第4期叡王戦(行方八段vs菅井七段)の感想 - 将棋のブログ

将棋のブログ ホーム » プロ将棋 » 第4期叡王戦(行方八段vs菅井七段)の感想

第4期叡王戦(行方八段vs菅井七段)の感想

12月25日に行われた第4期叡王戦本戦2回戦(行方尚史八段vs菅井竜也七段)は、93手で菅井竜也七段が勝利しました。

棋譜:行方 尚史 八段 対 菅井 竜也 七段(niconico)


<トーナメント表>
第4期叡王戦本戦 トーナメント表15


<感想>
戦型は菅井七段の先手番中飛車。

菅井七段の15手▲5五歩が非常に好戦的なおもしろい一手。(中飛車ファン必見)

そして41手▲6六角から数手のやりとりが、局後に解説の高橋九段が本局のポイントに挙げた部分。

続く、行方八段の42手△7六歩、その飛車先を伸ばした自然な一手がコンピュータ的には敗着。

以下▲7五歩△同角▲同角△同飛▲6六銀△7四飛と必然の流れで、画面上に表示された将棋ソフト「ぽんぽこ」の評価値は菅井七段持ちで500前後。菅井七段の着手が速いこともあり、時刻はまだ17時半頃。

そこからは夕食休憩後もずっと菅井七段ペースで、寄せも足早。菅井七段の快勝譜でした。

実は、菅井七段の今期の先手番での成績は11勝4敗。(後手番は4勝13敗)

先手番で異常に強いのは、今、かなり有名。

もともと、通算で7割くらいの勝率があるので、後手番での勝率はたまたまなのだろうと思いますが、先手番で異常に強いという噂は本当だった、そういう一局でした。


<コンピュータの形勢判断>
第4期叡王戦 行方八段vs菅井七段 形勢評価グラフ
※青色はGPSfish、赤色はdolphin1
※コンピュータの判断が正しいわけではありません。

関連記事

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://shogikisho.blog54.fc2.com/tb.php/5847-55436fcc

将棋ニュース

新刊案内(amazon)


02月26日 将棋400年史 (マイナビ新書)
02月21日 藤森式青野流 絶対退かない横歩取り (マイナビ将棋BOOKS)
02月14日 7手9手詰パラダイス 詰みと読みの力をつける210題 (マイナビ将棋文庫)
02月14日 将棋 平成新手白書 居飛車編 (マイナビ将棋BOOKS)
02月01日 将棋世界 2019年3月号
02月01日 初心者が初段になるための将棋学習法
01月31日 詰将棋入門
01月30日 マンガでよくわかる将棋入門 (012ジュニア実用)
01月28日 必勝 三間飛車破り (マイナビ将棋BOOKS)
01月28日 絶品! 4×4マスの詰将棋 (マイナビ将棋文庫)
01月28日 戸辺流! こだわりのゴキゲン中飛車 (マイナビ将棋BOOKS)
01月28日 下町流三間飛車 (プレミアムブックス版)
01月28日 羽生善治×AI
01月23日 ひふみの言葉
01月16日 将棋・勝利の方程式 必至の極意 (マイナビ将棋BOOKS)
01月16日 「次の一手」で覚える 駒落ち定跡コレクション404 (マイナビ将棋文庫)
01月16日 盤上に散る (講談社文庫)
01月11日 羽生善治 (学習まんがスペシャル 小学館版)
12月29日 将棋世界2019年2月号
12月27日 将棋「初段になれるかな」会議 (扶桑社新書)
12月22日 しらべてみよう・やってみよう 将棋のすべて (3) ルールを覚えて将棋を指そう
12月22日 しらべてみよう・やってみよう 将棋のすべて (2) 将棋うんちく王になろう
12月22日 しらべてみよう・やってみよう 将棋のすべて (1) 将棋のしごとをのぞいてみよう
12月21日 神速! 角換わり▲2五歩型 必勝ガイド (マイナビ将棋BOOKS)
12月21日 天衣無縫 佐藤康光勝局集
12月17日 月下推敲 谷川浩司詰将棋作品集 (プレミアムブックス版)
12月15日 NHK将棋講座 2019年 01 月号 [雑誌]
12月12日 攻めて勝つ! 三間飛車の心得 (マイナビ将棋BOOKS)
12月12日 妙手に俗手、駒余りもあり! 実戦詰め筋事典 (マイナビ将棋文庫)
12月05日 この局面は詰みがあります どう詰むかな? (将棋パワーアップシリーズ)
12月03日 将棋世界 2019年1月号

応援してくださる将棋サイト

将棋のブログの人気記事


ブログパーツ