第67回NHK杯準々決勝(菅井王位vs郷田九段)の感想 - 将棋のブログ

将棋のブログ ホーム » NHK杯 » 第67回NHK杯準々決勝(菅井王位vs郷田九段)の感想

第67回NHK杯準々決勝(菅井王位vs郷田九段)の感想

2月25日に第67回NHK杯準々決勝(菅井竜也王位vs郷田真隆九段)が放送されました。

棋譜は下記の公式サイトでご覧ください。(月曜日に更新されます)

NHK杯テレビ将棋トーナメント


<感想>
先の王位戦で羽生竜王から王位を奪取した菅井王位を相手に、羽生竜王としのぎを削ってきた最強世代の郷田九段がどのように戦うのか、とても興味深い一局。

序盤は菅井王位が初手▲5六歩からの中飛車。対する郷田九段は三間飛車に振り、相振り飛車となりました。

菅井王位は棋風通りの中飛車。電王戦出場を境に居飛車も指すようになったのですが、先の王位戦でも力戦型の振り飛車を多用していたのは記憶に新しいところ。

これに対して、生粋の居飛車党で知られる郷田九段の相振り飛車は意外。このあたり、早くも火花が散っていたような気はします。しかし、両者ともに指し手は速かったです。

序盤のポイントは菅井王位が13手▲6八玉と玉を左に囲ったところ。(相振り飛車の玉の位置は普通は右)

なんでも、木村九段の解説によると、中飛車vs三間飛車は三間飛車に有利な変化が多く、玉を左に囲ったあたりは菅井王位の研究手だろうとのこと。思わず「なるほど」と唸りたくなる解説。

それで、序盤から力戦型になったはずですが、菅井王位の指し手は速く、32手くらいから郷田九段だけが考慮時間を使う展開となり、46手△7五歩までに郷田九段が考慮時間8回を使ったのに対し、菅井王位はまだ最初の持ち時間10分を使い切ってませんでした。そのあたり、菅井王位らしい時間の使い方がありました。

しかし、郷田九段が時間を使って指した38手△7三桂~44手△6五桂が、木村九段も本局の印象に残るポイントとして挙げていた桂馬の活用で、それに対し菅井王位は45手▲1五歩と別の場所に焦点を変えようとする勝負手気味の一手。

郷田九段の時間を使って優位を築いていった様が、格調高く、格好良いものに見えました。

そこからは郷田九段ペースで進んだのですが、菅井王位の猛攻は凄まじく、一手間違えると逆転しそうな局面の連続に、盤面からは目が離せない状況が続きました。

それでも30秒将棋の厳しい状況の中、郷田九段は正確に凌ぎ、やがて菅井王位の攻めが切れると、最後は先手玉即詰みとなり、112手で郷田九段の勝利。

郷田九段が若くて強い王位に負けなかった指しまわしは、非常に格好良かったです。

最強世代の優勝、今年度も充分あると思います。


<NHK杯過去10年の優勝者>

第66回(2016) 佐藤康光九段
第65回(2015) 村山慈明七段
第64回(2014) 森内俊之九段
第63回(2013) 郷田真隆九段
第62回(2012) 渡辺明竜王
第61回(2011) 羽生善治二冠
第60回(2010) 羽生善治名人
第59回(2009) 羽生善治名人
第58回(2008) 羽生善治名人
第57回(2007) 佐藤康光二冠


<コンピュータの形勢判断>
第67回NHK杯準々決勝第4局 形勢評価グラフ
※青色は激指定跡道場4七段+、赤色は平成将棋合戦ぽんぽこ
※コンピュータの判断が正しいわけではありません。


関連記事
コメント
非公開コメント

No title

書かれていた様に本局のハイライトは、やはり△7三桂~△6五桂の2段跳ねでした。その後の玉頭攻めにつながっていきました。終了図、中段の二枚銀が局面を支配している様子でした。

菅井王位の中飛車5六飛型は、軽快に捌けず、本局では不発だった様な気がしました。
引き角からの▲2六角は、▲1七角型の逆さ石田流が好型という解説もありましたが、その直後の1筋攻めが狙いでしたか。その後の3六飛・2六角型は両取りの形になったのは読み筋とは言え、如何だったでしょうか?

長考派ながら早指しにも強い郷田九段が勝ち上がりました。菅井王位推しの優勝予想がまた外れてしまいました。残念。

2018-02-27 21:00 │ from 大山十五.3世

Re:

桂馬を跳ねて行く間合いが、私のような素人には真似できない間合いで、非常に格調高く見えました。

▲3六飛と避けたのは、もう飛車を引いては勝ち目がない将棋だったのでしょうね。

2018-02-28 00:34 │ from 阪田

トラックバック

http://shogikisho.blog54.fc2.com/tb.php/5370-8febb892

将棋ニュース

新刊案内(amazon)


10月23日 コンピュータは将棋をどう変えたか? (マイナビ将棋BOOKS)
10月23日 藤井聡太推薦! 将棋が強くなる基本3手詰
10月19日 詰ます将棋
10月12日 増田康宏の新・将棋観 堅さからバランスへ (マイナビ将棋BOOKS)
10月12日 谷川浩司の将棋 矢倉篇
10月09日 羽生義治監修 子ども詰将棋 チャレンジ220問
10月03日 将棋世界 2018年11月号
09月26日 改訂版 どんどん強くなる こども詰め将棋3手詰め
09月25日 「駒取り坊主」長沼の中・終盤で差をつける 力戦次の一手205 (マイナビ将棋文庫)
09月25日 奇襲の王様 筋違い角のすべて (マイナビ将棋BOOKS)
09月22日 ひふみんのワクワク子ども詰め将棋【1手詰め+3手詰め】
09月18日 角換わり腰掛け銀研究 (プレミアムブックス版)
09月15日 NHK将棋講座 2018年 10 月号 [雑誌]
09月15日 勝つための将棋 作戦編
09月15日 勝つための将棋 入門編
09月12日 将棋・究極の勝ち方 入玉の極意 (マイナビ将棋BOOKS)
09月12日 緩急自在の新戦法! 三間飛車藤井システム (マイナビ将棋BOOKS)
09月03日 将棋世界 2018年10月号
08月31日 愛蔵版 第76期 将棋名人戦七番勝負
08月30日 羽生の実戦 詰め&必死200
08月27日 一問一答で身につく 現代将棋の基本手筋432 (マイナビ将棋文庫)
08月27日 現代将棋の核心に迫る! 将棋指定局面バトル 居飛車編 (マイナビ将棋BOOKS)
08月27日 職業、女流棋士
08月21日 振り飛車最前線 石田流VS△1四歩型
08月21日 新型雁木のすべて (マイナビ将棋BOOKS)
08月20日 【第76期】将棋名人戦七番勝負全記録『佐藤名人3連覇』
08月10日 さばく! 振り飛車教室 (最強将棋レクチャーブックス)
08月09日 りゅうおうのおしごと! 9 (GA文庫)
08月09日 泣き虫しょったんの奇跡 (講談社青い鳥文庫)
08月03日 将棋世界 2018年9月号

応援してくださる将棋サイト

将棋のブログの人気記事


ブログパーツ