第4期叡王戦本戦(郷田九段vs永瀬七段)の感想 - 将棋のブログ

将棋のブログ ホーム » プロ将棋 » 第4期叡王戦本戦(郷田九段vs永瀬七段)の感想

第4期叡王戦本戦(郷田九段vs永瀬七段)の感想

1月28日に行われた第4期叡王戦本戦準決勝(郷田真隆九段vs永瀬拓矢七段)は、96手で永瀬拓矢七段が勝利しました。

永瀬拓矢七段は挑戦者決定三番勝負に進出。対戦相手は渡辺明棋王vs菅井竜也七段の勝者。

棋譜:郷田 真隆 九段 対 永瀬 拓矢 七段(niconico)


<トーナメント表>
第4期叡王戦本戦21


<感想>
戦型は郷田九段が先手で、「横歩取らせ」というのでしょうか。

横歩取りの出だしから、先手は横歩を取らずに15手▲5八玉。

すぐに、後手が16手△7六飛と横歩を取る序盤戦。

夕食休憩前後は、郷田九段ペースと言われていました。

しかし、いつしか、手番を握っている方が良く見える中盤戦。

終盤の84手△7七金打の局面は、郷田九段の先手玉が包むように寄せられていて、誰の目にも後手勝勢だと思いますが、時々表示されていた将棋ソフトぽんぽこの評価値は互角。

▲6七飛△同金▲4五角ならば「助からないと思っても助かっている」そういう局面だった模様。

ただ、持ち時間数分の中でその筋を選ぶのはほとんど人間技ではなく、郷田九段が選んだのは▲6四桂打(王手)と果敢に攻め込む剛直な一手。

これに対し永瀬七段(軍曹)は、△4一玉と最も負けない場所に玉を逃がすと、続いて△7二金(桂取り)と攻め駒を補充し、以降は駒得しながら玉を寄せられる形となり96手で勝利。

序盤でペースを握られながらも好機を逃さず逆転していく様は、さすが勝率7割超の棋士だと思った次第。


<コンピュータの形勢判断>
第4期叡王戦 郷田九段vs永瀬七段 形勢評価グラフ
※青色はGPSfish、赤色はdolphin1
※コンピュータの判断が正しいわけではありません。

関連記事

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://shogikisho.blog54.fc2.com/tb.php/5896-98307bc2

将棋ニュース

新刊案内(amazon)


06月10日 居飛車 108のツボ
06月10日 ふみもと子供将棋教室の強くなる詰め将棋
05月27日 谷川VS羽生100番勝負 (プレミアムブックス版)
05月23日 藤井聡太の鬼手 ~デビューから平成30年度まで~
05月23日 将棋戦型別名局集8 居飛車穴熊名局集
05月23日 ポケット3手詰
05月16日 急所を直撃!とっておきの雁木破り (マイナビ将棋BOOKS)
05月16日 升田幸三 振り飛車の神髄
05月15日 教養としての将棋 (講談社現代新書)
04月23日 もはや死角なし! 進化版 極限早繰り銀 (マイナビ将棋BOOKS)
04月23日 大橋貴洸の新研究 耀龍ひねり飛車 (マイナビ将棋BOOKS)
04月22日 プロ棋士カラー名鑑2019 (扶桑社ムック)
04月18日 学習版 ステップ将棋
04月16日 NHK将棋講座 2019年 05 月号 [雑誌]
04月11日 将棋の基本 駒別手筋事典 (マイナビ将棋文庫)
04月11日 対振り飛車の大革命 エルモ囲い急戦 (マイナビ将棋BOOKS)
04月03日 将棋世界2019年5月号
03月27日 弟子・藤井聡太の学び方 (PHP文庫)
03月22日 詰将棋パラダイス 3手詰傑作選 (マイナビ将棋文庫)
03月22日 「次の一手」で覚える 三間飛車定跡コレクション414 (マイナビ将棋文庫)
03月22日 振り飛車の新機軸! 初手▲7八飛戦法 (マイナビ将棋BOOKS)
03月20日 将棋を指す子が伸びる理由 (小学館クリエイティブ単行本)
03月16日 お仕事ナビ<20>囲碁・将棋に関わる仕事 (キャリア教育支援ガイド)
03月15日 NHK将棋講座 2019年 04 月号 [雑誌]
03月13日 宗桂 ~飛翔の譜~ 1 (乱コミックス)
03月13日 教養としての将棋 (講談社現代新書)
03月13日 勝ちやすさNo1! 対振りなんでも居飛車穴熊 (マイナビ将棋BOOKS)
03月13日 矢倉の新常識 (マイナビ将棋BOOKS)
03月01日 将棋世界2019年4月号

応援してくださる将棋サイト

将棋のブログの人気記事


ブログパーツ