第77期順位戦A級(羽生竜王vs深浦九段)の感想 - 将棋のブログ

将棋のブログ ホーム » プロ将棋 » 第77期順位戦A級(羽生竜王vs深浦九段)の感想

第77期順位戦A級(羽生竜王vs深浦九段)の感想

8月8日に行われた第77期順位戦A級2回戦(羽生善治竜王vs深浦康市九段)は、142手で羽生善治竜王が勝利しました。2回戦終了時点で、羽生竜王は1勝1敗、深浦九段は0勝2敗。

リーグ表:第77期名人戦・順位戦 A級(日本将棋連盟)


<感想>
本局はAbemaTVで中継されました。(解説は戸辺七段ほか)

戦型は深浦九段が先手で現代風の相掛かり。

中盤までは(21時頃)羽生竜王の方が指せているのではないかと言われていました。

あやしい雰囲気になりだしたのは羽生竜王が70手△4九飛と、いよいよ飛車を相手陣に打ち下ろした頃から。

その手自体は大盤でも自然な手として解説されていましたが、そこから深浦九段の反撃が始まると、悪手と思しき手もないまま羽生竜王の後手玉は見るからに危険な状況へと変わって行きました。

チャット欄では先手有利から先手優勢、そして先手勝勢へとコンピュータの評価値が変わっていることを告げる人達。落胆した気持ちを様々な言葉で表現する羽生ファン。

盤上では羽生竜王の後手玉が王手を絡めながら寄せられていて、一方で深浦九段の先手玉は「札束囲い」「ゴールデンゲート」などとチャット欄で評されていた、見るからに頑丈そうな囲いで二手スキにもなっていない状況。

しかし、113手でそれまでの流れが微弱に動きました。大盤で推奨されていたのは▲3三歩打。深浦九段が秒読みに追われて慌てて指したのは一マス上の▲3四歩打。時間切れギリギリで駒を放り投げるように置いていたので、間違えて置いたのかと思いました。

それでもその一手が厳しい一手であることには変わりなく、依然として局面は誰の目にも、コンピュータの目にも深浦九段の必勝形。

119手では深浦九段が▲6四角と唯一の大駒の角を切り、いよいよ寄せの仕上げの段階に入り、続く121手▲7五桂打と詰めろを掛けると、羽生竜王の122手△8一角打は唯一の凌ぎながらも、自陣角で凌いでいる様が如何にも苦しそう。

以下▲8三歩成△4七と▲7二とと進み、後手受けなしとなったのですが、手順中の124手△4七と、その一手こそがリアルタイムで観ていた全視聴者を感動の世界に導いたミラクルの始まりでした。

125手▲7二との局面は後手玉が受けなしなので、先手玉を詰ますしかないのですが、その状況になって初めて大盤の高野四段と戸辺七段も実は先手玉が長手数ながらも詰んでいるのではないかという話になり、大盤は次第に驚愕の雰囲気に。

将棋ソフト(東大将棋6)によると、先手玉はなんと37手詰。長手数なのでコンピュータも気付いてなかったはずです。(追記 脊尾詰によると25手詰)

大盤でどうやら詰みそうだと示された手順。その手順を指すのかどうか、ドキドキしながら観戦する全視聴者。その手順通りに指し進めていく羽生竜王。あまりの凄さに言葉を失っていった解説の先生方。そして、落胆の声の全てが称賛の声に変わっていったチャット欄。

盤上にはまるで、将棋の神様が舞い降りていたかのようでした。大袈裟に聞こえるかもしれませんが、あの大逆転は今までに見たこともないくらい物凄かったです。

羽生竜王が136手△8八銀打と指した時、その手は震えていました。

結局、142手で羽生竜王が大逆転勝ち。今年度、私が観戦した中では、1、2を争う屈指の名局でした。

やっぱり、羽生竜王が最強だと、そう思わせる一局で、興奮冷めやらぬうちに書き綴った次第。


<コンピュータの形勢判断>
第77期順位戦 羽生竜王vs深浦九段 形勢評価グラフ
※青色は激指定跡道場4七段+、赤色はぽんぽこ
※コンピュータの判断が正しいわけではありません。


関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://shogikisho.blog54.fc2.com/tb.php/5608-4fd41d73

将棋ニュース

新刊案内(amazon)


11月21日 将棋めし 4 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
11月21日 サクサク解ける 詰将棋練習帳 林の巻 (マイナビ将棋文庫)
11月21日 自由自在! 中飛車の新常識 (マイナビ将棋BOOKS)
11月21日 解いて強くなろう! 将棋ビギナーズドリル 基本編2
11月13日 先崎学&中村太地 この名局を見よ! 21世紀編 (マイナビ将棋BOOKS)
11月13日 将棋 基本戦法まるわかり事典 振り飛車編 (マイナビ将棋BOOKS)
11月09日 将棋指す獣(1): バンチコミックス
11月09日 こどもをぐんぐん伸ばす「将棋思考」(仮) - 「負けました」が心を強くする - (ワニプラス)
11月09日 どんどん強くなるマンガこども将棋入門
10月25日 仕事は将棋に置きかえればうまくいく
10月23日 コンピュータは将棋をどう変えたか? (マイナビ将棋BOOKS)
10月23日 藤井聡太推薦! 将棋が強くなる基本3手詰
10月19日 詰ます将棋
10月16日 船江流 「詰み」から逆算する終盤術 (NHK将棋シリーズ)
10月16日 NHK将棋講座 2018年 11 月号 [雑誌]
10月12日 増田康宏の新・将棋観 堅さからバランスへ (マイナビ将棋BOOKS)
10月12日 谷川浩司の将棋 矢倉篇
10月06日 羽生善治監修 子ども詰将棋 チャレンジ220問
10月03日 将棋世界 2018年11月号
09月26日 改訂版 どんどん強くなる こども詰め将棋3手詰め
09月25日 「駒取り坊主」長沼の中・終盤で差をつける 力戦次の一手205 (マイナビ将棋文庫)
09月25日 奇襲の王様 筋違い角のすべて (マイナビ将棋BOOKS)
09月22日 ひふみんのワクワク子ども詰め将棋【1手詰め+3手詰め】
09月18日 角換わり腰掛け銀研究 (プレミアムブックス版)
09月15日 NHK将棋講座 2018年 10 月号 [雑誌]
09月15日 勝つための将棋 作戦編
09月15日 勝つための将棋 入門編
09月12日 将棋・究極の勝ち方 入玉の極意 (マイナビ将棋BOOKS)
09月12日 緩急自在の新戦法! 三間飛車藤井システム (マイナビ将棋BOOKS)
09月03日 将棋世界 2018年10月号

応援してくださる将棋サイト

将棋のブログの人気記事


ブログパーツ