第76期名人戦七番勝負第4局の感想 - 将棋のブログ

将棋のブログ ホーム » プロ将棋 » 第76期名人戦七番勝負第4局の感想

第76期名人戦七番勝負第4局の感想

5月19日・20日に行われた第76期名人戦七番勝負第4局(佐藤天彦名人vs羽生善治竜王)は、79手で佐藤天彦名人が勝利しました。この結果、七番勝負は2勝2敗のタイ。

第5局は5月29日(火)・30日(水)に愛知県名古屋市で行われます。

参考:第76期将棋名人戦七番勝負(朝日新聞)

<感想>
30手までの局面が本局直前の17日に行われた「▲羽生竜王vs△松尾八段」戦と全く同じ進行で、羽生竜王がその時自身に短手数(55手)で敗れた後手番を持ったことで話題となっている本局。

佐藤名人の封じ手(47手)は、前日のAbemaTVの中継で増田五段が「一択」と断定していた▲5六角でした。

結果的には、その前に指した佐藤名人の新手31手▲2三歩打が事前に用意していた最善手で、対局後のインタビューでも両対局者の焦点はそこにあり、本局の明暗を分けた一手だったようです。

そこからの佐藤名人の指し手も好手の連続で隙が無く、初日で既に佐藤名人が指しやすいというのが、多くのプロの見解でした。

2日目に入ってからも佐藤名人の指し手の厳しさは変わらず、14時か15時頃(59手▲2一角成頃)のニコ生大盤解説では、藤井九段が評価値(1000前後)ほどの差はないとしながらも、佐藤名人優勢の雰囲気はまちがいありませんでした。

羽生竜王も勝負手をひねり出して局面の打開をはかっていたのですが、佐藤名人の指し手はほとんどパーフェクトで、反撃の余地すら与えることはなく、夕食休憩の少し前に指された77手▲6二角打のタダ捨てが決め手。

第4局は佐藤名人の快心譜で、佐藤名人が地元福岡でタイに持ち込み反撃する形となりました。

現在のところ、先手番が全て勝っており、横歩取りと角換わりでともに1勝1敗。頂上決戦にふさわしく、両者一歩も譲ることなく、全くの互角!

第5局はどの戦型になり、どちらが先に3勝2敗と王手をかけるのか。第76期名人戦は超絶おもしろいことになっています!

本局の解説は上記朝日新聞のサイト内にある豊川先生の動画解説がおすすめです。得意の駄洒落連発で、「完勝です。まあ、これからこのあと乾杯するかもしれませんけど。」はかなりの絶妙手。それはともかく、盤上で何が起こっていたかがわかりやすく、必見。


<コンピュータの形勢判断>
第76期名人戦第4局 形勢評価グラフ
※青色は激指定跡道場4七段+、赤色はGPS将棋
※コンピュータの判断が正しいわけではありません。


関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://shogikisho.blog54.fc2.com/tb.php/5489-aade6b05

将棋ニュース

新刊案内(amazon)


09月12日 将棋・究極の勝ち方 入玉の極意 (マイナビ将棋BOOKS)
09月12日 緩急自在の新戦法! 三間飛車藤井システム (マイナビ将棋BOOKS)
08月27日 一問一答で身につく 現代将棋の基本手筋432 (マイナビ将棋文庫)
08月27日 現代将棋の核心に迫る! 将棋指定局面バトル 居飛車編 (マイナビ将棋BOOKS)
08月27日 職業、女流棋士
08月21日 振り飛車最前線 石田流VS△1四歩型
08月21日 新型雁木のすべて (マイナビ将棋BOOKS)
08月10日 さばく! 振り飛車教室 (最強将棋レクチャーブックス)
08月09日 りゅうおうのおしごと! 9 (GA文庫)
08月09日 泣き虫しょったんの奇跡 (講談社青い鳥文庫)
08月03日 将棋世界 2018年9月号
07月31日 すぐできる! 強くなる将棋 駒と将棋盤つき
07月24日 詰手筋DVDブック
07月24日 先崎学&中村太地 この名局を見よ! 20世紀編
07月24日 解いて強くなろう!将棋ビギナーズドリル 基本編1
07月24日 関西若手棋士が創る現代将棋
07月20日 マンガではじめる! 子ども将棋
07月18日 「観る将」もわかる将棋用語ガイド
07月14日 NHK将棋講座 2018年 08 月号 [雑誌]
07月13日 うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間
07月11日 なぜ?で始める将棋の基本
07月11日 堅陣で勝つ!飯島流引き角戦法 Final
07月11日 これだけで勝てる 将棋 序・中盤のコツ
07月09日 マンガでわかる!楽しい子ども将棋入門
07月03日 将棋世界 2018年8月号

応援してくださる将棋サイト

将棋のブログの人気記事


ブログパーツ