第3期叡王戦七番勝負第2局の感想 - 将棋のブログ

将棋のブログ ホーム » プロ将棋 » 第3期叡王戦七番勝負第2局の感想

第3期叡王戦七番勝負第2局の感想

4月28日に行われた第3期叡王戦七番勝負第2局(金井恒太六段vs高見泰地六段)は、135手で高見泰地六段が勝利しました。この結果、七番勝負は高見六段の2勝。第3局は5月12日(土)に宮城県宮城郡「瑞巌寺」で行われます。

棋譜:第3期叡王戦決勝七番勝負 第2局(日本将棋連盟)

昼食:両対局者の昼食(叡王戦中継ブログ)


<感想>
戦型は高見六段が先手で矢倉でした。

金井六段が残り時間少ない中、約30分を費やして指した80手△6六歩~82手△6二歩が好手順で、一気に優勢になり、将棋ソフトぽんぽこの評価値も一時は1700点ほどになっていました。

そのまま金井六段が勝ち切るような雰囲気もあったのですが、残り時間がほとんどなかったため、高見六段の時間攻めに遭い、いつしか形勢は大逆転。棋譜からだけだと分かり難いのですが、逆転していく過程では、高見六段の指し手は1分将棋になっていた金井六段よりも遥かに速かったです。(=時間攻め)

そして、高見六段の123手▲2三桂~125手▲2四馬が決め手。不利を悟った高見六段が勝負術で勝利を手繰り寄せた、そういう感じの一局だったと思います。

昼頃、ニコニコ超会議2018の将棋ブースから加藤九段の目隠し解説が中継されていました。やっぱり、将棋の大イベントでは加藤九段が登場するとパーーッと明るい雰囲気になります。

さて、第3局では高見六段がいよいよタイトル獲得に王手を掛けるのか、それとも金井六段の反撃が始まるのか。第3局はなんと聞き手に里見女流五冠が登場します。これはまちがいなく全将棋ファン必見!


<コンピュータの形勢判断>
第3期叡王戦第2局 形勢評価グラフ
※青色は激指定跡道場4、赤色は平成将棋合戦ぽんぽこ
※コンピュータの判断が正しいわけではありません。


関連記事

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://shogikisho.blog54.fc2.com/tb.php/5458-3cc90f34

将棋ニュース

新刊案内(amazon)


02月26日 将棋400年史 (マイナビ新書)
02月21日 藤森式青野流 絶対退かない横歩取り (マイナビ将棋BOOKS)
02月14日 7手9手詰パラダイス 詰みと読みの力をつける210題 (マイナビ将棋文庫)
02月14日 将棋 平成新手白書 居飛車編 (マイナビ将棋BOOKS)
02月01日 将棋世界 2019年3月号
02月01日 初心者が初段になるための将棋学習法
01月31日 詰将棋入門
01月30日 マンガでよくわかる将棋入門 (012ジュニア実用)
01月28日 必勝 三間飛車破り (マイナビ将棋BOOKS)
01月28日 絶品! 4×4マスの詰将棋 (マイナビ将棋文庫)
01月28日 戸辺流! こだわりのゴキゲン中飛車 (マイナビ将棋BOOKS)
01月28日 下町流三間飛車 (プレミアムブックス版)
01月28日 羽生善治×AI
01月23日 ひふみの言葉
01月16日 将棋・勝利の方程式 必至の極意 (マイナビ将棋BOOKS)
01月16日 「次の一手」で覚える 駒落ち定跡コレクション404 (マイナビ将棋文庫)
01月16日 盤上に散る (講談社文庫)
01月11日 羽生善治 (学習まんがスペシャル 小学館版)
12月29日 将棋世界2019年2月号
12月27日 将棋「初段になれるかな」会議 (扶桑社新書)
12月22日 しらべてみよう・やってみよう 将棋のすべて (3) ルールを覚えて将棋を指そう
12月22日 しらべてみよう・やってみよう 将棋のすべて (2) 将棋うんちく王になろう
12月22日 しらべてみよう・やってみよう 将棋のすべて (1) 将棋のしごとをのぞいてみよう
12月21日 神速! 角換わり▲2五歩型 必勝ガイド (マイナビ将棋BOOKS)
12月21日 天衣無縫 佐藤康光勝局集
12月17日 月下推敲 谷川浩司詰将棋作品集 (プレミアムブックス版)
12月15日 NHK将棋講座 2019年 01 月号 [雑誌]
12月12日 攻めて勝つ! 三間飛車の心得 (マイナビ将棋BOOKS)
12月12日 妙手に俗手、駒余りもあり! 実戦詰め筋事典 (マイナビ将棋文庫)
12月05日 この局面は詰みがあります どう詰むかな? (将棋パワーアップシリーズ)
12月03日 将棋世界 2019年1月号

応援してくださる将棋サイト

将棋のブログの人気記事


ブログパーツ