第67回NHK杯準々決勝(山崎八段vs斎藤七段)の感想 - 将棋のブログ

将棋のブログ ホーム » NHK杯 » 第67回NHK杯準々決勝(山崎八段vs斎藤七段)の感想

第67回NHK杯準々決勝(山崎八段vs斎藤七段)の感想

2月11日に第67回NHK杯準々決勝(山崎隆之八段vs斎藤慎太郎七段)が放送されました。

棋譜は下記の公式サイトでご覧下さい。(月曜日に更新されます)

NHK杯テレビ将棋トーナメント


<感想>
西の王子(斎藤七段)と元西の王子(山崎八段)が激突。

準々決勝ともなると、好カードが続きます。

さて、戦型は後手の山崎八段が2手目△6二銀の相居飛車力戦型で、山崎八段がそう指しているのを最近はよく見ます。

序盤から見慣れない局面に、両対局者が考慮時間を使い慎重に指し手を進める将棋となり、29手~43手までの間に両対局者が考慮時間を7回ずつ使っていました。

難しい局面が続く中、斎藤七段の45手▲2二歩打が解説の阿部八段もやや驚いていた勝負手。

しかし、その手を境に山崎八段が巧く指しまわし、どうやら山崎八段ペース。

そのまま山崎八段ペースで進みそうな雰囲気もあったのですが、58手で阿部八段が「山崎八段らしくない」と解説する△5二玉の受けの一手が出ると、再びどちらが勝っているのかわからない形勢不明の局面に突入し、さらに指し手が進むとどうやら逆転模様で斎藤七段優勢。

ところが、そういう局面でもすんなり勝ちを譲らないのが山崎八段のチョイワル逆転術。

山崎八段の86手△4一香打の受けの一手に、「これは読み筋を外したという手ですね」と解説の阿部八段。

山崎八段の術中にはまったのか、斎藤七段の89手▲8二飛打が疑問手で再逆転となり、最終盤で山崎八段優勢。

そして、斎藤七段が97手▲6一金と詰めろをかけた局面からが本局のハイライトシーン。

山崎八段はその局面で先手玉に詰みがあることを対局中に気付いたようですが、その時は読み切れなかったらしく(17手詰 by激指)、その時指したのは時間を稼ぐ意味の98手△7一歩打。

実はその瞬間、今度は後手玉に詰み(17手詰 by激指)があることをコンピュータが発見していて、プロの中でも詰将棋力が高いことで有名な斎藤七段ならば詰ますのではないかと思ったりもしたのですが、さすがにあの状況でそれを読み切るのは人間技ではないらしく、斎藤七段は詰めろの連続で迫り、それでもなんとなく斎藤七段の逆転勝ちの流れになっていたと思います。

ところがその手順で102手△7三桂と跳ねさせたのが勝負の明暗を分けることとなりました。

詰ます以外になくなった山崎八段は、104手△5九飛打と豪快に飛車を捨てると、108手でも△6八銀打と気前よく銀捨て。

その銀捨てに解説の阿部八段は「えーー?」と驚くや否や「あーー!」と先手玉の詰みに気付いていました。プロをも驚かせた好手。

鮮やかな詰み手順でした。最後は前述の86手に打った遠い4一の香車が先手玉の逃げ場を遮断し、光っていました。

112手で山崎八段の勝利。最終盤はプロレベルの指運を見た気がして、本当におもしろかったです。


先週は豊島八段が優勝かとも思ったのですが、本局を見て山崎八段が優勝かもしれないという気になりました。

最も記憶に新しい勝利者が優勝するように思えてくる、そういうおもしろい対局が続いているのだろうと思います。

<コンピュータの形勢判断>
第67回NHK杯準々決勝第2局 形勢評価グラフ
※青色は激指定跡道場4七段+、赤色は平成将棋合戦ぽんぽこ
※コンピュータの判断が正しいわけではありません。

関連記事
コメント
非公開コメント

No title

やはり終盤、先手にも勝ち筋があった様子ですね。

書かれていた様に、苦しそうな中で受けに打った4一の香車が、最後は詰めに利いてくるとは・・・。最後の方の7三の桂馬もぴったりになりました。勝つときはこういうものでしょうか。斎藤七段にとっては無念だったことでしょう。

序盤も最新形なのか見慣れない形でした。先手の歩得、後手の手得はどちらが良かったのでしょうか。形勢判断はやや先手良さそうですが、この辺は好みにもよりそうです。

そう言えば、山崎八段は1分切れ負けとか早指しに強かったですね。

2018-02-12 05:33 │ from 大山十五.3世

Re:

最初の手順は違いますが4手~16手の局面は山崎八段がJT杯準決勝で羽生竜王に勝った時と同じで、最近、この指し方を好んでいるみたいですよ。その早指し棋戦でも優勝し、NHK杯も過去に優勝したことがありますので、山崎八段の優勝の可能性は充分にありそうですよね。

2018-02-13 14:20 │ from 阪田

トラックバック

http://shogikisho.blog54.fc2.com/tb.php/5349-54018da6

将棋ニュース

新刊案内(amazon)


03月13日 全問実戦型! 3手5手詰トレーニング (将棋連盟文庫)
03月13日 四間飛車 序盤の指し方完全ガイド
03月13日 将棋の序盤でやってはいけない手
03月13日 これだけで勝てる 将棋 終盤のコツ (マイナビ将棋BOOKS)
03月09日 将棋の渡辺くん(3) (ワイドKC 週刊少年マガジン)
03月09日 どんどん強くなる こども詰め将棋3手詰め
03月06日 頂へ 藤井聡太を生んだもの
03月02日 将棋世界 2018年4月号
02月27日 将棋世界Special愛蔵版『永世七冠 羽生善治のすべて』 (マイナビムック)
02月26日 振り飛車最前線 対中飛車 角道不突き左美濃 (マイナビ将棋BOOKS)
02月26日 徹底解明!横歩取りの最重要テーマ (マイナビ将棋BOOKS)
02月24日 永世七冠 羽生善治
02月21日 鬼才伝説(仮) - 私の将棋風雲録 (単行本)
02月21日 羽生善治の将棋入門 ジュニア版
02月20日 マンガと図解で早わかり 強くなる! こども将棋入門
02月19日 羽生善治の将棋入門 ジュニア版
02月16日 NHK将棋講座 2018年3月号 [雑誌] (NHKテキスト)
02月15日 相掛かりの新常識 (マイナビ将棋BOOKS)
02月15日 【増補改訂版】将棋・序盤完全ガイド 振り飛車編 (マイナビ将棋BOOKS)
02月02日 弟子・藤井聡太の学び方
02月02日 将棋世界 2018年3月号
01月31日 竹俣紅ファーストフォトエッセイ『紅本』
01月31日 詰めろ将棋入門
01月29日 居飛車穴熊撃破―必殺藤井システム (プレミアムブックス版)
01月29日 最強藤井システム (プレミアムブックス版)
01月26日 プロ棋士カラー名鑑2018 (扶桑社ムック)
01月24日 羽生善治の将棋辞典
01月23日 振り飛車はどこに行くのか? ~プロが教える全振り飛車の定跡最先端~ (マイナビ将棋BOOKS)
01月23日 藤井聡太推薦! 将棋が強くなる実戦1手詰
01月23日 史上最速の攻撃戦法 極限早繰り銀 (マイナビ将棋BOOKS)
01月23日 子どもにウケる将棋超入門
01月17日 対抗形の急所がわかる! 居飛車VS振り飛車の重要テーマ (マイナビ将棋BOOKS)
01月17日 「次の一手」で覚える 四間飛車定跡コレクション404 (マイナビ将棋文庫)
01月16日 NHK将棋講座 2018年2月号 [雑誌] (NHKテキスト)
01月13日 りゅうおうのおしごと! 7 (GA文庫)

応援してくださる将棋サイト

将棋のブログの人気記事


ブログパーツ