藤井五段が第11回朝日杯で優勝、そして六段に昇段 - 将棋のブログ

将棋のブログ ホーム » プロ将棋 » 藤井五段が第11回朝日杯で優勝、そして六段に昇段

藤井五段が第11回朝日杯で優勝、そして六段に昇段

2月17日に行われた第11回朝日杯将棋オープン戦で、藤井聡太五段が準決勝で羽生竜王に、決勝で広瀬八段に勝利し、優勝しました。中学生(15歳6ヶ月)が全棋士参加棋戦で優勝したのは史上初。藤井五段は規定(全棋士参加棋戦優勝)により六段に昇段。

棋譜:第11回朝日杯将棋オープン戦中継(朝日新聞)


<準決勝の感想>
まず、注目されたのは準決勝の藤井五段vs羽生竜王。

将棋界屈指の天才棋士として名高い二人が、公式戦で初めて激突したドリームマッチ。

将棋界最強として4分の1世紀を闘ってきた羽生竜王が、日本中をフィーバーさせる若き天才・藤井五段とどのように戦うのか。とても楽しみにしていた一局。

序盤は角換わりになりそうな出だしでしたが、後手の羽生竜王が10手△4四歩と角換わりを避け、最近流行っている相居飛車の雁木模様に誘導。

中盤はまるでお互いが牽制し合い、隙を伺っているかのような駒の流れで、油断ならない局面が続きました。

局面が大きく動き出したのは藤井五段の79手。そこは▲5五同銀と銀を取り返す一手が必然手と言われていたのですが、藤井五段が指したのは一旦歩で王手する絶妙の勝負手▲4三歩打!

それに対する羽生竜王の次の一手もこれまたスゴイ。80手△同金左と指したのですが、それによって2三の地点への利きがなくなり、相手の飛車に成り込むチャンスを与えるのだから、解説の佐藤名人も驚いていた意外な一手。

そこからはいよいよ終盤戦となったのですが、今度は藤井五段の方に95手▲2三歩打と佐藤名人を感心させる好手が出て(次の▲2二歩成に△同歩は飛車を素抜かれる!)、どうやら流れは藤井五段ペース。

それでも難しそうな局面が続いていたのですが、局後に藤井五段が「一手勝ちになった」と話した113手▲7三歩成で詰めろが掛かると、羽生竜王も勝てないと悟ったのか114手は△7九角打と詰めろ逃れにはなっていない攻めの一手。

以下、後手玉は即詰みとなり、119手で藤井五段の勝利。将棋史上に残る歴史的な瞬間でした。

羽生竜王に勝って欲しい、藤井五段にも勝って欲しい、そういう複雑な思いが入り混じって対局を観ていたのですが、終局後しばらくは喜びと寂しさの両方がありました。

ところで、本局はいろいろなところで中継されていたのですが、私は最終的には朝日新聞の公式サイトで観戦していました。佐藤名人が解説していたからです。

そして、対局中盤あたりではゲストとして加藤九段が登場。いつものように、ご自身の偉業が随所に出てくる話の進行が、とてもおもしろかったです。20~30分で席を外されたのですが、いついつまでも居て欲しかったです。やっぱり、加藤九段は将棋の番組に出てこないとですね。


<準決勝のコンピュータによる形勢評価グラフ>
第11回朝日杯 羽生竜王vs藤井五段 形勢評価グラフ
※青色は激指定跡道場4七段+、赤色は平成将棋合戦ぽんぽこ
※コンピュータの判断が正しいわけではありません。


<決勝の感想>
決勝は藤井五段vs広瀬八段。広瀬八段はタイトル獲得の経験もある、まともに強いA級棋士。

戦型は藤井五段が先手の角換わり腰掛銀となりました。まず魅せたのが、藤井五段の51手▲6七角打の自陣角から、その角を切り、後手玉に迫っていった手順。

角を切ってもすぐに寄りがある形でもなかったのですが、そこから細い攻めをつなげて優位を築いていく順がまさに天才的。

86手で広瀬八段が△3七角打と大技を見せ、流れが少し変わったかにも見えたのですが、その数手後に現れた藤井五段の93手▲4四桂打が、先の△3七角打を疑問手に変える超大技。次の一手の正解手のような、将棋を知る人ならば誰もが絶賛するだろうと思う、華麗な一手でした。

その一手で少し怪しくなりかけていた雰囲気は吹き飛び、完全に藤井五段勝勢ムードになっていたと思います。

そこから広瀬八段のものすごい粘りもあり、すぐには終わらなかったのですが、その形勢に関係なく、誰もがドキドキしながらその盤上を見つめていた、そういう時間がありました。

最後は藤井五段の117手▲3七金の技ありの一手に広瀬八段が潔く投了。15歳6ヶ月の中学生棋士が全棋士参加棋戦で優勝する歴史的瞬間でした。

名人、竜王、A級棋士を相手に次々と勝利しての優勝。29連勝もすごかったですが、中学生で全棋士参加棋戦を優勝したことは、これもまたものすごいことだと思います。

29連勝の方は藤井五段が更新する可能性がありますが、15歳6ヶ月での全棋士参加棋戦優勝の記録は、あと数十年は塗り替えられない、そうとしか思えません。

素晴らしい対局を2局も観戦することができて、とても幸運だったと思います。


<決勝のコンピュータによる形勢評価グラフ>
第11回朝日杯決勝 形勢評価グラフ
※青色は激指定跡道場4七段+、赤色は平成将棋合戦ぽんぽこ
※コンピュータの判断が正しいわけではありません。


<対局前のみんなの優勝予想>

第11回朝日杯 優勝予想(人気ブログランキング)


関連記事
コメント
非公開コメント

No title

藤井五段の勢いがまだ続いています。凄い事です。

個人的な見方にすぎませんが、六段への昇段が早すぎる様に思えます。
藤井五段の規格外の勝ちっぷりと今の規定だから仕方ないのですが、もう少し段位の重みがあってもよいと思うのです。大昔、確か順位戦での昇級が昇段条件だった時代もありました。

例えば、四段から昇段後せめて1年は五段でいて、その後に昇段という規定の方がよいと思うのですが、如何でしょうか?

2018-02-27 20:43 │ from 大山十五.3世

Re:

非常におもしろいご意見だと思います。

今、日本将棋連盟の公式ページをざっと見たのですが、全棋士参加棋戦で優勝しているのは、六段には八代六段(朝日杯優勝)のみ、七段には村山七段(NHK杯優勝)のみで、六段への昇段条件の全棋士参加棋戦優勝というのは、昇段条件のなかで最も難しい条件のようです。

藤井六段の六段に昇段するまでの強さは、将棋史の記録に残っていない、規格外の強さなので、その例外に合わせて規格を作る必要はないと思うのですが、如何でしょう?

プロデビューから2年以内に六段になれる棋士は、この先、簡単には出てこないと思いますよ。全棋士参加棋戦には当然の如く藤井六段も居ますから。

おもしろいご意見でしたので、楽しく考えさせて頂きました。

2018-02-28 00:22 │ from 阪田

トラックバック

http://shogikisho.blog54.fc2.com/tb.php/5357-4cf8250d

将棋ニュース

新刊案内(amazon)


08月27日 一問一答で身につく 現代将棋の基本手筋432 (マイナビ将棋文庫)
08月27日 現代将棋の核心に迫る! 将棋指定局面バトル 居飛車編 (マイナビ将棋BOOKS)
08月27日 職業、女流棋士
08月13日 振り飛車最前線 石田流VS△1四歩型
08月13日 新型雁木のすべて (マイナビ将棋BOOKS)
08月09日 泣き虫しょったんの奇跡 (講談社青い鳥文庫)
07月31日 すぐできる! 強くなる将棋 駒と将棋盤つき
07月24日 先崎学&中村太地 この名局を見よ! 20世紀編
07月24日 解いて強くなろう!将棋ビギナーズドリル 基本編1
07月24日 関西若手棋士が創る現代将棋
07月20日 マンガではじめる! 子ども将棋
07月18日 「観る将」もわかる将棋用語ガイド
07月14日 NHK将棋講座 2018年 08 月号 [雑誌]
07月13日 うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間
07月11日 なぜ?で始める将棋の基本
07月11日 堅陣で勝つ!飯島流引き角戦法 Final
07月11日 これだけで勝てる 将棋 序・中盤のコツ
07月09日 マンガでわかる!楽しい子ども将棋入門
07月03日 将棋世界 2018年8月号
06月28日 将棋大観 (プレミアムブックス版)
06月26日 藤井聡太全局集 平成28・29年度版
06月26日 奨励会 ~将棋プロ棋士への細い道~ (マイナビ新書)
06月23日 瞬間を生きる
06月19日 師弟
06月19日 NHK将棋講座 2018年 07 月号 [雑誌]
06月14日 証言 藤井聡太
06月12日 コンピュータ発! 現代将棋新定跡 (マイナビ将棋BOOKS)
06月12日 完全版 詰将棋実戦形パラダイス (マイナビ将棋文庫)
06月12日 【増補改訂版】将棋・序盤完全ガイド 相居飛車編 (マイナビ将棋BOOKS)
06月09日 心震わす将棋の名対局
06月08日 羽生善治永世七冠 必勝の一手
06月01日 将棋世界 2018年7月号
05月23日 将棋戦型別名局集7 角換わり名局集
05月23日 すぐに使える! 端の絶対手筋 (マイナビ将棋BOOKS)
05月16日 変幻自在! 現代右玉のすべて (マイナビ将棋BOOKS)
05月16日 1冊で全てわかる向かい飛車 その狙いと対策 (マイナビ将棋BOOKS)
05月16日 「次の一手」で覚える 中飛車定跡コレクション404 (マイナビ将棋文庫)
05月16日 羽生善治の3手・5手・7手 ステップアップ詰め将棋
05月16日 NHK将棋講座 2018年 06 月号 [雑誌]
05月16日 やさしくてよくわかる はじめての将棋レッスン: たのしく覚えてみるみる上達する!
05月15日 どんどん強くなる こども詰め将棋 5手詰め
05月10日 棋士という生き方 (イースト新書Q)
05月08日 プロが書けない 「将棋界」
05月02日 将棋世界 2018年6月号

応援してくださる将棋サイト

将棋のブログの人気記事


ブログパーツ