

昼食:2日目 両対局者の昼食(王将戦中継ブログ)

談話:終局直後(王将戦中継ブログ)


<感想>
▲四枚穴熊(豊島八段)vs△四間飛車(久保王将)となった本局。

久保王将の封じ手(60手)は端攻め開始の△9六歩でした。

△5四銀という渋い候補手もありましたが、本譜の△9六歩の方が駒は取られる直前が働くという棋理にかなっていて、もともと8五の桂は端攻めをするために跳ねていて、やっぱり駒の流れというものがあるのだと、勝手に納得した次第。

ところで、豊島八段は終局後に封じ手の数手前に桂馬を取られてからまずくなった旨を話しています。

コンピュータも桂馬を取られる数手前に先手が大きく評価値を落としているのですが、2日目に入ってからの勝負手と解説されていた69手▲2五飛~71手▲4五飛を敗着だと指摘しています。

しかし、もうそこは並みの指し手では先手が勝てない状況になっていて、流れを変えた初日の桂馬を取られる数手前に敗着はあったとするのが正しい見方なのだろうと思いました。

棋譜コメントではずっと、久保王将優勢又は勝勢になっていたのですが、最後は勝負形にはなっていて、正確に寄せた側も、勝負形に持ち込んだ側も本当に強いと思うし、序盤のわずかな差がそのまま勝敗に直結するプロって本当にすごいんだと思いました。

まず最初の急所の偶数局をとったのは久保王将。1勝1敗となり、観る側としてはより一層おもしろくなってきました。

<コンピュータの形勢判断>
第67期王将戦第2局 形勢評価グラフ
※青色は激指定跡道場4七段+、赤色は平成将棋合戦ぽんぽこ
※コンピュータの判断が正しいわけではありません。

関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://shogikisho.blog54.fc2.com/tb.php/5334-fc17ca3b

将棋ニュース

新刊案内(amazon)


07月24日 先崎学&中村太地 この名局を見よ! 20世紀編
07月24日 解いて強くなろう!将棋ビギナーズドリル 基本編1
07月11日 「観る将」もわかる将棋用語ガイド
07月11日 これだけで勝てる 将棋 序・中盤のコツ
07月09日 マンガでわかる!楽しい子ども将棋入門
06月28日 将棋大観 (プレミアムブックス版)
06月26日 藤井聡太全局集 平成28・29年度版
06月26日 奨励会 ~将棋プロ棋士への細い道~ (マイナビ新書)
06月19日 師弟
06月19日 NHK将棋講座 2018年 07 月号 [雑誌]
06月14日 証言 藤井聡太
06月12日 コンピュータ発! 現代将棋新定跡 (マイナビ将棋BOOKS)
06月12日 完全版 詰将棋実戦形パラダイス (マイナビ将棋文庫)
06月12日 【増補改訂版】将棋・序盤完全ガイド 相居飛車編 (マイナビ将棋BOOKS)
06月09日 心震わす将棋の名対局
06月08日 羽生善治永世七冠 必勝の一手
06月01日 将棋世界 2018年7月号
05月23日 将棋戦型別名局集7 角換わり名局集
05月23日 すぐに使える! 端の絶対手筋 (マイナビ将棋BOOKS)
05月16日 変幻自在! 現代右玉のすべて (マイナビ将棋BOOKS)
05月16日 1冊で全てわかる向かい飛車 その狙いと対策 (マイナビ将棋BOOKS)
05月16日 「次の一手」で覚える 中飛車定跡コレクション404 (マイナビ将棋文庫)
05月16日 羽生善治の3手・5手・7手 ステップアップ詰め将棋
05月16日 NHK将棋講座 2018年 06 月号 [雑誌]
05月16日 やさしくてよくわかる はじめての将棋レッスン: たのしく覚えてみるみる上達する!
05月15日 どんどん強くなる こども詰め将棋 5手詰め
05月10日 棋士という生き方 (イースト新書Q)
05月08日 プロが書けない 「将棋界」
05月02日 将棋世界 2018年6月号

応援してくださる将棋サイト

将棋のブログの人気記事


ブログパーツ