第68回NHK杯(永瀬七段vs高野四段)の感想 - 将棋のブログ

将棋のブログ ホーム » NHK杯 » 第68回NHK杯(永瀬七段vs高野四段)の感想

第68回NHK杯(永瀬七段vs高野四段)の感想

6月3日に第68回NHK杯1回戦(永瀬拓矢七段vs高野智史四段)が放送されました。

棋譜は下記の公式サイトでご覧ください。(※毎週月曜日に更新されています)

NHK杯テレビ将棋トーナメント


<感想>
今年2月・3月に棋王戦五番勝負の挑戦者だった永瀬七段と、新鋭棋士 高野四段との対局。高野四段の師匠は木村一基九段で、その関係からか、本局の解説は木村九段でした。

さて、本局の戦型は永瀬七段が先手で相掛かりでした。

両者が歩を突き捨てて、攻めの主導権を握ろうとする中盤戦。先に主導権を握ったのは永瀬七段。

序盤は両者の着手が比較的速かったのですが、永瀬七段の49手▲5六角打を見て、高野四段が1~6回目の考慮時間を使う少考。

62手で高野四段が8回目(△3三銀)の考慮時間を使ったのに対し、永瀬七段は63手が飛車を切る決断の一手だったのですが、そこでようやく最初の持ち時間10分を使い切る指し手の速さ。

局面も永瀬七段の方が攻勢で、中盤はどうやら永瀬七段ペース。

しかし高野四段も自玉付近を攻められているさなか、66手△9六歩と反撃。これには解説の木村九段も「え゛、あ゛、あ゛、すごい」と驚きを隠せない様子。

永瀬七段も負けじと71手▲8五桂のタダ捨てを見せると、木村九段はそこでも「おーーー」と驚きのリアクション。

▲8五桂のタダ捨ては次の▲8六歩で、狙われていた8七の地点への攻撃を緩和する狙いらしいのですが、並みの人では浮かばない高等テクニック。

その後、77手(▲7七同金)から永瀬七段が考慮時間を使いだす展開になったのですが、その対局前半とは違う時間の使い方が如何にも受けに窮している感じで、勝負の流れは高野四段の追い上げムード。

そして永瀬七段の79手▲4七銀が防戦一方の先手側としては辛い一手らしく、その一手を見て木村九段の形勢判断は高野四段良し。(コンピュータも一致)


その後の永瀬七段の85手▲5二金打から91手▲4二飛までの手順は、後手玉を危険にする巧い順にも見えたのですが、その局面で後手玉に詰みはなく、以前として残る先手玉の詰めろ。

そこから、先手の駒台に乗っていた唯一の金駒を、93手4八金打と受けに使わされている様は、どうやら素人目にも高野四段勝勢。

以降は、さすがに受けに定評がある永瀬七段(ニックネームは軍曹)といえ、あの局面をプロ相手に凌ぐのは不可能に近く、最後は即詰みとなり、114手で高野四段の勝利。

79手▲4七銀から目に見えて形勢が高野四段に傾いていったのですが、恐らくは次の高野四段の80手△9七歩成が勝着。

将棋ではあまり「勝着」という言葉を聞かないのですが、80手△9七歩成を指した直後、即座に着手したことに、師匠の木村九段が説教をしないといけない旨を話していたのですが、しばらくするとその手を好手と認め、実は自分が説教をされないといけないと冗談を飛ばしていました。

勝ちを宣言した、機敏な一着だったのだと思います。

将棋界屈指の強豪に勝利した弟子の姿に、木村九段が嬉しそうでした。とてもおもしろかったです。


<コンピュータの形勢判断>
第68回NHK杯1回戦第10局 形勢評価グラフ
※青色は激指定跡道場4七段+、赤色はGPS将棋
※コンピュータの判断が正しいわけではありません。


関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://shogikisho.blog54.fc2.com/tb.php/5512-9a1a1ed0

将棋ニュース

新刊案内(amazon)


11月21日 将棋めし 4 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
11月21日 サクサク解ける 詰将棋練習帳 林の巻 (マイナビ将棋文庫)
11月21日 自由自在! 中飛車の新常識 (マイナビ将棋BOOKS)
11月21日 解いて強くなろう! 将棋ビギナーズドリル 基本編2
11月13日 先崎学&中村太地 この名局を見よ! 21世紀編 (マイナビ将棋BOOKS)
11月13日 将棋 基本戦法まるわかり事典 振り飛車編 (マイナビ将棋BOOKS)
11月09日 将棋指す獣(1): バンチコミックス
11月09日 こどもをぐんぐん伸ばす「将棋思考」(仮) - 「負けました」が心を強くする - (ワニプラス)
11月09日 どんどん強くなるマンガこども将棋入門
10月25日 仕事は将棋に置きかえればうまくいく
10月23日 コンピュータは将棋をどう変えたか? (マイナビ将棋BOOKS)
10月23日 藤井聡太推薦! 将棋が強くなる基本3手詰
10月19日 詰ます将棋
10月16日 船江流 「詰み」から逆算する終盤術 (NHK将棋シリーズ)
10月16日 NHK将棋講座 2018年 11 月号 [雑誌]
10月12日 増田康宏の新・将棋観 堅さからバランスへ (マイナビ将棋BOOKS)
10月12日 谷川浩司の将棋 矢倉篇
10月06日 羽生善治監修 子ども詰将棋 チャレンジ220問
10月03日 将棋世界 2018年11月号
09月26日 改訂版 どんどん強くなる こども詰め将棋3手詰め
09月25日 「駒取り坊主」長沼の中・終盤で差をつける 力戦次の一手205 (マイナビ将棋文庫)
09月25日 奇襲の王様 筋違い角のすべて (マイナビ将棋BOOKS)
09月22日 ひふみんのワクワク子ども詰め将棋【1手詰め+3手詰め】
09月18日 角換わり腰掛け銀研究 (プレミアムブックス版)
09月15日 NHK将棋講座 2018年 10 月号 [雑誌]
09月15日 勝つための将棋 作戦編
09月15日 勝つための将棋 入門編
09月12日 将棋・究極の勝ち方 入玉の極意 (マイナビ将棋BOOKS)
09月12日 緩急自在の新戦法! 三間飛車藤井システム (マイナビ将棋BOOKS)
09月03日 将棋世界 2018年10月号

応援してくださる将棋サイト

将棋のブログの人気記事


ブログパーツ